上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと更新間隔が開いてしまいましたが自走大台ケ原のつづきです。
まずは前回までのあらすじから。

大阪を出発して山だらけの奈良県を縦断し、難敵である大台ケ原ヒルクライムもなんとかやっつけたトプロー(やっつけられたとも言う)。
さあ、ここまで来ればあとは帰るだけです。やったね!

以上、あらすじおわり。

・・・じゃなくて、帰るだけと言っても、まだ100km以上あるのです。
帰る前にまずは休憩です。
とにかく腹も減ってヘロヘロなので、がっつり補給しないと動けそうにありません。
ドリンクも底をついて喉もカラカラです。

大台ケ原駐車場には二つほど食事のできそうな建物があったのですが、悩むこともなく近い方のお店に向かいます。
ほんの10メートルちょっとの距離ですが、お店までは自転車に乗って移動しましょう。ハムストリングスがガチガチに固まっているせいで、普通に歩くのが困難なのです。

が、しかし。

うぉっとッ!
し、尻が痛いッ。
痛くてサドルに座れん!

焦るトプロー。どうやらハムだけではなく大臀筋にも筋肉痛がきたようです。

こ・・・これは、非常に、まずくないかい?!

ピクつく尻筋がサドルに軽く触れただけで激痛が背中を駆け上がります。
仕方ないので自転車を押しながらお店にむかいますが、こんな状態で残り100km以上を帰るなんてあり得ないんじゃないですか?

え~っと、輪行バッグはあるし、近くの駅までタクシーに乗っけて帰るか?
って言うか、タクシー代いくらかかるんだろう。
そもそもこんな山の上まで来てくれるのか?

わりと絶望的な気分になりながらお店の前の鉄柵にウノ子さんをたてかけます。
いや、まあ、絶望する前にまずは食事です。
何か飲み食いしながら考えたら妙案がうかぶかもしれません。

携帯チェーンで鍵をして、すぐ目の前に自販機があったので、とありあえずはボトルにドリンクを補給しましょう。
お、アミノバイタルのペットボトルがありました。
さすが大台ケ原です。わかっていらっしゃいます。

1本180円の観光地価格アミノバイタルをごきゅごきゅ飲むと、ようやく一息つきました。
で、お店の入り口までに数段の階段があるのですが、ここを登るのがまた一苦労です。
尻とハムが痛くて脚が上がらないよ・・・うんとこどっこいしょっと。
まるで今にもウ○コを漏らしそうな体勢でのそのそと移動。死ぬ思いでお店の食券売場にたどりつき、とにかくボリュームのありそうなメニューを探します。

うどん
そば
山菜うどん、そば
カレー
以上! 的な。

的な、じゃなくて、カツ丼とかカツカレーとか、ハンバーグセットとか、何かそれらしいメニューはないんかい!?

なかば悲壮な気分でもう一度よく見ると定食メニューがありました。

そりゃそうですよね!
焦らすなよ、もう。

うどん定食
そば定食

ぉぃ。

山菜うどん定食
山菜そば定食

泣くよ、ぉぃ。

カレーうどん定食

OK、理解しました。
カレーうどん定食がこのお店一番のボリュームに違いありません。

食券をポチリとして、椅子に腰かけて待つこと数分。
でてきましたよ、本日のお昼ごはんがッ!

00018_20120903055158.jpg

ぬはッ!
これは見事なカーボローディング!
さすがローディのことをわかっていらっしゃる!(涙目

いや、まあ、普通においしかったです。
お腹が減りすぎて味のことはよくわかりませんでしたが。

お腹もある程度ふくれると、ようやく冷静な判断力が戻ってきました、
大台ケ原からタクシー輪行とか、無謀にも程があります。
輪行で帰るにしても、まずはとにかく人里まで自転車で下ることです。

炭水化物マンセーな食事を終え席を立つ頃には、お尻の痛みも少しは治まっていました。
あいかわらずの濃霧の中、ウィンドブレーカーを着こんで、よろよろとウノ子さんで下山開始です。

