上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さあ明日はお休みだ。どこへ行くか迷っちゃうぜベイベェー!」
浮き足立っていた僕にワイフが言いました。
「お米が切れかけてるわ」

昨日、僕は実家に米を取りに行くことになりました。
例え往復の高速代とガソリン代で市販のコシヒカリが買えるとしても、どうして自分が貴重な休日と体力を注いで作った米をおろそかにできるでしょうか。
これが稲作農家の呪縛ってやつなのか。


2012年7月2日 月曜日 晴れ

転んでもただでは起きてやらない僕は、実家にむかう車の後部座席にチェントウノを押し込んだのでした。
実家にお昼ごろ到着し、精米作業のセッティングを終えた僕が向かったのは大川峠経由で加太淡島神社。
いずれ今のマンションから実家に引っ越したら、おそらくここがホームコースになるはずです。

まずは旧国道26号線から深日のロータリー経由で多奈川谷川方面へ。
道路が海のすぐ近くなので、潮の香りが漂っています。

001_20120702221052.jpg
そして夏の日差し。
青い田んぼ。
キラキラ輝くしょぼい川。
たまにしか走らない車。
微妙なアップダウン。
なかなかいいコースです。

動画を撮ってみましたが、いろいろ残念な感じに。



谷川から小島に向かうと、右手にドカーンと紀伊水道が現れます。
ここまで来れば世界に冠たる外海、太平洋がすぐそこです。
大阪湾と太平洋では海の色が違うのです。

そしておもむろに大川峠TT。
関西ヒルクライムTT登録コースのうち、一番短いコースらしいです。

003_20120702221051.jpg
コース名 大川峠
標高差 57m
距離 0.8km
平均斜度 7.0%
最大斜度 10.0%

う~ん、短い。
走る人が走れば、最初から最後までオール攻め攻めダンシングが可能なコースですね。
トプローも最初から攻め攻めでいきますよ。
ただし路面状況は相当悪いので気をつけないと落車します。

「でやぁぁぁぁぁ!」と一気に登って記録は3分08秒。
ヒルクライムというか、1分全力&レスト20秒のトレーニングを3回ほど繰り返した感じ。
レストを少し削れば3分切れたのか。ちょっと残念です。
002_20120702221052.jpg

そこから大阪側に下って、下りきったらアウターで登り返します。
登り返しは基本アウタートップでSFR。
交通量は皆無。右手に紀伊水道を見下ろすシチュエーションが涙ものなんです。

006_20120702220826.jpg
そして淡島神社で折り返して、もう一度大川峠。
TTコースでSFRです。
大阪側より斜度がきついのでアウタートップは無理無理でした。
脚をガクガクにしたところで実家へ。

これで走行距離は50km弱。
時間的にも2時間ほどで、なかなかいいトレーニングコースでした。

004_20120702221050.jpg
写真はスマホで撮ったんですが、PCへのUSB転送をミスったようで画像サイズが残念なことに。
普通にメールで送ればよかった。

あ、一眼ですか?
出発前にチェックしたらバッテリーが切れてましたヨ。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。