上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になって生活に余裕が出てくると、それにつれてニョキニョキと筍のように湧いて出てくるのが物欲です。
そもそもこれは去年のうちからひそかに思っていたことなのですが、わがチェントウノ子さんのポジションはまだまだ完全ではないなり!なのであります。

ポジションといえばステムの長さやら角度やらサドルの相性やら色々と要素はあるかと思いますが、明らかに今一番の問題はデフォルトでついていたドロップハンドルにありそうなのです。

030.jpg
ITMの101 ネーミング的にはチェントウノにジャストフィット(´;ω;`)

身長171cmのトプローは純日本人的な体型なので、リーチ&ドロップの大きいハンドルは持て余してしまいます。
ピナレロFP2のデフォルトハンドルも大きすぎたので、これは購入後一月くらいでディズナのJ-Fitに交換した結果、今ではジャストポジションになっています。

じゃあ今回も日本人向けに作られたJ-Fitに交換で一件落着かと言えば、そうは問屋がおろしません。なにぶんチェントウノに元から装着されているハンドルはカーボン製なので、これを今さらアルミのJ-Fitに交換というのでは暴れん坊の我が物欲がだまっていないのです。

そこで夜な夜なネットサーフィンをして頭を悩ませているのですが、果たしてどのハンドルバーを購入すればいいのか。。。
基本はショートリーチでかつ、見た目がかっこいいこと(これが重要)。

今のところ候補はこのへん。


3T ErgoNova Team

OnebyESU ジェイカーボン モンロー

FSA K-Wing Compact

FP2で実証済みの安心感でならジェイカーボンモンローなのですが、いかんせん物欲満足度がいまひとつ。
3T ErgoNovaなら物欲的には大満足の逸品ですが、Wiggle価格をもってしてもちょと高い。
その点、K-WingはCRCの特価品なら激安かつ物欲もある程度満足させられそうです。ピナレロのMostクランクのダメダメイメージのせいでFSAっていうと「もうちょっと」なのかなぁ?とか思ったりしてしまいますが、たぶん気のせいです。

じゃあ「さっさとK-Wingにすればいいんでね?」ということになるかというと、そう簡単に決断できないのがしがないサラリーマンの切なさです。
この悩んで楽しむ瞬間を大事にしたいとか、あーもう貧乏くさくて嫌になっちゃいますわ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

スポンサーサイト

11月も残りあとわずかですが、あいかわらずチェントウノには乗れていません(´;ω;`)
今日は貴重な休日だったのですが、午前中は休日出勤です。
家に帰れば帰ったで嫁子供が待っていますから、仕事が終わって帰宅するまでの隙をぬって、ウエパー本店まで小物の買出しに行ってきました。

時間がないなら通販という手も考えられますが、細々とした物だと値段もそんなに違いませんし、現物を手にとって選ぶ楽しみのほうが勝ります。
…と言うか、要するにたまの気分転換なのです。

で、何を購入したかというと、まずはバルブキャップ。

008.jpg

どうやらデンマークから配送されて来る途中に、前輪のバルブキャップが外れて行方不明になってしまっていたようでした。なくても走れる部品ですので今まで放置していましたが、さすがにずっと裸のままではウノ子さんに申し訳が立ちません。
色は赤でコーディネイト。前後セットで250円也。


次にパールイズミのシューズカバー。
今まではマウンテンバイク用のSPDシューズだったので冬場もわりあい暖かかったのですが、Sidi GeniusProは通気性が良すぎてこの季節は寒さに耐えられません。Wiggleだと様々なメーカーの品が3,000円程度であるようでしたが、ウエパではパールイズミのが3,500円程でした。実際いろんなメーカーのものを手にとってみると、品質はやっぱりパールイズミのが良いように思えました。
実際の使用感はまだ使ってないのでわかりません(;^ω^)

016_20101129175752.jpg


次に買ったのがKeo用のスペアクリートとクリートカバー。
チェントウノ用にあつらえたSidi Genisu5.5Proですが、先日の走行でクリートをとめているボルトの一本が抜け落ちてしまっていたのです。

001_20101129175729.jpg
002_20101129175729.jpg

ボルトだけ売っていればそれだけ買おうと思っていたのですが、残念ながらウエパには置いていないとの事。どうせクリートは消耗品なので本体ごとカバーとあわせて購入しました。

