上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らく引っぱってきた雪の金剛登山もようやく最終回。
葛城神社を堪能するで! 


雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~

雪の金剛登山その2~お地蔵さんとモノトーンの世界~

金剛登山その3~登頂したけど湯が沸かせん(´;ω;`)ブワッ~

雪の金剛登山その4~転法輪寺からネオクラシックに萌える葛城神社へ~



前回のつづきです。



それでは水玉ピンクの手水舎を後にして葛城神社を散策しよう。
本殿のすぐ横には絵馬があった。

IMG_7088.jpg

雪と絵馬というのもなかなかオツなもんですな。
しかし雪のせいで皆様の願い事は解読できんし、痛絵馬もないようでちょっと残念。
残念の基準がおかしいのではないかとは、自分でもそう思う。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

前回までのあらすじ

白銀の金剛山を登頂したトプロー。
しかし楽しみにしていた山頂ホットコーヒーの儀を果たせず、失意の中氷点下の山頂を彷徨うのだった。



雪の金剛登山、つづきです。


雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~

雪の金剛登山その2~お地蔵さんとモノトーンの世界~

金剛登山その3~登頂したけど湯が沸かせん(´;ω;`)ブワッ~



さて、とりあえず葛城神社にでも参拝していくか、とノソノソ進みはじめたトプローの前に、とつぜんお不動さんが現れた。

IMG_7076.jpg
心頭滅却すれば火もまた涼し!

さすがお不動さん。炎を背負ってこの余裕。
しかし涼しいというか、むしろ寒そうやで。
[ 続きを読む ]

雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~

雪の金剛登山その2~お地蔵さんとモノトーンの世界~


前回のあらすじ

幾多の困難を乗り越え、いよいよ山頂まであと少しと迫ったトプロー。
アイゼンなしの帰り道は恐いしどうやって帰ればいいのか心配だが、そんなことは登頂してから考えよう。
夏休みの宿題も直前になんとかなったのと同じ事やで!
※ 今回は直前でもなんでもありません。


それではつづきなのだ。


IMG_7047.jpg
どこを見ても雪ばっかり。
なんか雪国に来たみたいですな。

静まりかえって音がない世界。
雪は音を吹いこむんやな 。
[ 続きを読む ]

雪の金剛山へ踏み込んだトプローは、眩い白銀の世界を山頂へ進んでいくのであった。
前回のつづきです。

雪の金剛登山その1~白銀の別世界へいざ!~



それでは山頂まであと半分。
アイゼンもないことであるし、慎重に進んでいこう。




中間地点を通過するとすぐ、なんと登山道がロープで閉鎖されていた。

IMG_7021.jpg
どうやら雪の下は木製の橋のようだが、穴が空いているのかもしれない。

これはしかし「人跡未踏の新雪斜面をトラバースせよ」ということなのか!

いやいやいや、ちょっと、それはさすがに何の装備もない素人には無理すぎやがな。

・・・と思ったら、橋の右側にエスケープルートができておった。
よかったよかった。

※ 踏み後は普通にエスケープルートに続いておるのだが、ロープのインパクトにびびっただけである。
[ 続きを読む ]


IMG_7042.jpg

冬の金剛山といえば雪と霧氷のパラダイスとして大人気である。
不肖トプローもピークハンターの端くれとして、これは是非とも登っておかねばならぬであろう。

雪の金剛山は小学生の時に登って以来なので、登るとなれば約30年ぶりである。
冬装備もろくに持たないトプローであるが、小学生でも登れたのだからたぶん大丈夫。

そこで、年の瀬もさし迫った12月30日のことであるが、雪の金剛山に登ってきたのでレポートするぞ。
[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。