上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日、昼から走りに行ってきた。
元はOHC平日ライドの予定だったのが雨天中止となり、ふて寝して起きたら雨が止んで路面が乾いていたわけだ。
なんか損した気分である。

目的地は走行会と同じく、とりあえず金剛山方面だが風がすごい。ヤス吉会長は暴風を避けて十三峠へ向かったようだが、僕はそんなことでは負けまへんで!
意地でも金剛山へ行ってやるわ!ということで、暴風の石川CRを避けてグリーンロードへ行くことに。
十分暴風に負けておりますな\(^o^)/



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

先日久しぶり(3年以上ぶり?)に走った南河内グリーンロードであるが、思った以上に楽しいコースだった。
そこで今回は色々つっこんで検討してみたいと思う。

ではいきますで!

stravaの新セグメントとしてザクっとしたコースプロフィールだけ報告したところだが、まずはルートラボであらためて詳細な情報を見ていただこう。

stravaとはやはり誤差があるが、ルートラボによるコースプロフィールは以下のとおり。


距離 9.8km
平均斜度 全体 1.7%
登り 6.3%
下り 4.4%
獲得標高
登り 296m
下り 132m

GREENROAD02.jpg

標高グラフは見事にギザギザになっておる。
これは標高グラフを見るために画像ファイルを貼り付けたものであるが、以下に動かせる地図をはりつけておく。





スタート地点は駒ヶ谷北のT字交差点をグリーンロード側に少し入ったところ。
ゴールは展望台の少し手前。
それぞれ少し入ったり手前だったりするのは、GPSの計測誤差を考慮してのことだ。

ではこのコースの攻略を
・・・とか、そんな大層なことをできるほど走りこんでおらん。

そこで今回はこのコースの楽しさをアッピールしておきますで。

まずはこれ。
コースの中に下りがある!

何を当たり前なw
と思われるかもしれんが、ふだん十三峠ばっかり登っていると、これがめちゃくちゃ新鮮だったりする。
下りなんか葡萄坂にもあるやないか、という意見もご尤もであるが、葡萄坂のちんまい下り坂とは話がぜんぜん違うのだ。

グリーンロードの下りは、コンパクトクランクならアウタートップが回り切る!

普段アウタートップを使う機会なんかぜんぜんないわ(;´Д`)
と嘆いておられる方にこそ、ぜひ走ってほしい。
貴兄の乗っている自転車がロードバイクであり、ロードバイクがどういう乗り物かということの片鱗を味わうことになるだろう。

下りでスピードが出るのなんか当たり前やないか、という話もあるが、グリーンロードのいいところは「そろそろアウタートップが回りきるかな?」という場所でちょうど登りに切る変わる絶妙なコースレイアウトにある。
つまり、スピードが出過ぎてブレーキングという操作がほぼ必要ないのだ。ブレーキングは走りのペースやタイミングを乱すものである。そのブレーキングが必要ないということが、どれだけ気持ちのいいことか!(もちろん全く必要ないわけではない)



そして下りのコーナリング。
雑誌インプレなんかで「下りの安定感」だの「コーナーへの切れ込み」だの、よくわからん表現を見かけるが、それがどういうことなのか実体験することになる。
フレーム、フォーク、ブレーキ、ホイール、タイヤの性能、すべてが揃うことにより、安心して下りコーナーを駆け抜けることができる。ママチャリでもヒルクライムならできんことはないが、ダウンヒルはできん。恐怖心との戦い的な意味で。

登りを全力で駆け上がり、下りも全力で風となる!

これがロードバイクや!
オレっちはロードレーサーなんや!
と、思う存分ナルってほしい。ロードバイクとはそういうナルマックスな乗り物である。

ジーク・ナル!
ジーク・ナルマックス!

なんかちょっと語呂が悪いな(;´д`)

ともかくも走ったことのない人、そう言えば一年以上走りに行ってないなという人には、ぜひ走りに行ってみてください。

※初心者にはオススメしません。下りが楽しいとか思う前に、登りで息の根を止められますで(;´д`)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







今日はひさびさに自転車で実走に出た。
前回が2月2日のことだから、まるまる一ヶ月ぶりである。
その間、何をしていたかというと、SJCAM SJ5000を発注してまだ届いていなかったり(3日ほど前にSJCAMから、まだ君の荷物が帰ってこないぜ!というメールがあった)、サポートカー選定でうんうん唸っておったりした。

ともかくも久しぶりの実走である。
ずっとさぼっておった体に急な無理はいかんので、ここはゆるゆると南河内グリーンロードへ行ってみることにした。ガチのヒルクライムはきついから、適度な下りを織り交ぜて、ジェットコースター的なアップダウンを楽しもうという趣旨である。

GR01
雨上がりの大和川。
気持ちいいけど、すぐに息が切れる。さすがは一ヶ月ぶり!
[ 続きを読む ]



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。