00019_20120903055157.jpg

それにしても天気はいっこうに回復してきません。
霧の中なのか雲の中なのかよくわかりませんが、寒さに震えながらのロングダウンヒルです。

00020_20120903055157.jpg

今さら上北山村方面に下りてから奈良方面へヒルクライムする勇気はなかったので、帰り道は大台ケ原ドライブウェイで。

標高1300mくらいまで下りて来ると雨も止んで、ようやく暖かくなってきます。
ドライブウェイ沿いに静かな休憩所があったので、ちょっと小休止。
木製のベンチに横になって20分ほど仮眠をとりました。
起きるとかなり元気が回復。お尻の痛みもほぼ解消されていました。

そしてさらにロングダウンヒル。
吉野まで約40kmほど、ひたすら下り続けます。
トンネルを幾つか抜け、標高800mを切ると普段の暑さが戻ってきました。
ウィンドブレーカーを脱いで走り続けます。

00021_20120903055156.jpg
バルス!
このブロックの中心には飛行石が~。

死んでいた脚も徐々に復活し、吉野川沿いを進む頃にはほぼ完全に回復していました。
このあたりで今回のロングライドの成功に確信を持ちました。輪行なんか全く必要ありません。

いけるッ!
ぜんぜんいけるッ!
まだまだ100km以上でもぜんぜん行けるやんっ!

今思えばヒルクライム中にハンガーノックになっていたのかもしれません。
恐るべきはカレーうどん定食の謎パワー。ここにきて平坦35km/h巡航が普通にこなせます。

00022_20120903055155.jpg
謎の葉っぱ民家な写真を撮る元気も復活しました。

奈良県の西端を縦断する大和高田バイパスに入るとさらに調子がでてきました。
帰宅ラッシュの車の列に併走し、若干のアップダウンはものともせずに40km/hで大阪へばびゅーんとワープです。
ヘッドライトが光量不足な猫目HL520なので真っ暗になる前に家に辿り着きたい、という事情もあったのですが。

00023.jpg
そしてリビエールホール前から夕焼けに染まる大和川を眺め感慨に耽ります。
今朝はここで朝焼けを見たんだっけ。
ここまできたら、お家はもうすぐそこです。

心地よい疲労感と、清清しい達成感につつまれながらR25を大阪市内へ。
そして午後7時すぎ、今回のロングライドは無事に終了とあいなりました。
ヨロヨロと家の中に転げ込み、妻に今日のライドを報告です。

「あ~、疲れた。脚が死んだわ~」
「そんななるまで走るとかアホちゃう? どこ行ってきたの?」
「大台ケ原まで」
「そこって遠くなかったっけ? アホちゃう?」
「往復で220kmちょっとやったかな。それと3800mくらい登ってきたで」
「ほんまアホちゃう?」

総括すると「アホちゃう?」ということのようでした。

さて、トプロー自身で今回のロングライドを振り返ると、大台ケ原タイムトライアルこそ散々な結果だったものの、220kmオーバーの山岳ロングを最終的には結構な余裕をもって走り切れたのは大きな収穫でした。
これで300kmオーバーのロングライドに向けて多少なりとも自信がつきました。
ちゃんと補給を取ることが前提ですが、少々の山岳なら300kmでも大丈夫でしょうし、平坦基調ならたぶん400kmでも問題なさそうです。

今までは150kmを越えるとお尻の痛みがどうしようもなかったのですが、5月に購入したfi'zi:kアリアンテの本領発揮といったところです。いや、トプロー的に間違いなく神サドル。ヒルクライム後の尻痛はサドルのせいじゃなく、純粋に筋肉疲労が原因だったと思えますし。

尻が大丈夫だったかわりに足裏が痛くなりましたが、これはSIDI GENIUSのソールの硬さが原因かと思われます。短距離なら硬いソールのダイレクト感が良いのですが、長距離は柔らかめのシューズの方が良いのでしょう。次回ロング時には、ペダルも含めてシマノの安物SPDにかえれば多分大丈夫。
あと問題があるとすれば肩凝りかな? 短時間ならこれも全然問題ないのですが、ビブの肩紐がちょっと鬱陶しかったです。10時間オーバーのロングライドには、ビブじゃない方が良さそうです。

さあ、そろそろ時は来たのかもしれませんよッ。


いくぜキャノンボール!(うは! マジか!


