上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のビワイチでちょっと気になった事がありました。

今さらすぎて言いにくいのですが・・・

お尻が痛いんです。

いや、ほんとに。
坐骨あたりがですね、100km超えたあたりから痛むんです。
150km超えるともうギンギン痛んできて、200kmへの到達を阻もうとするんです。

チェントウノに乗り換えてからこっちずっとそうだったんですが、100km超のロングライドなんて月に何度も行くもんでもないし、今までは単にお尻の鍛え方が足りないだけだと思っていたのです。

でも、よくよく考えてみると、ピナレロFP2じゃお尻がギンギンいうほど痛くなったことはなかったのです。
いや、当然最初の頃は痛かったですよ。はじめてのビワイチの時なんか、お尻が剣山の上に乗っかってるんじゃないかと思いましたし。でもそんな痛みは最初の頃だけで、一年も経てば150kmのロングに出ようが、体の疲れはあってもお尻の痛みはそれほどでもなくなっていたのです。

ということはですね、尻痛の原因はトプローではなく、機材側にあるのではないかと。
ぶっちゃけて言えばサドルです。
ルックス最強なセライタリアSLRですが、残念ながらトプロー尻に合っていないんじゃないかと。

028.jpg

あ~あ、言っちゃった。
今までも薄っすらとそう思っていたのですが、あえて現実に目を逸らしてきたのに。

しかし、気づいてしまったものは仕方ありません。
今後、例えばブルベにでも出てみようかなぁ~?などと思いついた日が来た時のためにも、そろそろこの痛みを根元から根絶せねばならぬのであります。

土日休めないくせにブルベなんて無理無理ぃぃぃ! なんてのは過去の話。
実はちょっと事情がかわりまして、平日ライダーなトプローも来月以後、月に一度くらいは土日が休めそうなんですよ。うひょお。

というわけで早速ですね、痛みのですね、原因の究明なんですよ。

究明方法は至って簡単。
チェントウノのセライタリアSLRを、FP2のデフォルトサドル MOst LEOPARDに交換するだけ。
交換作業は3分もあればできます。
チェントウノのシートポストがインテグラルなのが少し気に懸かりますが、それは後ほど対処しましょう。

0004_20120427184643.jpg


あとは交換したサドルの試走ということで、今朝からちょっくら明石海峡大橋まで往復してきました。
今までロングといえばアワイチ、ビワイチ、日本海、名古屋、南紀という方向だったので、今まで向かったことのない西に行ってきましたよ。

トプローのロングといえば、片道一方通行で帰りは電車で輪行がジャスティスです。
新しい景色を見ながら進むだけ進んで、疲れたら電車で飲み食い読書と至高の一時を楽しみながら帰ってくるのです。いや、まあ電車の中はほぼ寝てるんですが。

しかし残念ながら今回は新サドル購入という確固たる目標があるので、出費は極力抑えねばならぬのです。
ええ、ここでロングライドのもう一つの楽しみが消えました。
グルメライドなんて敵です。質素倹約を旨に、補給も必要最小限に抑えて行くのです。

うわぁ、なんか楽しくなさそう。

以上のような事情もあり、今回のロングライドは特筆すべきエピソードもなんもありません。
あえて言うなら大阪市内を抜けるのにR25からそのままR43に入ったのは大失敗でした。
道路が高架するたび軽車両は歩道のほうに迂回しなければならないですし、歩道の階段は当然自転車を降りて歩きです。これがまぁ面倒なんですが、尼崎にたどり着くまでに合計4回も階段の上り下りがありました。皆さんはくれぐれも梅田界隈を経由してR2で西へ向かう方法をとってください。

0001_20120427184645.jpg
歩道橋からせっかくなので大阪湾方向をパチリ。あの大きなアーチ型のゲートは何のためにあるんでしょう?

