上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日ちょろっと書いたが、今年前半の目標をMt.富士ヒルクライムに合わせることとした。
今まで仕事の都合上、土日連休が必要なイベントはガン無視してきたのだが、ヒルクライムを嗜む者として、一度くらいは日本最大のヒルクライム大会に出てみたいやないですか。
というわけで、「今年が最初で最後」の覚悟でイベントに望むこととする。

もちろんこれは4月3日のエントリー峠を無事にパスできればの話だ。

ちなみに富士ヒルで大問題とされる宿泊場所の確保はもう済ませた。
はなから会場の近くのホテルなんぞはあきらめているので、去年の富士チャレで利用した御殿場のビジネスホテルを確保した。早朝なら御殿場から会場まで40分ほどでいくらしい。
それなら割高な会場周辺の宿泊施設を利用するより御殿場のほうがええか、という判断である。

前日に御殿場に乗り込むということは、もちろんもれなくあのイベントを付帯させる予定でもある。

ザ・ヤビツ峠リベンジ!

去年、へろへろの状態で初挑戦し、名古木スタートで42分という惨敗を喫した関東ヒルクライムの聖地にリベンジする。
今回はヒルクライベントにあわせて体調を調整するから、ヤビツにも万全の体調で挑む予定だ。

目標は40分切りを最低とする。
ちなみにヤビツ峠のタイムの2倍が富士ヒルのタイムに相当するらしいので、ヤビツ40分切りで富士ヒル80分切りが見える。富士ヒルでシルバーリング(75分切り)を狙うなら37分台が欲しいところ。
これは直前までに十三峠17分台をゲットしておけば可能であると考える。問題はアップをどうするかだが、秦野の運動公園からでは近すぎてアップにならんから、今回はもうちょっと遠い駐車場を調べて行くか。

しかし本番24kmのヒルクラコースってくそ長いですな。
長い長いと思う高野山コースでも17.7kmしかないので練習場所が問題だ。高野山から護摩壇山までのコースを連荘でいけば余裕だが、それはそれで45kmのヒルクラコースって何の拷問なん?という話になってしまう。

なんにしろ徐々にモチベもアップしてきた。がんばりましょう。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



スポンサーサイト

20140905_082457.jpg
くさい! くさいぞ!
なんやこの臭いは!? 拙者の出世をこの臭いで邪魔しおるか?!


いや、そんな隈取りまでして怒らんでくだされ。
ほら、この臭いはこれ。

20140905_082557.jpg
浜松名物、夜のお菓子でんがな。
うなぎのエキスがたんまりと(ry


・・・とか、そんなネタはいらんのや。
臭いのはうなぎパイではなく、ネタの臭いだ。

富士チャレの記事もかなり高速で書き上げたつもりだが、ヤバイ、ネタがたまりすぎて腐ってきておる!
今回は富士チャレ前のヤビツTTネタだが、腐りかけなのでさっさとやっつけるで。


※    ※    ※


富士チャレ参戦の前日のことだが、関東でヒルクライムの聖地と名高いヤビツ峠に登ってきた。
そこで今回はヤビツTTレポートだ。
全国各地からヤビツ遠征を目論んでおる諸兄に参考にしてもらえたら幸いである。

「わざわざ関東以外から遠征する変人がおるわけないやろ!」という真実を告げるのは勘弁なんやで(´;ω;`)ブワッ

まあ、とにかく良いコースだったので、ここはお茶でも飲んでゆっくり読んでいってくれたまへ。


[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。