・・・っと、その前に今年の目標がありました。
まずは十三峠で目標達成しようね。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト

さあ、グダグダな感じにスタートしました大台ケ原ヒルクライム(一人だけど)。
まずは平坦基調なパレード区間です。上北山村役場前から涼しげな渓流沿いを小処温泉方面へ向かいます。
集団だと35~40km/hほどのスピードで進む区間となるようですが、トプローはソロですし既に山岳コースを90kmほど走ってきたところなので無理はせず30km/hのツーリングペースで淡々とこなします。

では、まずはコースプロフィールの紹介を関西ヒルクライムTT様から。


コース名 大台ヶ原(河合~辻堂山)
標高差  1266m
距離   26.6km
平均斜度 4.7%
最大斜度 15.0%

大会公式サイトの情報では距離28km、標高差1240mになっていますので、ちょっと違いますね。
これは帰宅してから気づいたんですが、どうやらスタート地点がほんの少しずれるようです。トプローはR169の分岐交差点をスタートとしましたが、関西ヒルクライムTTのスタート地点はそこから少し進んだT字交差点がスタートになっているようです。どちらにしろトプローの叩き出した恥ずかしい記録からすれば誤差の範囲でしょう。

川沿いの小さな集落を抜けると少しづつアップダウンがはじまります。斜度的にアウターとインナーを頻繁にギアチェンジすることになるので、チェーン落ちに注意ですね。ギアチェンジのタイミングと力加減に加え、普段のメンテ力も試される地味にシビアなステージだということです。
・・・とか考えていると、早速クランクからチャリンッという金属音が。

やっちゃいました。
恐れていたチェーン落ちです。

「あ~あ、言わんこっちゃない」
道端にウノ子さんを止め、いそいそとチェーンを戻します。

しかし、これはなんという事態でしょう。チェーンリングから落ちたチェーンがインナー側じゃなくアウター側に垂れ下がっています。
チェーンって普通、インナー側に落ちるんじゃないですか? 少なくともトプローは今までインナー側にばっかり落ちてました。
これは明らかにフロントディレイラーの調整ミスです。ヒルクライム大会でこんな事になったら焦るんだろうな、と思いながら再出発します。
これで2分ほどロスしたような気もしますが、そもそもの最終記録がとんでもないものなので、2分ほどじゃやっぱり誤差の範囲です。

小処温泉への分岐地点を過ぎると、コースの斜度が一気にきつくなります。
ここから大台ケ原ドライブウェイとの合流地点までの約10kmが、このコースの核心区間です。激坂ヒルクライム大会と呼ばれる理由がここにあるのです。
ちなみにトプローは帰宅するまでコースプロフィールをほぼ調べていませんでした。だいたいの道順だけ頭に入れて、あとは野となれ山となれの精神です。
下手にコースプロフィールを事前チェックしてやる気が萎えるのも怖かったのですが、今思えばアホもいいところでした。このコース攻略には、試走に基づいたある程度の戦略は必須かと思います。

この区間の斜度はだいたい常に10%を超えている感じでしょうか。十三峠でいえば中間地点をすぎて終盤のつづら折れ区間がはじまる直前の直線の急坂に近い感じ。葡萄坂に例えれば序盤のつづら折れの上のほうです。
34×25のギア比なら登れないことはないんですが、1m進むごとに確実に脚は削られていきます。
それに加えてウェットでスリッピーな路面が厄介極まりないのです。
これはもう多雨で多湿な大台ケ原特有の問題かもしれません。ダンシングするとズルッズルッと後輪がスリップしまくります。たまに現れるグレーチング上や、他よりちょっと急な箇所ではシッティングでも後輪が空転する始末。グイグイ登るなんて無理な状態なので、丁寧なペダリングを心がけてじわじわと登っていきます。

耐パンク性能では比類なき能力を発揮するリチオンですが、こういう場面ではウェットグリップに優れたタイヤが切実に欲しいところ。プロ4とかならもっと楽に登れるのかもしれません。