0002_20120427184644.jpg
須磨を超えると左手に瀬戸内海が見えはじめ、ようやく快走路となります。ここは自転車乗りがやたら多かった。

0003_20120427184643.jpg
明石海峡大橋。
でっかいよー。
自走アワイチはもっと余裕のある時に挑戦したいです。

で、往復で130kmほどだったのですが、やはり予想通り、トプロー尻はぜんぜん痛くなっておりませんでした。
これならあと100kmでも行けちゃいそうです。

よーし、やはり新サドルを購入するしかないか。
このままMOst LEOPARDをチェントウノに装着、というのだけは避けたいところ。
ウィリエールにMOstっていうのは、シマニョーロとかとは違って、さすがに恥ずかしそうですし。

ちなみに補給は朝食がすき家の牛丼並で250円と、昼食のメガマフィンのセットで490円、あとは100円のペットボトル2本と、買い置きのアミノバイタル2000を1つだけでした。

肝心のサドル選びについてはまたこんどです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト

今日は休日出勤で、夕方四時すぎの帰宅でした。
なんとまた中途半端な帰宅時間ですが、こういう場合、トプローには幾つかの選択肢があります。

1. 保育園に息子を迎えに行って、久宝寺緑地で一緒に遊ぶ。

2. 延長保育を最大限活用して6時過ぎまで遊んじゃう。十三峠ヒルクライムとか。

3. 延長保育を最大限活用して6時過ぎまで遊んじゃう。プールでクロール錬とか。

4. 延長保育を最大限活用して6時過ぎまで遊んじゃう。ランニングでLSDとか。

5. 延長保育を最大限活用して6時過ぎまで遊んじゃう。ねっとさーひんでグータラするとか。

以上のように、全ての選択肢において結局は遊んでるやいないかー!というツッコミはご尤もであります。
しかし貴重な休日の半日以上が仕事で潰れてしまっているのもまた事実。ここは残された時間をいかに有効活用するか、真剣に悩みどころなのです。

プールは一回行くと700円かかるよなぁ、ちょっと高いなぁ。
ランニングはどこを走るかが問題やなぁ。久宝寺緑地はちょっと飽きたしなぁ。
ねっとさーひんは無駄な物欲の餌食になりそうやなぁ。新しいサドルとか欲しいし。

以上のように、帰りの電車で揺られながらテキトーに 真剣に導き出した答えですが、今日は十三峠へ行ってみることにしました。
今年になって十三峠はこれでまだ二回目です。
2012年度一回目の結果が26分38秒とあまりにも悲惨だったので足が遠ざかっていましたが、そろそろそのトラウマも払拭したいところ。
ちなみに去年の今頃の十三峠のタイムはどんなだったかというと、4月11日に26分12秒というこれまた恥ずかしい記録をたたき出しておりました。

帰宅して五分で準備を完了し、大竹七丁目を目指すトプロー。
20分切りとは言わないまでも、もうちょっとまともなタイムは出せるんじゃないか?
先日の琵琶一はなかなか調子がよかったので、実のところ若干の期待はありました。

しかしこれが、いざ登り始めてみるとやっぱり練習不足を痛感します。
中間地点のヘアピン通過タイムは11分34秒とトプロー的に平々凡々な感じで、しかもそのすぐ後あたりから両脚こむら返りの予感が。
心肺機能的には限界を迎えているわけではないのですが、残念なことに脚が全くついてきません。
ここのところランとかプールとかロングライドとか、自転車むきの脚力強化につながる練習をまったくしてなかったツケがまわってきております。

あ~、もう、脚が重いよ~。スパートとかできないよ~。
ヒメはヒメなのヒメなのだ~、とか唄っても笑えないよ~。
つーか、正直つらい。

ごまかしごまかしなんとか登りきって、結果は22分34秒。
う~ん、やっぱり微妙に残念な記録でした。

002_20120423230505.jpg

001_20120423230505.jpg
今日の十三峠駐車場。撮影はスマホ。
夕焼けのせいもあってか、春なのに秋っぽい雰囲気でした。

そろそろ朝錬も再開しなきゃなぁ。
よーし、6月から本気出す(ぉぃ


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。

先日の水曜日、かねてからの予定通り琵琶一(北湖一周)に行ってきました。
第一の目的は花より団子、じゃなくて花見で団子であります。青空の下、湖面に映る桜並木を鑑賞しながら、のんびり団子に舌鼓を打とうという目論見です。
雨天続きだった4月上旬からうってかわって、この日は素晴らしい晴天でした。まさに花見日和です。