003_20101129175728.jpg


さらに携帯用の空気入れも購入。
PINARELLO FP2にも携帯ポンプは装備しているのですが、入れやすさを優先した大きな物で見た目が今ひとつなのです。1年以上FP2に乗って、携帯ポンプを使用したのなんてたったの二回ですから、入れやすさは多少犠牲にしてもルックスが良くて軽いものが欲しかったのです。
ネットを徘徊している時にはLEZYNEのがかっこいいなぁ、と思っていたのですが、TOPEAKで安くて良さそうなのがあったので即ゲット。MicroRocketALというモデルです。これなら同時購入したオースチリッチのサドルバックの中に入れちゃえます。

005_20101129175727.jpg


というわけでオーストリッチのサドルバッグSP-504
サイズ的には予備チューブ一本とパンク修理セット、携帯ポンプを入れて少し余裕があるくらい。テールランプを挿すための平べったいコードもついていて便利さ二重丸です( ^ω^ )
FP2用にはTOPEAKのラージサイズのサドルバッグを装着しているのですが、あんまり大きすぎるサドルバッグはルックス的に遅そうに見えていかんのです。いや、実際遅いのでいいのかもしれんのですが、そこは見得をはってしまう悲しい小市民なのです。


006_20101129175727.jpg

最後にこれ。
CATEYEのヘッドライト用のマウント。
なかなか走る時間の取れないとぷろうは、夜中でも隙があればそそくさと走りに出かけます。今使ってるライトはCATEYEのEL-520ですが、本当はもう少し明るいライトが欲しいです。

007_20101129175726.jpg

以上のような小物を買い揃えてホクホクなのですが、貴重な休日がこれだけで終わってしまいそうです。
本当に次回走りに行けるのはいつになるのでしょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

PINARELLO FP2からチェントウノにキャットアイのサイコンを移植しました。
本当ならGARMIN Edge800とか500なんかが欲しいのですが、ハートレイトモニターの心拍センサーの装着って面倒くさそうなので、いまいち踏ん切りがつきません。
なにやらパイオニアもGPS機能つきのすごいサイコンを開発中らしいですし。。。


このサイコン、ハートレイトモニターはもちろんケイデンスも計れないベーシックなモデルです。
ワイヤレスなので配線はなく、すっきりしているのがお気に入りです。
でも夜間走行用にバックライトは欲しいなぁ。
001.jpg


結束バンドは近所のジャパンで購入しました。
Wilierのロゴが一部隠れて少し残念な感じです。
002_20101115221952.jpg



我が家の自転車置場の様子。
ディスプレイスタンドも何か用意しなければ、洋室がひとつ自転車部屋になってしまいます(;^ω^)
003_20101115221952.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

今日はチェントウノについて、構成パーツをざっと紹介します。
BikeBusterの注文画面では細かいところは不明だったのですが、お値段のわりにはなかなかいい感じの構成になってるのかな?と思います。


まずはクランク。
フルクラムレーシングトルクRのコンパクトクランクです。クランク長は170mm。
Fのマークがかっちょいい!!! ルックス重視な私には、デュラクランクより嬉しいです( ^ω^ )
発注画面では172.5mmが標準装備だったのですが、メールで指定したらちゃんと交換してくれました。
027.jpg



フロントディレイラーは105です。
レーシングトルクRに、アルテグラチェーンとの組み合わせで問題なくスムーズに変速できます。
026.jpg



リアディレイラーはアルテグラ。リアカセットは12-25です。
山対策に27Tか28Tが欲しいなぁ。
リアのシフトケーブルはフレーム内蔵な取り回しです。
025.jpg



STIもアルテグラです。使用感はFP2の105とそんなに変わりないかな?
目に入ってくる場所にアルテグラって書かれているのが重要。プラシーボ効果なんです。
013.jpg


今回驚いたのがこのブレーキ、105のブラックです。
105黒がすごいのか、レーシング3がすごいのか、とにかくFP2の105+WH-R500とは比べ物にならないほど効きます。
010.jpg



リアブレーキも105ブラック。当然効きまくりです。
ちょっと力を入れすぎるとすぐスリップします。気をつけなければ。
009.jpg



ホイールはフルクラム・レーシング3。
チューブレス対応の2Wayじゃなく、クリンチャー専用のほうです。
これが噂のきしめんスポークなのですね。かっちょいいです。
タイヤはリチオン。チューブはまだ中身見てません(;^ω^)
033.jpg



ハンドルはITMの101です。チェントウノとネーミングがお揃い。BikeBusterの標準装備はリッチーだったと思うのですが、これもccを40mmで指定したのを交換してくれたのでしょう。
まさかここまでカーボンパーツで対応してくれると思ってなかったのですが、やるなBikeBuster!