スリッピーな路面と必死で戦っていると、いつの間にか雨は止んでいました。
雨が止んで陽光が差し込むと、ムワッとした蒸し暑さが襲ってきます。
道路を横切る極彩色のトカゲ。散乱する小石。行き交う車は皆無。聞こえるのは自分の荒い呼吸だけ。ギアはもう常時インナーローに張り付いて離れません。

それにしてもこの激坂区間はいつまで続くのか。
斜度自体は普段走っている十三峠と似たようなものですが、とにかくいつまでも続いて終わらないのです。

あ~、きついッ! 脚はもうパンパンだし、心肺ももう限界っぽいなぁ。
ちょっとでも斜度が緩めば休めるのに、なんだよこのクソ長い直線区間は。
うおっ! ようやくあそこにヘアピンが見えた。
あそこを超えれば楽になりそうだ。
よし、がんばれトプロー!

淡い期待を抱いてヘアピンをクリアすると、しかし、またもや現れる遥かな激坂直線。
その瞬間に心は挫けそうになり、けれど意地と根性でなんとか凌ぎます。
ま、負けてたまるかッ!
そして現れるヘアピン。曲がるとさらなる斜度の直線。

あのカーブを曲がれば斜度が緩むんじゃないか?という仄かな希望は、そのつど絶望に飲み込まれます。
激坂区間に入ってどれくらい経過したでしょうか。ついにその時がやってきました。

グハッ! もう無理! 脚が限界! このままだとこける!
このままこけてしまったら、ウノ子さんと一緒にこの激坂を転げ落ちてしまう!

脚つきだけは避けたいけれど、さすがにそうも言っていられません。
こんな山奥で怪我でもしたら、次に誰かが試走で通らない限り帰れないよ。
最後に3秒ほど迷って、そして決心しました。

よし、残念だけどもう諦めよう。ゲームオーバーだ。

その瞬間、時は凍りつき、無念の脚つきタイムです。
急坂の端に座り込んで息を整えます。
ボトルのスポーツドリンクをごきゅごきゅと飲みこみ、大量の汗をぬぐいました。
アイウェアの内側にも汗の水溜りができるほどでした。

そのまま5分ほど座り込んでようやく再スタート。
坂の途中からスタートできるか心配でしたが、なんとか一発でクリートをはめるのに成功。ダンシングとシッティングを織り交ぜ、脚の疲労をごまかしごまかしとにかくゴールを目指します。
しかし一度途切れた気持ちはどうにもなりません。大台ケ原ドライブウェイとの合流地点までで合計三回の脚つきを喫してしまいました。
この激坂区間をクリアするコツはただ一つ。期待しない事かもしれません。

さて、大台ケ原ドライブウェイに入ると、斜度は常識的な感じに落ち着きます。それどころか平坦区間や下り区間も現れるのでタイムを稼ぐならここです。
今回のトプローの場合、残念ながら完全に脚が終わっていたので平坦部でも時速10~15km程度でしか進めませんでしたが、ちゃんと脚が残っていれば普通に時速20km以上を維持できそうです。

ゴールまで残り10kmの地点からは道端に残距離が示された看板が100mおきに立っています。
脚の死んだトプローにとって、これはほとんど拷問のようでした。なにしろ時速10kmしか出ないので、残り区間が10kmならばゴールまであと1時間もかかってしまうことが明白なのです。

103.jpg

このへんで太陽は完全に消えうせ、雲と雨の中を登っているような状態で寒くてたまりませんでした。標高1500~1600mあたりを徐々に登っていくので、そもそもの気温が相当低いのでしょう。
それでもここまで来てゴールせずに帰るなんてあり得ません。
何かを考えるのも億劫な感じで無心ヒルクライムをつづけ、なんとかかんとかゴールに辿りつきました。

大台ケ原駐車場への到達タイムは2時間17分34秒。
驚愕の2時間オーバーでした。

ここまで遅いともう笑うしかありません。笑う元気も残ってないんですが。
でも、とりあえずは登りきりました。大阪からここまで辿りついただけでも、ちょっとは成長した証になるんじゃないでしょうか。
自転車を降りると全身がビキビキに痛みます。特にお尻が。
ハムと尻筋がえらいことになっているようで、歩くとひょこひょこ変な感じです。