あと、実は第二の目的もありまして、これはロングライドの基本なんでしょうが、一定の心拍縛りです。
実はトプロー、SIGMAの心拍計つきサイコンを導入してからこっち、なんとまともに心拍計を活用したことがなかったのですね。
淡一に持っていったことはありますが、あの時は向かい風やら南部の山岳やらで、心拍計はほとんど眺めてるだけ状態だったのです。宝の持ち腐れとはまさにこの事。あ~、勿体無い。

さて、久しぶりの遠出とあって朝は4時20分起床です。
寝静まった家の中をこっそり抜け出し4時45分出発。万能トランスポーター、ホンダライフで近畿道を北上します。
最近は朝錬してなかったのでわかりませんでしたが、5時にはもう空は十分に明るいのですね。
山吹色に染まる生駒山脈を見ながら、吹田ジャンクション経由で名神を京都方面へ。第二京阪経由ルートとどっちにするか迷うところですが、微妙に名神ルートのほうが距離が短いみたいです。

その後、コンビニでカップヌードルの朝食を済ませ、補給食としておにぎり二個とドラ焼き1個を購入。ドリンクボトルにはアクエリアスを充填します。
グリコのCCDドリンクを試してみたいな~、と思いつつここまで放置状態。次回までには準備しよう。

00010.jpg
琵琶湖畔のデポ地に到着したのが6時20分でした。さくさく準備を整え、6時半にいよいよ出発です。

さあ行くんだ その顔を上げてぇぇ~ 新しい風に心を洗おう♪

ってな感じで、朝焼けに染まる琵琶湖大橋を颯爽を渡ろうとしました・・・が、なんだこれ寒くて前に進めないよ。

この日の装備は好天を見こして、モンベルのジオラインLW長袖インナーの上にzeroRH+の半袖ジャージ、下半身はSKINSのロングタイツの上にパールイズミのビブショーツでした。
これでも気温が20度近くあれば大丈夫と予想していたのですが、たぶんこの時間帯の琵琶湖は10度ちょいだったんじゃないでしょうか。
そそくさとバックパックからウィンドブレーカーを取り出して出直します。

ウィンドブレーカーを着ると、体感温度もちょうどいい感じ。琵琶湖の東岸をゆるゆると北上開始であります。
心拍計の有効活用に関しては、LSDペースなので135bpmを上限にする感じで。今さらですがbpmのbって何よ?と思ったので、調べてみるとbeatsだったのですね。
ビーツパーミニット。トプローちょっと賢くなった。

00011.jpg
琵琶湖東岸はけっこう大きな街が連なっていて、近江八幡、彦根、長浜と大型トラックを含めた車の通行量が多目であります。この通行量の多ささえなければ淡一と比べても快適さはぜんぜん負けていないと思うのですが。

00012.jpg
道路沿いの桜並木もいい感じ。
大阪府南部はもう葉桜ですが、同じ近畿地方でもやはり気温がかなり低いのでしょう。

そして出発してから約二時間半で木之本の和菓子やさん、菓匠禄兵衛に到着。
花見で団子に必要不可欠な団子をここで仕入れます。

00013.jpg
立派な店構えで、店内も静かに落ち着いた感じ。自分で食べる用に草餅と、おみやげに柏餅、本蕨餅を購入。
箱に詰めてもらってバックパックの奥へ。箱入りなので潰れません。

ここから少しだけ坂を越えると、そこはもう名立たる桜の名所、海津大崎です。
目の前に広がる青い湖面と、薄っすらピンクに染まった桜並木。

00014.jpg

00019.jpg
キタキタキタキタ! キタヨコレ!

