上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の信貴山ピークハント、その1~ゆるふわ登山で行くのだ~

紅葉の信貴山ピークハント、その2~まさかの遭難?!~



前回までのあらすじ

信貴山登頂を目指すトプローは迷路のごとく入り組んだ朝護孫子寺で遭難の危機に見舞われるも、知恵と勇気をもって無事に復帰し、山頂を目指すのであった(やや誇張)。




IMG_7068.jpg
今回携行したLUMIX DMC-GX1とZuiko50mm/f1.8の構成。
格安レンズアダプターを介しての組み合わせだが問題はまったくない。
100mm相当の画角になる組み合わせと思えば、少々レンズが長いのも「そんなもんか」という感覚になる。
ミラーレスのいいところは、絞り値によるボケ具合の確認がリアルタイムに背面液晶でできるところだ。

オールドレンズは絞りリングで直感的に絞り値を指定できるところがまたいい。あとはシャッターダイヤルが本体にあれば無敵。こうなれば絞り優先AEに露出補正などというまどろっこしい手段をとることなく、マニュアル露出撮影をメインにもってきたくなる。

何が言いたいかというと、Nikon Dfが欲しいんじゃ~!

欲しいだけで買えんがな(´;ω;`)ブワッ
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

休みですが今日も雨なのでローラーです。
前回のローラー練から中一日ですが、筋肉疲労が少し残っている感じ。
おそらくまだ筋肉が回復中なので、今日は心肺機能のほうに負荷をかけていく方針で。


まずはウォームアップ。
前回と同じく150Wからのスタートでしたが、前回よりはかなりスムーズに脚が回り始めました。
約12分ほどで110rpm/280Wまで。グラフにすればほぼ一直線に出力が向上したところで1分のレスト。
12分で一区切りになるのは視聴している動画が「あの花」のつづきだからです。
レストをはさんで100~110rpm/270~280Wで10分持続。
この10分間の前半5分はきつかったけれど後半5分が意外なほど順調に回せました。
辛さがすぅっと消えていって動画に集中できる感じ。で、ふとワット数を確認するとあいかわらず280Wが表示されてる。
でも全身汗でぐしょぐしょ。油断すれば顔も涙でぐしょぐしょになりますが。
う~ん、やはり「あの花」は絶対にローラーには向かんな。

7話から8話への切り替わり時間を利用して3分ほどレスト。
後半も270~280Wでいきましょう。
けれど最近FTPの計測なんかまったくしてないので、この強度が果たして心肺に効いているのかどうか。
近々MAPテストでもしてみるか。
でもいややなぁ。MAPテストしんどいし。
ヒルクライムのしんどいのは許せるけどMAPテストのしんどいのは嫌。
そういうわがままが通るのは可愛いお姉ちゃんだけなんやで。

さて後半ですが、レストを挟むとどうも気合が乗りません。
270まで上げてすぐ220まで下げて、280まで上げてすぐ200まで下げてとか、後半開始から2分ほどウダウダを繰り返し、その後ようやくまた270~280Wで安定。でもこれが9分ほどしか持続できない。
気合が足りないのに間違いないのですが、いかんせん動画が「あの花」の8話ですから。気合というより涙腺が緩んで練習になりませんがな。
しかたないので残りは200~220Wくらいで流しながら鼻水をすすって終了。

そっから軽く筋トレしてシャワーあびて、一気に9話~最終話まで鑑賞して涙腺崩壊。
あ~、おもしろかった。

くれぐれも皆様にはローラーしながら「あの花」を見ないことをオススメします。泣けすぎて練習にならんので。



以下はカメラ写真ネタです。



[ 続きを読む ]

昨日はニューマシン(LUMIX DMC-GX1)がやってきた興奮から、わけのわからん写真を何枚も公開してしまい後悔しきりである。
公開と後悔って言いたいだけちゃうんかと、そう正確に突っ込まれても困ってしまうのである。

さて、困ると言えば、実のところ魅惑のニューマシンにも困ったところがあったのだ。
いや、ニューカメラ自体は小型軽量で綺麗な写真が撮れるわけだから問題はない。
しかしデジカメというものは本体だけで成り立つものではなく、それに付属するソフトというものがあるわけである。
つまり画像閲覧ソフトとか動画編集ソフトとか、そういうものが本体に添付されているわけで、中でも画像現像ソフトというものが非常に重要だったりする。

ご存知の通り、一眼やら高級コンデジにはRAW撮影モードというものがあり、このモードで撮影した画像は現像ソフトで現像しないとプリントやらネット公開ができないのだ。
そしてこの現像ソフトというものは各メーカーによって専用品が用意されており、例えばCANONのDegitalPhotoProfessionalでPanasonicやらFujifilmのカメラで撮影した画像を現像することはできないのだ。
[ 続きを読む ]

鋭い方ならば既に気づいておられただろう。
当ブログにアップされた、さいきんの自転車お出かけ写真には、何らかのエフェクトがかかっていることを。
前回の更新に至っては、エフェクトどころか妙なポエムまで貼り付けておりました。

これは何もトプローが真ポエトととして覚醒しちゃったりしたわけではないのであります。

では何故か?

時を遡るぼこと実に紀元前2億3千万年。
長き放浪の旅の末、エデンに辿り着いた小野妹子はビルゲイツ三世と共に古の儀式を(ry




あー、まあ、そんなに深い理由があったりするわけもなく、自転車用カメラであったコンデジのFujifilmX10様がご臨終されたからです。
かわりにスマホで写真を撮っていたのですが、スマホ写真は所詮スマホ写真ですし、派手なエフェクトでごまかさないと見れた代物ではありません。


しかし!であります。
この切なき事態にも、ようやく終焉の時がやってきたのでありました。
思い返せば時を遡ること実に紀元前(もういいヨ



もったいぶるのもいい加減にしましょう。かねてからの懸案事項であったFujifilmX10様の後継カメラが今、このワタクシめの手元にやってきたのであります。

果たしてそれは小型軽量かつ底値間違いなしなLUMIX DMC-GF5なのか?
それとも動画撮影機能に一歩秀出たDMC-G5なのか?
はたまた防塵防滴マグネシウムボディのOMD E-M5なのか?
それとも! それとも!
[ 続きを読む ]

今日もいい天気でゲスなッ!
絶好のサイクリング日和もいいところってなもんで、朝から自転車で行ってきましたよ。
一駅離れたお医者さんにッ!

20130924生石高原0002
※ 青空の生石高原はあとで

いやぁ、いいポタリングだったわー。
ちょっと保険証を忘れて二往復する羽目になったけど、この青空の下でそれがどうしたっていうのさ、ゲホゴホずびびびぃ(汚ねぇな
[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。