上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ臭いッ!
この異臭はまさしくネタの腐る臭いに違いないッ!
けれど納豆しかりチーズしかり。
この腐りかけの状態こそネタが一番おいしいタイミングというもの!(そんなことはありません

というわけで、手組み中華カーボンホイールの自作カウンターウェイトについて、満を持して製作レポートです。
2月下旬くらいにごにょごにょしていたネタですので、1ヶ月以上も放置してしまいました。


まずはデザインの下書きから。

0002_20130330075504.jpg
サイズは鉛板の重量と面積の関係を適当に計算し、だいたいのサイズを出してから、最終は現物のホイールにあわせて製作します。
※重量と面積の計算について詳細は以前書いていますので適当に探してネ!(ネ!じゃねぇ


0003_20130330075502.jpg
メインの材料はこれ。
ホームセンターの防振グッズのコーナーで発見しました。
1,000円くらいだったかな?

0004_20130330075503.jpg
50mm幅のビニールテープを鉛板の上に貼ります。塗装してもたぶん定着しないと思うの。

0005_20130330075503.jpg
切り出したデザイン画を元に鉛板をビニルテープごと切り出します。
鉛は非常に柔らかいのでクラフトはさみ等で簡単に切り出せます。
ただしハサミだと繊細なデザインは歪んでしまうので、できれば鋭いデザインナイフを使用したいところ。

0006_20130330075504.jpg
カウンターウェイトとして重要な重量の測定ですが、0.1グラム単位での調整になるのでキッチン量り等では役に立ちません。
ここは天秤量りを自作しましょう。材料は菜箸と輪ゴムと適当な大きさの器を二つ。
片方には目標重量ぶんのコインを入れておきます。
細かい重量の調整は適当にデザインを切り貼りします。
切り貼りしやすいデザイン案を作っておくのがコツかも。

0007_20130330075515.jpg
鉛板の裏面は粘着テープになっていたので、ホイールリムに貼り付けて完成!
さらにその筋で有名な3Mの表面保護シート#311を上から貼り付ければパーフェクトでしょう。他にもいろいろある透明粘着テープで代用できないかと思いましたが、粘着力が強すぎたり、テープがまったく伸びなかったり、やはり#311でないと使い物にならないという結論に至りました。

面倒ですが、#311はたぶん大きめの東急ハンズでしか買えません。
大阪だと阿倍野キューズモールの東急ハンズには売っていませんが、心斎橋店なら発見できました。


以上のように非常に適当でアバウトな製作方ですが、これでも効果は抜群です。
バランスの取れていないホイールはダウンヒル時にふっ飛んだりしてたいへん危険です。気になる人、もしくは暇でしょうがない人なんかも、一度チェックしてみることをオススメします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト

昨日は家族サービスで、京都の梅小路機関区へ行ってきました。
自転車はナシです。

0000_20130329063656.jpg
デゴイチだーーー!
子供より僕のほうが興奮するんですが。

0008_20130329063713.jpg
そして汽車に乗れます。

0001_20130329063656.jpg
シロクニだーーーー!
つばめ号だーーーー!(スチーム号です
以下同文。

0002_20130329063656.jpg
かっこよすぎて鼻血出そう。

0007_20130329063715.jpg
そしてかっこつける整備士のおじさん。

0003_20130329063657.jpg
いつものようにお花も。

0006_20130329063714.jpg
帰宅して、今度はチンチン電車乗りに行きました。電車づくし。

0005_20130329063714.jpg
そしてかっこつける息子。

0004_20130329063655.jpg
よく遊んだ一日でした。


トレーニング的にはですね、27日はローラー30分、28日は早朝ラン7kmでした。
ビビッドレッド最終回とかガルパン最終回とか、見たいんですが見る暇がありません。
そのうちゆっくり見よう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。


先日のランによる筋肉痛をほぐすため、今日はゆるゆると十三峠へ。
今回も前回に引き続き、ダンシング縛りで登りました。

バックパックに一眼とレンズ二本を背負って行ったので負荷は大きかったはずですが、今回もなんとかダンシング縛り成功。
タイムは24分03秒(前回より19秒短縮)ということで少しづつダンシングに慣れてきているのかもしれません。

0000_20130325181427.jpg
頂上駐車場で何枚か写真を撮ってみるも、どんよりとした曇り空でどうにもイマイチな感じ。せっかく一眼を背負ってきたのにどうしたもんだか。

0001_20130325181427.jpg
LEZYNEのライトが届いてるのでハンドルに装着してみました。
コンパクトでいい感じですが夜間走行はまだ実行できず。

今日は回復走なのでクライミングリピートは行わず、そのまま奈良側へ十三峠を越えました。
けれど峠の短いトンネルを越えたらけっこうな北風が。
奈良県はまだ冬だったようで、指切りグローブだと指先が死にそうでした。
当初の予定では東山方面へ下りるつもりでしたがあまりの寒さに恐れをなし、葡萄坂方面に南下することしました。

0003_20130325181428.jpg
ガクブルしながらもフラワーロードでお花撮影。


0002_20130325181428.jpg


0004_20130325181426.jpg

奈良県もやっぱり春なのかも?