00015.jpg
さっそく自転車を止めて、バックパックからEOS40Dを取り出します。
あ~でもないこ~でもないと、道路にうずくまったり、突然ダッシュしたりしながら構図を決めるトプロー。
冷静に考えると、レーパン姿でそれは怪しい。むしろ危ない人であります。

しかし、毒を食らわば皿まで。
ついにはカメラを首にぶら下げ、チェントウノを肩にかついで湖畔に下りちゃいました。

00016.jpg

00021.jpg
う~む、やはり海津大崎はこうでないと。

00017.jpg
青い湖に緑の草餅が映えまくります。

ここで食わずしていつ食うよ?
禄兵衛さんの草餅はよもぎの風味たっぷりで、隣のご夫婦が広げたお弁当にも負けていなかったよ。

00018.jpg
海津大崎の後半は観光客の車で大渋滞。道が狭いので自転車でもなかなか進みませんでした。平日でこれなんだから、土日はさらに凄いんでしょう。
休日に車で海津大崎に行こうっていうのは絶対にオススメできません。

さて、この時点で走行距離はちょうど100km程度。
心拍数に制限をかけたおかげか、まだぜんぜん疲れていません。
う~ん、なるほど。心拍計ってこう使うものだったのか(遅いよ気づくのが
そう言えば補給も相当少なくすんでいます。最初にコンビニで買った物と草餅以外では、自宅から持参したアミノバイタル2000が3本とアクエリアスが一本、あとはシュークリームが2個だけ。
それでもハンガーノックとは無縁でした。
心拍計ってエコなんですね。

残りは50km程度だし渋滞の鬱憤もあって、ここから徐々にペースアップしていきます。
脚は大丈夫でも首とお尻に痛みが出てきていたので、早く帰りたい気分もありました。

途中、小休止していると白いGIANTのTCRに乗ったローディがけっこうなスピードで追い抜いていきました。
青いジャージに白いタイツが決まっています。

00020.jpg
これは違うローディ。のんびり走っておられました。

かっこいいバイクを後ろから視姦 観察するのが大好きなトプローはすぐに32~33km/hほどのスピードで追走に入りました。
しかし、前方のTCRはかろうじて視界の中にいるものの、これがなかなか追いつきません。
まだ残り40kmはありますし本気でスプリントするわけにもいかないのですが、向こうの事情もそれは同じはず。
1km進むごとに50mくらい縮まったかな?という感じのまま約30kmほど走行。
最後、休憩で足を止められるまで、結局追い抜けませんでした。

でも、おかげでずいぶんと時間の短縮にはなりました。
そこから残りの距離はたったの10km程度ですし、そのまま個人TT的な走行を続行。
残り5kmを切ったところで容赦なくもがいて、残り1kmをクールダウンに当てて終了。
デポ地到着は2時半でしたので、北湖一周に約8時間です。そのうち実走が6時間、休憩が2時間くらい。写真撮りすぎです。

00022.jpg
結局約150kmの走行でしたが、最後はふらふらになってました。
それでもピナレロFP2で初めて琵琶一した時に比べたら、かなり成長したものです。
あの時は後半の50km、完全に疲れ切って時速20kmを出せませんでしたから。

そして翌日、脚はぴんぴんしてましたが首にひどい凝りが発生。
やっぱりロングライドにバックパックは合わないようです。

う~ん、フロントバッグでも購入してみるかな?


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。

14日土曜日は午後から晴れたので、プールから帰ったあとポタってきました。
目的地は難波。なんばPARKSシネマで宇宙戦艦ヤマトを見てきました。

雨が上がったのでどこ行こうかとネットをうろうろしてたら、これを見つけちゃいまして。


なんつーバカクオリティじゃ・・・

見終わった瞬間、BRUNOへダッシュ!
なんばPARKSに駐輪するとなると、こいつしかありません。
次回上映まで1時間を切ってたので、わりと必死でR25を西進。BRUNOならアウタートップを踏み切れます。
いや、むしろ足がちぎれても踏み切れ!という勢い。
映画見なきゃいけないのに、汗かいて息切らしてるよ。

