上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月23日火曜日のことですが、100太郎さん、はるさんと僕の3人で九信生に挑戦してきました。

九信生(きゅうしんせい)とは、関西ヒルクライムTT登録の生駒山地エリア全9コースを一日で走破しようという試みです。
関西エリアでは七葛(和泉葛城全7コース制覇)や六六甲(もちろん六甲山全6コース制覇)が有名ですが、それらと似たようなものです。

生駒山地とは言っても関西在住者以外には馴染みがないと思いますが、大阪府と奈良県を隔てる標高400~600m程度の山塊と思っていただければ大丈夫です。

kansai01.png
漢字間違えてやんのw


一般的に西の六甲山地、南の金剛山地、和泉山脈に比べると、小山くらいなイメージの丘陵地です。

しかしその中には激坂国道として有名な暗峠(くらがりとうげ)、関西ヒルクライムTT随一の登録者数を誇る十三峠(じゅうさんとうげ)を擁し、小粒でもぴりりと辛いヒルクライムのメッカとなっているのです。

その九信生のコースとは以下のとおり。

暗峠大阪側
暗峠奈良側
清滝峠
阪奈道路
十三峠
信貴山
信貴山三郷
信貴山青谷
葡萄坂

shigiikoma.png


厳密に言えば十三峠大竹南コースというマイナールートも存在しますが、コースの9割が十三峠本コースと重複する上、残りの1割が狭い住宅地となるためヒルクライムTT向きではありません。地元の住人とトラブルを起こすわけにはいきませんし、大竹南コースはあえて今回外しました。なにも10コース走るのが怖かったわけではないのです!(強弁)

参加者とバイクは次のとおり。


100taro.png

100太郎さん(今回の主役挑戦者)
ヒルクライムをはじめてまだ一年ほどですが、熱心に練習を重ね、早くも各地の平均くんと戦うほどに成長しておられます。
バイクはGiant FCR1
2008年モデルのTT用フレームです。固くて反応はいいけど疲れやすいという諸刃の剣。これをフロントシングルスピード化するなど魔改造して九信生に挑むんですから、相当な好き者です(誉め言葉)。
ちなみに平均くんとは関西ヒルクライムTT登録者のだいたいの平均タイムです。わざわざヒルクライム特化サイトにタイム登録するような人たちの中での平均ですから、全サイクリストの平均よりは速かったりします。平均くんと互角に戦うことができれば、富士ヒルのブロンズリングを十分狙えるレベルと考えていただいて差し支えありません。


haru.png

はるさん
関西ヒルクライムTT登録者の中でも、獲得累積標高では他をよせつけないスーパーサイクリスト。小柄で細身な体型はまさにヒルクライマー。車体を大きく左右に振ってダンシングする姿は、リアル巻島先輩と呼ばずにはおれません。
バイクはGiant TCR3
ALX430という非常に軽量なアルミホイールがアッセンブルされ、登りの戦闘力はなかなかのもの。たいへん綺麗にメンテナンスされたバイクで、僕も見習わなければなりません。


そして最後に僕、トプロー
そこそこ登れない似非ルーラー(どっかで聞いたフレーズやなw)。
バイクはPINARELLO DOGMA F8
しかし今年はそこそこ登れるオールラウンダーにジョブチェンジしたいお年頃。


全員40過ぎのおっさんですが、キングカズやレジェンド原田の例もあるように、まだまだがんばるのです。
チャレンジの概要については既に100太郎さんがブログで公開されておりますし、僕は僕自身の目線から今回の結果を報告しようと思います。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。