0005_20130325181450.jpg
葡萄坂はもう桜満開でした。

0006_20130325181450.jpg
クライマーでもやって来ないかな?と思ってしばらくねばりましたが誰も現れず。
桜吹雪の頃にもう一度来たいなぁ。

0007_20130325181449.jpg
とにかく今は全身の贅肉を落としたいので、体全体を色々な方向から鍛える方向で考えています。
ヒルクライムに加えて筋トレとかランとかスイムとか。
おかげでお腹周りの浮き輪はかなり削れてきた感じなんですが、お尻のぷよぷよがまったく削れません。この部分に相当な重量が集中している気がするのですが、どうすれば効率的にお尻を鍛えることができるんでしょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

先日のダンシングで作った右手の平のマメがまだ完治しません。
痛くて自転車に乗れないので今日は久しぶりにランでした。

0003_20130323211338.jpg

自宅から日本橋まで走って行って「ヤマノススメ」原作でも買ってくるかと思って出発したんです。
片道10km弱くらい。ゆるゆるジョグペースで順調に日本橋には到着したんですが、なにぶんランなので服装がスキンズのコンプレッションタイツにハーフパンツ、蛍光グリーンのカステリウィンドブレーカーにドイターのバックパックというエセトレイルランナーファッションでした。

いやあはははは。
よく考えればこの服装でとらのあなに突撃とか場違いすぎて無理ゲーもいいとこだった(;´Д`)

というわけで日本橋をスルーして難波のアサヒ屋に目的地を変更したものの、ヤマノススメ原作とかいうコアな品物は発見できず手ぶらで帰宅しました。
なんたる無駄行動。
けれどTPOって大切ですし、やはり日本橋にはケミカルウォッシュジーンズで颯爽と乗りこまなければ(そんな人いません

帰宅してからは息子をつれて近所の公園へ。なにも自転車写真ばかり撮っているわけではありません。

0000_20130323211339.jpg


0001_20130323211339.jpg


0002_20130323211338.jpg

さて、つい先日おさまったはずなのに、またもやカメラレンズ的な物欲に悩んでいます。
手持ちのEF50mm F1.8よりも広角域を撮影できる明るめ安めレンズが欲しいのです。いやもちろん明るめ高めのレンズは欲しいですが先立つものが無さ過ぎます。
候補は以下のとおり。

CANON EF24mm F2.8
CANON EF28mm F2.8
CANON EF30mm F2
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF](model A16)
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] (Model B005)

上のほう三つはキャノン純正の単焦点。それにシグマの単焦点とタムロンは広角ズーム。
シグマの24mmで3万円台後半、タムロンのB005で3万円くらい。他のはだいたい2万円台の品々ですが、さてどうしたものか。
コスパ的にはサイドパーティ製になりそうですが、純粋に安いのはキャノン純正の古い単焦点三つ。

タムロンのズーム2種はAPS-C専用で、それ以外はフルサイズ対応。これがまた悩ましい。
広角域の安いレンズが欲しいのですが、30mmをEOS40DのようなAPS-C機で使用すると48mm相当になってしまうので、これでは広角と言うより標準レンズです。24mmを使ってようやく38mmちょいの中途半端な画角。標準レンズは欲しいですが、今回はそれよりも広角が欲しいんですよ。
では17mmとか18mmの単焦点が・・・となると、これはやたら高価だったり、そもそもほとんど物がなかったりします。

じゃあいっそのこと、そのままの画角で使えるフルサイズ機をポチっとな!とか考えて調べてみるとEOS5D無印の中古が5万円くらいで売ってたり。さらには超高級プロ仕様機であるEOS1D無印の中古も6万円ほどだったり。
うは!安いけどどうすんべ?とか言ってる場合じゃないですよ。これ以上ボディを重くしてどうする。
画質的には単焦点のほうが良いんでしょうが、画角的にはズームを選択せざるを得ない。
う~ん、悩ましい。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑まったく自転車ネタではありませんが、ポチっとお願いします。

この一週間、花粉症と口内炎のせいで半死半生だったわけですが、この度わたくし華麗に復活を果たしました!
いや、華麗かどうかはわかりませんが、どうやら口内炎は完治したようです。

ぜんぜん治らないので「もしや舌癌かよ、おい」とか思ってビビったりしていたのですが大丈夫だったようです。
たまたま舌癌の記事を読んでしまったからなんですけど、タイミングって怖いですわ。

さて、この一週間さぼりにさぼったツケを返上すべく、十三峠へ行ってまいりました。
天気はいいし休みは十分だし、こいつは記録更新チャンスだぜ!という感じで気合十分にTTしたわけですが果たして結果はいかに?!