というわけで冒頭の記念撮影タイムです。
家に帰って関西ヒルクライムTTにタイム登録してみたら、余裕のどん尻でした。
情けないですが、鍛えて出直しましょう。

さて、あとは休憩して帰るだけ!
ですが、長くなったのでもう一回だけつづきます。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。

ごめんなさい。
大台ケ原大先生のことをちょっとなめていました。

00017_20120829143828.jpg
大先生に打ちのめされたトプローの図。
登頂までに脚つき三回でした。
屈辱です。辱めに屈してしまったのです。


2012年8月28日火曜日
トプローはこの日、自宅から自走で大台ケ原まで往復してきました。
ルートはこんな感じ。



走行距離 221.3km
獲得標高 3852m

間違いなく今までで一番の走行距離と獲得標高になりました。
ちなみに今までの記録は自走高野山で166km/2070mです。
以前から走行距離、獲得標高とも「一人前のローディとしてはちょっとしょぼすぎるんじゃね?」とは思っていたのです。こんなのじゃまだ半人前もいいところだと。

しかしいよいよ機は熟しました。
28日の休みに加え、幸いなことに29日も休みなのです。これは体力的に少々無茶をしても記録更新をするには又とないチャンス。決死の覚悟で妻から勝ち取った丸一日フリー行動権もあることですし、トプローはこの日を2012年度俺チャレの日に決定したのであります。
人間、幾つになってもチャレンジは必要ですよね!

で、目的地の大台ケ原は紀伊山地の奥深く、奈良県と三重県の県境に位置します。
20代の頃からトプローはエンジンつきバイク(KSRとかGSX-R1000とかW650とかSV1000とかKLX250とか)で紀伊半島をウロウロしていたのですが、この大台ケ原は未踏の地となっております。立地条件的に山の奥の袋小路ですし、行こうと思っても毎回天気予報が雨だったりしたのです。
それにオートバイ乗り的には山のてっぺんとか峠のてっぺんに重要な意味は見出せませんし、それよりも各地の温泉とか岬の先っちょとかワインディングとかに興味津々でした。

しかし、であります。
自転車乗り、それもヒルクライマーを仮にも名乗る者にとって、山のてっぺんは何よりも重要な目的地なのです。
なぜ坂を上るのか。そこに坂があるからさ。
・・・の世界なのであります。

特に大台ケ原は有名なヒルクライム大台ケ原の開催地でありますし、関西ヒルクライムTTの登録コースでもあるのです。

つまりですね。

これを登らずに死んでたまるものか。



さて、まずは装備類からあらためて解説していきましょう。

soubi.jpg
フレーム Wilier Cento1 / size XS
変速機  Shimano Ultegra6600
チェーン Shimano DuraAce7800
ブレーキ Shimano 105BLACK
クランク Fulcrum RacingTorqR 50/34
カセット 12-25
ハンドル Chinelli NeoMorphe
サドル  Fi'zi:k Ariante
ペダル  Look Keo2MAX
ホイール Fulcrum Racing3(クリンチャー専用)
タイヤ  Micherin LITHION(2じゃなく初代)
チューブ 不明(不明って^^;)

以上のようにいつもの構成で重量は約7.7kgです。
デュラとかカーボンホイールとかをアッセンブルすればすぐに6kg台になりそうなんですが、それよりも自分の軽量化が先という意見はご尤も。
トプロー本体の体重は69.0kgあたりです。

そして追加装備

mont-bell サイクルフロントバッグ
 Fujifilm X10(ステキカメラ)
 携帯三脚(脚がぐねぐねして色んな物に装着できるやつ)
 ユニクロ ライトポケッタブルパーカ
 mont-bell コンパクト輪行バッグクイックキャリー(万一の際も安心。大台ケ原周辺は線路ないですけど)
 日焼け止め