ステムもITMのカーボンです。商品名はググってもわかりませんでした(;^ω^)
これも90mmで指定したらちゃんと対応してくれました。こんな小さな品物でも、日本で買えば1万円くらいしますからね。つたない英語でがんばって良かった( ^ω^ )
030.jpg



サドルはセライタリアのSLRです。
軽くてかっちょいいです。
硬い座り心地ですが、フレームの乗り心地が良いので今のところ問題ありません。
100km以上走った時にどうなのかは、今後のテスト項目です。
028.jpg


こんな感じの構成で、お値段はなんとたったの15,999デンマーククローネ。
1デンマーククローネは15円程度でしたので、日本円換算で24万円ポッキリ。
なんと国内でFP2を購入したのとほぼ同価格でしたよ(゚д゚)!

追加注文したKeo2Maxも551デンマーククローネだったので、日本より相当安いです。
しかし、Wiggleさえ使ったことのない人間でも、海外通販ってできちゃうものなんですねぇ。

※ 送料・クレジット取扱手数料・消費税は別途かかりました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

いよいよ Wilier CentoUno(ウィリエール チェントウノ)のシェイクダウンです。
ちなみに車重はペダル込みで7.6kgでした。サドルバッグ、サイコン等を装備したFP2が9.8kgなので2.2kgも軽くなっています。

今朝は雨模様でしたが、昼頃から陽が射しはじめ、夕方には快晴になっていました。
目的地は自宅から10kmほどの大和川の河川敷です。南大阪サイクルラインという快適なサイクリングロードがあるので、試走にはちょうどいいでしょう。

さて、何から何もが新しいマシンです。
実は自転車以外にもシューズも新しくなっています。今まではシマノのSPDシューズだったのですが、Look Keo2MaxにあわせてSidi Genius5PRO Megaを投入致しました。これもなかなか素晴らしいシューズなのですが、インプレはまたの機会に。


自宅前でチェントウノにまたがり、そろりと発進します。
Keo2Maxはステップイン・アウトともに問題なし。

まず感じたのが、乗り心地の良さです。一級のレーシングフレームですからFP2より硬いんだろうと勝手に予想していたのですが、これは良い方に裏切られました。
アスファルトの継ぎ目を越える時なんかの振動が明らかにマイルドです。FP2よりもむしろ、クロモリのブルーノに近い感じ。これはロングライドにも効果大か(`・ω・´)

自宅周辺の路地から中央環状線に出たところで、えいやっとペダルを踏み込みます。

「!」

軽い!!!

引き足も使って、さらに回します。
加速する車体。

速い!!!

車体が軽いのか、レーシング3が軽いのか、もちろんその両方なのでしょうが、とにかく進む! すんごい進む!

サイコンは未装着なので実際の速度は不明ですが、前後ギアの段数から判断すると明らかにFP2よりもスピードが出ています。
タイヤはミシュランのリチオンが装着されているので、これをPro3Raceなんかにしたらもっと速いのでしょう。ちなみにFP2のタイヤはコンチネンタルGP4000です。

南大阪サイクルラインも快調に10kmほど走行し、あっと言う間に目的地に到着。
少しの距離でしたが、うっすらと汗が背中ににじんでいました。

乗り心地はとても良いですが、これは間違いなく「速く走るため」のバイクです。
速く走らせることが楽しくて仕方ないのです。

うむむむ、こいつは無茶してポチって良かったかも。
などと感慨に耽りながら、今日のところは記念撮影して撤収しました。

022.jpg

なんかこのバイク、コンパクトクランクとは言え、がんばれば平地でアウタートップ使えてしまえそうなんですが(;・∀・)

いや、もちろん十三峠じゃインナーローになるんでしょうけどね(;´Д`)

バイクの細かいスペックなんかはまた次回。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。