いや、まぁ、そんなに煽る必要もなく平凡な結果に終わっています。
20分10秒ということで、おいおい20分オーバーかよ。中華カーボン効果はどこ行ったの?という感じ。

結局ですね、機材効果よりも一週間のサボリのツケのほうが大きかったという当たり前の事実が立ちはだかっただけですね。
個人的な感覚なんですが、週に2回ヒルクライムすればジワジワと記録は向上しますが、週一のヒルクライムだと記録維持が精一杯だと思います。
もちろん10代、20代とかなら週一でもどんどん記録は向上するんでしょうが、こちとら切なきアラフォーでござんすよ。
それでもアラフィフや還暦すぎの先輩よりは楽なはずなので贅沢は言えません。さぼったぶん努力するしかないのです。

というわけで不甲斐ない結果の罰として2本目はダンシング縛りで。
体重が65kgを切ったら十三峠オールダンシング縛りに挑戦しようと思っていたわけですが、ここは前倒しで挑戦です。
一本目を終えて大竹七丁目まで下ってくると、ちょうど二人組みのローディーが十三峠へ向かったので後を追うように出発しました。

全線ダンシングなので基本は休むダンシングです。使う筋肉はハムストリングスですが、筋肉を使って登るというより体重だけを利用して登る感覚です。
このところダンシングを多用した結果わかってきたのですが、休むダンシングを実行するにはギアの選択と一定ケイデンスの維持が非常に重要なんですね。重すぎると脚がへばってしまいますし、軽すぎると心肺に負荷がかかります。心地よい負荷とケイデンスを維持することができれば筋肉疲労は最小限に、心肺機能はむしろ回復するような感じでヒルクライムすることが可能です。

平地をのんびりダンシングで進むのなら一時間だってダンシング縛りで行けそうじゃないですか。その感覚を峠で実行するだけです。
ただし僕の体重と筋力、十三峠の斜度を考慮するに、おそらくは34×28Tのいわゆる乙女ギアーでないと休むダンシングを持続することはできません(;´Д`)

で、今回の二本目はTTを意識せずに、とにかくオールダンシングで十三峠を乗り切ることに集中しました。緩斜面でも無理な加速はせずに体重と釣り合うようなギアを選択してのんびりとした加速にとどめます。急斜面では間髪入れずにインナーローを選択。
とにかく無理をしない事に勤めた結果ですが、なんと十三峠オールダンシングに成功致しました!

おめでとー自分。
これで苦手なダンシングと少しはお近づきになれた気がします。
途中で珍しく先行する二人組みを追い抜いたりしたんですが、それでも息はぜんぜん乱れませんでした。ハムストリングスはそれなりに疲労してしまいましたが、心肺機能は落ち着いたものです。
さすがは休むダンシング。ちゃんと休みながらヒルクライムできました。
これで大台ケ原の急斜面直登も怖くないよッ!
(いや、でもあそこの斜度って十三峠よりキツイから28Tで追いつくかどうか・・・)

ただし2本目のタイムは24分24秒ということで、休んだぶんしっかり遅くなっていました。
休むダンシングでスピードアップとか、なかなか世の中そんなに都合よくは進みませんのね。
あと、2本目のダンシングのせいで手のひらに豆ができてしまいました。シッティングと比べるとハンドルの押し引きが相当強かったようです。上腕もかなりダルくなりましたし、ダンシングって休むためであっても上半身を酷使するようです。さいきんワンハンドローイングで背筋を鍛えていましたが、その効果もあってダンシングができるようになったのかもしれません。

001_20130319153030.jpg
今日の写真はスマホで。
コンデジも家に置いてきたほど気合十分だったのにこの結果ですか。

本日の走行距離 33.2km
獲得標高    800m


帰り道、信号待ちで小学生男子の集団に囲まれました。
「うわっ! タイヤほっそー!」とか言いながら停止線に全員で並んできます。
どうやらスプリント勝負したいみたいだったので、青信号と同時に「負けてなるものか!」と思い本気ダッシュ(ぉぃ
「はやッ!」「原付やん!」という声を背に受けながら気持ちよく帰宅しました。我ながら大人気ない。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。