上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はようやくライトをポチりました。
検討を開始してから約1ヶ月半。予想外に長い道のりでした。

今回の検討はそもそもが中華爆光ライトからはじまったのですが、最終的に落ち着いたのがLezyne POWER DRIVE XLです。ずいぶん無難なところに辿り着いた気がしますが、他にもいろいろ候補はあったのです。

まずは中華爆光系からです。
UltraFire WF502B
アホみたいに安くて明るい。でも信頼性は最低クラス。配光が懐中電灯。電池がリチウムイオン電池の18650です。
当初はこれにしようかと思っていたんですが信頼性の低さにためらっていたところ、予算アップの神が降臨したので今回はパスすることになりました。

予算を上げることになって最初に検討したのがこれ。
CTAEYE HL-EL540RC
コスパ抜群で信頼性も高いHL-540の充電式バージョン。
いろんな意味で失敗がなさそう。唯一の不満店はずんぐりむっくりなデザインくらい。

他にはこんなのも。
DOSUN D400
市販価格が1万円ほどになりますが、どうやら明るさはHL-EL540よりも相当強力っぽいです。自転車専用の配光なので対向車の幻惑面とか、雨天時の防水性でも安心。
ただし専用のバッテリーパックは本体は別体式。これがちょっとめんどい。

DOSUN A250
ブルベ用ライトとして評価の高かったA1の後継機種らしい。単三電池4本使用なのでランタイムの延長にも楽々対応。防水機能あり。
今回の本命の一つでした。

Trelock LS950
市販価格1万円オーバーの高級品。見た目がなんか液晶とかついててすごそう。というか中二病チック。
専用バッテリーで配光とかランタイムは問題なさそう。けど中二w

そしてLezyne POWER DRIVE XL
自転車専用なので配光と防水性は問題なさそう。明るさもたぶん必要十分。
電源が18650リチウムイオン充電池。ルックスは好みの問題ですが他よりは良さそう。

ポイントは結局、電源に18650リチウムイオン充電池を使えるか否かでした。
DOSUN A250も良かったんですが単三を4本って、ランタイムの延長対策である予備電池の持ち運びがかさばるじゃないですか。
その点やっぱり18650のほうが便利なんじゃないかと。
二本目のフロントライトにあいかわらず中華を検討しているので、電池を共用化できるのも良いところです。

そして昨日からWiggleではじまったPOWER DRIVEの29%割引セールでとどめを刺されたというわけです。
なんだ最後はいつもどおり値段かよ!

というわけで次はいよいよ懸案のリアライトを購入しなければ(まだなんかい



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。