Ostrich サドルバッグ
 交換用チューブ1本(キュベレイ リチオンの耐パンク性能をなめてもらっては困る!)
 パンク修理キット
 携帯工具
 携帯ポンプ

Coleman ヒップバッグ(走行中にずるずるずり落ちますが気合でカバー)
 タオル
 Tシャツ(大台ケ原は寒いというウワサなので)
 携帯チェーンと鍵
 長財布(カード類フル装備の普段用財布。何があっても安心。自転車用に入れ替えが面倒くさかった
 スマホ Arrows Z (GPSの誤差が1kmにも及ぶ素敵スマホ。ないよりましな文明の利器)
 スマホ用充電池(乾電池式)

あとはポラールのボトル1本というところ。夏場は2本体勢にしたいし、冬場はツール缶をセットしたいんですが、カーボンドリンクホルダーは高すぎるのが悩みどころ。そろそろ中華で導入してみましょうか。



では出発といきましょう!
前日は12時すぎ就寝で朝4時40分起床。十三峠朝練のおかげもあって、さいきん目覚ましなしで5時前に起きれるようになりました。
寝静まった家をこっそり抜け出し、5時20分スタート。

00000.jpg
彼は誰時のひやりとした空気をまとい、朝焼けに染まるR25を南東へ。
脚の温存のため、最短距離で大台ケ原を目指します。

00001.jpg
八尾変電所。
街は寝静まっていても、24時間体勢で毒電波がここから信貴山へ発信されるのだ~。
ジェェェェットストリぃぃぃム。

00002.jpg
大和川と石川の合流地点。
体操する人たちや美ジョガーがいっぱい。

00003.jpg
時速30kmで奈良盆地へ突入。
朝焼けを撮影していたら散歩中のマダムに声をかけられました。
「ここの景色いいでしょ? でも今の時期は5時半に来ないと~」
あ~、じゃあ大阪は4時半までに出発ですね。

00004.jpg
光の道を~踏み行く我ら~。

00005.jpg
R169が吉野川に突き当たる交差点でヒルクライム大台ケ原、第一看板ハケーン。
この先、何枚も見かけます。
ここから津風呂湖入り口交差点あたりまでで、しっかり補給食を買い込んでおかなくてはなりません。
山道に入るとコンビニ一つないよ。

ちなみにトプローのこの日の補給食は以下のとおり。
 おにぎり二つ(紅鮭と梅干)
 草餅ひとつ
 スニッカーズひとつ
 即効元気二つ(ウィダーインエネルギーより効くと思います)
 カレーパンひとつ

00006.jpg
よしきたッ! R169を登りまくるぜッ!

00007.jpg
青い空が青いよ~。
夏休みもあとちょっと。
ヒグラシと赤トンボが混在する稀有な季節なのね。

00008.jpg
大滝ダム通過。
増水時にはこの巨大水門からアクアプレッシャーカノンが臨界射出され!

040_20120829150038.jpg
さあ、そろそろ行こうか。あいつを殴りに。

00010_20120829143943.jpg
大迫ダム通過。
メガアクアプレッシャーカノン・・・

00011_20120829143942.jpg
南の空が怪しげです。
さすが大台ケ原大先生。晴れの天気予報なんぞ全く意に介さず!
このへんから小雨まじりの曇り時々晴れ。

00012_20120829143941.jpg
トンネルを抜けるとまたトンネルだった。
R169に入ったらテールランプは常時点灯がオススメです。

00013_20120829143940.jpg
空と森と水
三位一体の心なり。

このへんで標高850mくらいだったんですが、ここから上北山村役場前まで一気に下ります。
せっかく登ったのにぃぃぃぃ。

00014_20120829143940.jpg
新伯母峯トンネルは工事中。
車は片側通行だけど、自転車は工事中の車線を通してくれます。
いわば自転車専用トンネル! トンネルダウンヒル! こいつは燃える! というかスピード出過ぎて怖いです。

00015_20120829143939.jpg
西原バス停
何も言うまい。

00016_20120829143958.jpg
そして、ついに来たぜヒルクライム大台ケ原スタート地点。
写真を撮ってるうちに大粒の雨がバラバラと。
休む間もなく、慌ててヒルクライムTT開始です。
いざいざいざ!


後編へつづく




にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。