で、無事に鑑賞終了。
第一話のくせに、すでに号泣。
徳川機関長の旅立ちのシーンで涙腺爆発。そして土方艦長かっこよすぎ。

詳細は書きませんが、超えがった! えがったよぉぉぉぉ。
あと、観客の年齢層がアラフィフ、アラフォーばっかでした。なんてアニメだ。

帰り道は散り桜を見ながらゆるゆると。
0003_20120417062522.jpg

0002_20120417062523.jpg

0001_20120417062524.jpg

<br /><br />にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。

雨男ここに極まれり。
・・・というわけで本日も雨です。4月度のお休みがこれで4回連続雨ですよ。
大阪市内の桜もあらかた散ってしまったようです。お花見ライドとかしたかったなぁ。
チェントウノのチェーン交換も ついさっき とうの昔に終わらせてるのにぃ。

あ、もちろんデュラエースチェーンですよ。CN7801です。余裕のトップグレードです。
CN5600との違いは表面のメッキだけで変速性能も重量もぜんぜん変わんないとか、そんな浪漫のないことは言わんのです。
梅パーに7801しか置いてなくて泣く泣く買ってきたとか、そんなことは記憶の彼方に忘却してしまったのです。

しかしこうなったら遅咲きの桜ライドを計画するしかないようです。
吉野山もいいけど、琵琶湖の湖北とかがいいな。海津大崎の桜並木が特にイイッ!
よし、次のお休みは琵琶一に決定であります。
極超秘密兵器 EF50mm f1.8Ⅱ で桜を激写&熱写してくるぜ。
その昔、熱写Boyっていう雑(ry

・・・え~っと、滋賀県の週間天気予報で来週の水曜日は・・・晴れ時々曇り、とな?
キタッ! キマシタッ! 週間天気予報さん愛してる!

さて、週間天気予報ほど信用ならないものもありませんので、過度な期待はやめにして、それよりも今日のトレーニングであります。
雨だったので、今日も朝からプールに行って参りました。
幼少期から苦手だったクロール克服のため、本日目標にしたのは以下の三点であります。

キックを全力で打たない。
息継ぎを全力でしない。
手のかきは大きくのんびりと。

たったのこれだけ。
これだけなら不器用なトプローでもなんとかできるんじゃないかと。
ちなみに先日、クロールの教科書は本屋さんでゲット済みです。
要するに、力みすぎに違いないので、力を抜いて泳ぐことに特化しました。

とにかく下手なんだから、ゆっくりゆっくり泳ごう。これです。
で、初心者コースに入り、人生の先輩方に混じってパシャパシャと泳いでみました。
すると。
ゆ~っくり泳いでいるつもりなのに、前を泳ぐ方に追いついて脚先にぶつかってしまいました。
ビート板でバタ足の練習をしているお婆ちゃんだったのですが、さすがにトプローの下手クロールでも早過ぎたのか。
一緒に泳いでたお爺ちゃんにも「あっち行きなさいよ」と、中級者コースを指差されたので、やむなくコースを移動します。
25mを必死で泳いでる人間が中級ってどうよ?とは思ったものの仕方ありません。

そして、先日と同じように中級コースで抜かれまくるトプロー。
25m泳ぎきってゼェハァしている横を、何人もの先輩方が抜いていきます。
サスガです。散歩でもしているかのごとく、休憩なしで皆さん何往復もしていきます。
でも人は人。自分は自分。もはや達観の境地。
とにかく、ゆっくり泳ぐしかありません。

ゆっくりゆっくりを意識して泳ぐと、やはり幾らか楽です。
特に効果が大きかったのが、キックの力を抜いた事かな?
例えるなら全力で50m走していたのを、散歩ペースにしてみた感じです。
全力で50m走って、そりゃまぁ疲れるわな。
でもキックでバランスを取ってる感覚もあったので、下手に力をぬくと沈んだり曲がったりしてしまいますね。加減が大切です。

で、あれやこれや試しているうちに、かなり楽に泳げるようになってきて、泳ぎ始めから1時間経過した頃、ついに25mで足をつかずにターン!
今日はようやく50mを泳ぎきりました。
オメデトー。
トプロー、ちょっとだけ成長しました。

次の目標は100mだな。早く雨の休みが来ないかな(え?


※ 前回の記事で「だである調」を使ってみましたが、なんかしっくり来ないので元にもどしました。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。