上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方は局長じゃなくて鬼の副長だよッ!!!

・・・ふぅ。

今日は色々ありまして何から書けばいいのかわからなくなってしまいました。
なので、とりあえず一番どうでもいい事から書きました(ぉぃ

オーケイ。
ここは時間軸を基準に落ち着いていきましょう。

今朝は拙ブログの読者takesanさんのお誘いを受けて十三峠を走ってきました。
takesanさんはトプローのご近所さんで火曜日がお休みという超貴重な方なのです。まだロードバイクを乗り始めてから1年未満なのに各ショップの練習会やヒルクライム大会にも参加されておりまして、色々と楽しいお話を伺うことができました。

十三峠ヒルクライム自体は各自のペースで。
トプローはいつものごとくgdgdな感じで登ったわけですが、頂上駐車場ではまたまたキャッキャウフフタイム(オヤジ二人ですが)でありまして、たいへん楽しい朝練となりました。

0000_20121030160840.jpg

頂上駐車場ではtakesanさんのFPクアットロを舐めるように激写します。
レーシングZEROいいなぁ。

ホリゾンタルフレームがステキです。均整がとれて、しかも力強い感じ。
トプローのFP2も当然ホリゾンタルですが、クアットロは微妙に湾曲したトップチューブとか極太のONDAフォークのおかげでさらに力強く見えます。
基本、DOGMAと同じ形状だったんでしたっけ?

0001_20121030160839.jpg
Di2ですよDi2!
はじめて見ちゃった。

0003_20121030160839.jpg

ちなみにトプローの現在欲しいフレームはDOGMA2かゼロセッテあたりです。
それとインペリアーレの後継が出て艶っぽかったらぜひ欲しい。
欲しいだけで全く購入の予定もないわけですが。

0004_20121030160839.jpg
記念写真を撮ってみた。
トプロー、頭でかいな・・・。


で、ここまでは楽しいライドのお話で良かったのです。
問題はその後です。

用事のあるtakesanさんと十三峠頂上駐車場でお別れしたトプローは、一人でフラワーロードを信貴山方面へむかいました。
しかして信貴山をゆっくりダウンヒルしている時に事件は起こったのです。
途中の信号が赤になり停車しようとした、その瞬間。

バァキッッッ!!!

全身に突き刺さるような破壊音でした。
僕はすぐに自転車を降り、ウノ子さんの状態を確認しました。

フレームは・・・たぶん大丈夫だ。
フォークも割れてない。
パンク音?
いやいや、そんな生易しいもんじゃない。
もっと、こう、危険な感じの・・・下手すると命とりになりそうなヤバい音で・・・
じゃあ何の音なんだ?
たしかフレームの前のほうから音がしたはずで
あれ? ブレーキが・・・おかしい!


よく見ると前輪のリムがブレーキに当たって、ホイールが回転しなくなっていました。
さらに車体の下のほうまで見ていくとレーシング3のスポークが一本、根元から折れていたのです。


0005_20121030160839.jpg
真犯人はおまえだなッ。

0006_20121030160839.jpg
それにしてもこんなとこでスポークが逝くなんて、どうやって帰るんだ?(;´Д`)


そそくさとスマホを取り出しグーグルマップを眺めると、坂を下り切ったとこあたりに近鉄の駅を発見。
これで勝つる!(すでにボロ負けですが

Keoクリートは歩きにくいですが、この際それくらいは仕方ありません。
ウノ子さんのトップチューブを片手に、トボトボと信貴山を歩いて下るトプロー。
途中、TTコースのスタート地点にあるコンビニで70リットルの黒ゴミ袋とセロテープを購入して輪行準備。現金1,500円ほどしか持ってなかったのでちょっと焦りました。やっぱり最低限の現金、クレカあたりは常時携帯したほうがいいです。

0007_20121030160920.jpg
近鉄勢野北口駅で厳重に梱包されたウノ子さん。
ゴミ袋輪行はこれで生涯3回目です。もはや手慣れたものと言ってもいいかもしれません。

けれどちょっと注意です。
実のところ近鉄電車ではゴミ袋輪行が認められておりません。
今回は駅員さんに事情を説明して許可をもらいましたが、本来なら必ず「専用の輪行袋」が必要との事でした。

0008_20121030160920.jpg
近鉄王寺駅からJR王寺駅へ乗り換え。
JRはゴミ袋でも大丈夫みたいですね。

で、なんとか自宅に帰りついたのですが、どうやって修理するのかが大問題です。
なにぶんウノ子さんはレーシング3も含めて海外通販ですから。

ここはダメ元でショップに電話で聞いてみるしかありません。
とりあえずは自宅から一番近所の有名ショップであるスクアドラさんに電話してみました。
結果はOKとの事。

0009_20121030160920.jpg

さっそく壊れたホイールからタイヤとチューブを外し、ちょっとタオルで乾拭きしてから自家用車でスクアドラさんにレーシング3を持ち込んできました。
交換用のスポークは台湾のフルクラムから取り寄せるとの事で、どうやら修理には数週間かかりそうです。

さあ、ようやくこれで本題に入るわけだよ明智くん。
もうおわかりだと思うが、これで新ホイール導入の準備は整ったというわけだ。
やっぱここはR-SYSあたりか、それかいっそのことFFW(ry



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。