上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑日がつづいておりますが十三峠を登ってきました。

0001

そりゃもう暑かったわけですが、今日の本題はそんな事ではありません。
今日のお題はこれであります。



ロードバイクでの一眼カメラの運搬と運用方法について。



これは自転車ブロガーならずとも、自転車とカメラを趣味に置いた自転車カメラクラスタ(そのまんまやがな)にとって重大事項に違いないと思うわけですが、なかなかこう、決定的な解決法を見た記憶がありません。

写真に画質を求めるなら一眼に違いないけど、なにぶん一眼は重い。重いカメラを運搬するならバックパック等に入れて背負うしかないけれど、そうなるといざ撮影したい瞬間にカメラを取り出す手間がかかりすぎる。なにより夏場はバックパックなんか暑くて背負っていられるかい!
と、以上のような難題が山積なのであります。

バックパックではなく巨大なサドルバックに入れたり、フロントバックで運搬したりと運搬方法は色々とあるものの、実際の撮影時に手間がかかりすぎるのはどれも同じでした。


この難題にですね、いよいよこのワタクシめが、最終的な解決法を示そうではないかと。
いや、冗談じゃなくマジマジな話で。
いや、マジカルナースではなく。



では早速いきましょう。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

この猛暑に昼間っから自転車なんか乗って、しかもヒルクライムTTとかしてたら死んでまうわッ!!!

それは前回の高野山ヒルクライムでも実感したところであります。
しかしですね、あの杉元くんが覚醒したのを見て何か感じるものはないのか君はッ。

杉元くん

杉元くん:google先生で画像検索しても引っ掛からなかったという弱虫ペダルの絶・マイナーキャラ
しかたないのでうろ覚えの記憶を頼りに描いてみたが、おまえR28号じゃないか?
簡単なようで上手に描くのは難しいスネオみたいな奴だ(;´Д`)


ちなみに僕は杉元くんの覚醒に超胸熱でした。
よぉ~し、やってやろうじゃないか。
総北の六人目になるのはこの僕だッ(なれないから


さて、杉元くんに負けないように十三峠朝練です。昼に乗れないならやっぱり朝しかありません。
むしろ夜明け前から乗るしかないじゃないか。

というわけで4時起床ですよ4時。外はまだ真っ暗です。
この時間の出発なら短時間の朝練でも十三峠クライミングリピート3回は固いところ。うまくすれば4回目もあるかもしれません。

ホイールはWH-R500ですが、それがどうしたっていうんだ。やってやるぜ!
気合十分に颯爽と家を飛び出し・・・たかったんですが、サイコンの電池が切れてました。
家の中でボタン電池をごそごそ探して10分ほどロス。さらに外が暗いのでライト類の装着に10分ロス。
ほどよい具合に気合も抜けたことですし、ボチボチ朝練といきましょう。


[ 続きを読む ]

トレッドずるずるで非常に危険な状態のVeloflex Criteriumにかえて、とりあえずWH-R500+前輪リチオン、後輪GP4000の構成で十三峠朝練に行って来ました。タイムのほうは期待できるわけもないので、例によってのダンシング縛りで一本。追加で裏十三峠シッティング一本。


2013063001
結果は22分10秒くらい。
くらい・・・というのは、早朝からゴール地点で騒いでいたヤンキー男女に気を取られて真剣にタイムを見てなかったから。あー、もう、君達は朝陽が登ったらさっさとお家に帰りなさい。


走り始めてまず感じたのが、ブレーキの効きの良さ。カーボンリムが効かないわけではないですが、やっぱりアルミリムのほうが数段上です。これはもうぜんぜん違う。
逆に乗り心地はやっぱりチューブラーのほうがいい。まあ、でも、我慢できる範囲だし、いよいよ金欠になったらやっぱりクリンチャーにしよう。

あと、ホイール換装にともなってリアカセットが11-28Tから12-25Tにかわりました。WH-R500に25Tの構成でダンシング縛りなんて大丈夫なのか?と思ったんですが、結果的にはぜんぜん大丈夫でした。結局、十三峠くらいの斜度には28Tとか不要なんですね。
CORSA EVO CXが届いたら、カーボンホイールのほうに12-25Tを入れてみるかな。

それと、リムが重いせいなのか、一度ホイールが回転しだすととてもスムーズに回る感覚がありました。ハブの回転がいいという感覚じゃなく慣性が大きいの。ペダリングのむらが出にくい感じで、スムーズにペダリングできなくてもそれなりに回っちゃう。ペダリングの技術向上にはならん構成だなと思いました。

あと、今回は呼吸法に開眼があったかも。
前半、休むダンシングで登っていたんですが、その時にランニング時の呼吸法を試してみたんです。ふっふっ、はっはっ、という二段階で深く呼吸する方法。
これがどうも良さそうだぞ?と。
やはり酸素の摂取量が増えるからか、いつもより少し楽に感じました。難点はペダリングとのタイミングが取りづらい点。だけどまあ、これは気にしなければいい。
後半、下ハンに持ち替えて少しペースアップしてみましたが、やはりちょっと楽な感じでした。

次回以後もつづけて試してみようと思います。


以下、今年前半をまとめてみます。
[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。