上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平群町側からの白石畑ヒルクライムを終えた僕は、とくに何もない山頂をスルーし、斑鳩町側へとダウンヒルするのであった。
白石畑ライドレポートのつづきやで。



さて、ダウンヒルしていくのは白石畑(斑鳩側)TTルートそのものである。
急坂と名高いこのコースであるが、果たしてその斜度はどんなものか。
たしかめるように下っていくが、その感想は「あれ? たいしたことないやん?」というものであった。
確かに斜度はそこそこあるようだが、暗峠(奈良側)のような恐怖は感じない。むしろ十三峠の下りと比べても、安心して下れるくらいだ。

これがかの有名な「激坂サギ」というやつやな。
うっへっへ。これくらいの斜度やったら軽くやっつけてやるわwww

そう思った僕がいたわけだが、果たしてその運命やいかに?!(ああ、もちろん死亡フラグですわw


P1030277.jpg
斑鳩側スタート地点周辺は長閑な雰囲気。
いわゆるカモフラージュとか撒き餌というやつだ。ちょうちんあんこうの提灯やな。
あっち方面ではパネル詐欺と言うかもしれん。

おにいちゃん、ちょっとこの坂、チェンジしてくれ!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

それでは白石畑ヒルクライム、前回のつづきである。
まずは平群側からの登り。



スタート地点はちょっとわかりにくいが、R168から東へ1km少々登った地点だ。

P1030267.jpg
この離合地点の山側端のラインがスタート。

いっそのことR168交差点か、そこから東へ一つ入った十字路をスタートとしたほうがわかりやすいような気もするが、ショップ練なんかの大人数で押し寄せることを考えたら、これでええんやろうな。

[ 続きを読む ]

昨日は新規ヒルクライムルートの開拓に行ってきた。
目的地は奈良の白石畑。奈良県民であってもその存在を知る人は少ないという現代の隠れ里だ。

大阪から奈良の中心部に向かう場合、十三峠で生駒山脈を越え、さらに東に向かうわけだが、奈良の中心部に至るにはもう一つ山を越えねばならない。その山なみを矢田丘陵というのだが、その丘の頂上部分にひっそりと存在するのが白石畑という集落である。

では今こそ、その白石畑の秘密を白日のもとにさらけ出そうではないか。
なんか水曜スペシャル探険隊みたいで燃えるな!

[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。