上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年も残すところあとわずか。皆様には今年やり残したことはないであろうか。
今年の汚れは今年のうちに。
片付けるべき事はさっさと片付けて、清々しい気分で新年を迎えたいものですな。



そこで!
不肖トプロー、この一週間をかけて体調をベストに整えた。
栄養補給と十分な睡眠。回復走に完全休息日。
ひたすら脚を休め、この日のためにサラ脚を作り上げたのだ。

何のためかと言えば、もちろんあのにっくき清滝峠を倒すため。
清滝峠タイムトライアルで無事11分を切らなければ安心して年を越せないからだ。





kiyotakin2.png
そうや、おまえのことやでッ!


行くぞ清滝峠、待っておれ。今日こそ目に物見せてくれようぞ。
いざいざいざいざいざ!!!

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

紅葉の信貴山ピークハント、その1~ゆるふわ登山で行くのだ~

紅葉の信貴山ピークハント、その2~まさかの遭難?!~



前回までのあらすじ

信貴山登頂を目指すトプローは迷路のごとく入り組んだ朝護孫子寺で遭難の危機に見舞われるも、知恵と勇気をもって無事に復帰し、山頂を目指すのであった(やや誇張)。




IMG_7068.jpg
今回携行したLUMIX DMC-GX1とZuiko50mm/f1.8の構成。
格安レンズアダプターを介しての組み合わせだが問題はまったくない。
100mm相当の画角になる組み合わせと思えば、少々レンズが長いのも「そんなもんか」という感覚になる。
ミラーレスのいいところは、絞り値によるボケ具合の確認がリアルタイムに背面液晶でできるところだ。

オールドレンズは絞りリングで直感的に絞り値を指定できるところがまたいい。あとはシャッターダイヤルが本体にあれば無敵。こうなれば絞り優先AEに露出補正などというまどろっこしい手段をとることなく、マニュアル露出撮影をメインにもってきたくなる。

何が言いたいかというと、Nikon Dfが欲しいんじゃ~!

欲しいだけで買えんがな(´;ω;`)ブワッ
[ 続きを読む ]

突然であるが皆様は「おしん」を知っているであろうか。
それは貧しい少女が雪国でつつましやかに強く生きていく物語であり、大根飯が一世を風靡したのは記憶に新しいところである。
白米などというものは贅沢品であり、玄米どころか大根を米のかわりに食べるという涙ぐましい(ry


おしん



・・・と、おっさんくさいネタから入るわけでありますが、大事なのは「大根飯」ではなく「つつましく」という部分なのであります。これぞ古来から日本に伝わる由緒正しき人生観。

目立たぬように
はしゃがぬように
似合わぬことはむりをせず



おい、ちょっと焼酎持ってきてくれ。


[ 続きを読む ]

石川サイクルラインから紀見峠をかすめ、チェーン落ちと戦いながらようやく岩湧寺まで辿り着いたトプロー。
病み上がりの体に鞭打ち、果たして無事に岩湧のピークハントを果たすことができるのか?!



前回のつづきです。

20130910岩湧山0058
そこは緑の世界だった。
[ 続きを読む ]

お久しぶりです。ちょっと立山に行って来ました。

201307立山192

稜線上は凄い景色でした。
これはもう、とにかく素晴らしかった。
そして雨の中の撤収作業と25kgの濡れた荷物を背負っての帰路が過酷でした。



行程は以下のとおり

1日目
室堂~雷鳥沢キャンプ場~雷鳥沢ヒュッテ(源泉かけ流し)で入浴~雷鳥沢にてテント泊

2日目
雷鳥沢キャンプ場~一の越~雄山(3003m)~大汝山(3015m)~富士ノ折立(2999m)~
真砂岳(2861m)~別山(2880m)~剣御前小屋~雷鳥沢キャンプ場~室堂


写真はこっち


山ブログでもないので詳細は省きますが別世界を楽しんできました。
またぜひ行こう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。