上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかん。完全に練習日記をさぼってしまっている。
忘却の海の藻屑と消える前に、覚えている限りを書き出しておこう。


22日 OHC大正池ライド
    すいませんが余裕がないのでライドレポートはパスします(;´Д`)

23日 朝固定ローラー25分回復走

24日 金剛山練 グリーンロードTT~金剛RWTT~金剛トンネル~ヤムヤム~水越峠奈良側TT
   金剛エリアは富士ヒル対策に最適っぽいが、ライドレポートを書く余裕がやっぱりない。

25日 脚パン休脚日

26日 お尻がかぶれ気味なので朝ラン10km 5分40秒/km

27日 ムヒのおかげで治った。朝固定ローラー50分
   ランサーさんが味方になるとか驚いた。ダンまちのほうは惰性で最後まで見るパターンか。
   今シーズん初の帰宅ラン10km 疲労がたまってペース上がらず。6分25秒/km

28日 朝十三峠TT一本 
   十三峠では無視していたケイデンスを上げて登ってみるテスト。
   向かい風、ボラゾウを履いて結果は19分07秒
   疲労のたまり具合からすると、意外に悪くない?
   頂上で久しぶりにチョップさんと遭遇。

29日 半年前から予定していた地元の友達との山上ヶ岳登山訓練。
    約15kgのザックを背負って登ったが、山頂付近が霧雨だったこともあり、寒さのせいで消費カロリーは大きいはず。

けっこう真面目に練習していることもあり、ブログが滞っている。
そして久しぶりに書いてみたらネタのかけらも入っておらんという始末。
キャパ少ないのう(;´Д`)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑気が向いたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト

今日は仕事なんかしてる場合ではない1日だった。
絶好のサイクリング日和。
北摂ではOHC走行会が盛況だったようだし、それにも増して、メンバー2人が華々しい結果を残したことに興奮せずにおられない。

おめでとうおめでとう!

れすとまんさんの六甲山逆瀬川TT39分34秒という記録。
K野さんのベックオンカップC2優勝(逃げで!)

しかも二人とも恐ろしいことに、フレーム、ホイールともにべつに高級品でもなんでもない。いわゆるエントリー~ミドルグレードだ。
これでハイエンド機材を導入したらどうなってしまうのか?自分のことでもないのに期待してワクワクしてしまう。

例えばれすとまんさんにはエモンダの最上級グレードとライトウェイトホイールを。K野さんにはS-WorksVengeとZIPP様をぜひとも使ってもらいたい。


使ってもらいたいと思うだけで、機材供給する甲斐性なんかございませんが\(^o^)/


二人とも、はよハイエンドフレームとホイール買うときや!





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





今日は金剛責めをしてきた!
金剛責めというのは何かというと、要するにこういうことだ。



kongou_20150424192331dd4.png


金剛姉さまを各ルートから攻略スルネー!という話。


疲れたのですいませんがSTRAVAだけはっておきます(;´Д`)





見てのとおりですが、
金剛姉さまは攻略できませんでしたとも!(´;ω;`)ブワッ




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



昨日のOHC平日ライドについて、一人反省会を開催する。



走行会自体はたいへん楽しいものであったが、それだけではいかん。
このままでは富士ヒルも惨敗に違いないという現状を認識し、対策をたてるべきだ。



問題の多くは大正池に集約される。

まずは昨日の状態について。
天候も体調も良かった。
機材はいつものチェントウノ。ホイールはボラゾウなのでヒルクライム決戦仕様とまではいかないが、交換タイヤなしの準決戦仕様で挑んだ。

目標はK野さん(大正池18分台の豪傑)に牽いてもらってではあるが、20分を切ること。
これまでの自己ベストは20分48秒。正直、つき位置ならば目標は達成できると思っていた。

事前のアップは清滝峠で十分。アップなので無理な踏み込みは一切せず、それでも11分30秒を切ったので期待十分だった。

そしていざ大正池スタート直後、K野さんがいい勢いで飛び出していく。が、ここで遅れては話にならんのですぐに後ろに貼り付いた。
事と次第では最初から千切られる可能性もあったから、まずはひと安心。
が、つき位置とは言っても予想ほど甘くはなかった。
緩斜面(おそらく斜度2%くらいまで)なら十分に温存できるが3%超で明らかに辛い。いくら緩斜面多めな大正池の前半でもこれはまずい。

スタートから5分経過。やはり斜度の上がる区間で徐々に離されはじめた。平坦区間で追い付くものの、それは温存すべき平坦で脚を使っているという状態でもある。このままでは最期まで持たん。
K野さんからは「貯金できてますよ!」との声がかかるが、いつその貯金を食い潰すことになるか。

ボロ小屋のある中間地点付近。ここを9分で通過すれば20分切りも固いという話だが、30秒ほど遅れているのか?
あいかわらず坂で遅れ、平地で追い付く展開。これではTTというよりもインターバルアタックだ。ソロTTよりも数段消耗が早い。
去年出場した富士チャレの展開が思い起こされる。あの時も登りで遅れ、下りで取り返すインターバルだった。
結局、速い人と走るとこういう展開しかないんやな。あいかわらず僕は登りに弱い。

後半、登りでの遅れが徐々に広がっていく。5mも離れればドラフティングの効果などまったく見込めない。
K野さんが時折後ろをチラ見してペースを調整してくれる。
あー、くそー、はりつきたいけど追い付けん(´;ω;`)ブワッ

そしていよいよ最後の急坂区間。たまらずフロントギアをインナーに落とすとK野さんの後ろ姿が一瞬で遠ざかった。
絶対速度が低下するのでこの先は後ろにはりついてもドラフティング効果は見込めない。

僕はすでに虫の息。ここまでインターバルかかりまくり状態を耐えてきた結果、脚つきさせてください!というスピードしか出ない。
それでも牽いてもらった以上、最後まで手を抜くわけにはいかん。
最終、下ハンを持って申し訳程度のラストスパート。
山頂を越えてすぐ道端にへたりこんだ。

結果 20分38秒

自己ベストを10秒短縮できたが、目標は未達。情けない結果だが、それ以上に得るものが多かった峠アタックだ。

ヒルクライムレースに出た場合、おそらく周囲の人と僕のペースはまったく違うはず。集団内で脚をためるとか、そういう手を使いたいなら登りに弱すぎる。まだまだ登りに特化した練習が必要だ。
仮に集団のペースを無視してマイペースを守り通す戦略をとるなら、パワーメーターなり心拍計なり、なにか目安になるものが必須だ。それなしではおそらく、周囲のペースに引きずられて自滅するしかない。

本番まで残り2ヶ月を切ったが、まずは登り練習をもっともっと。
そして最悪の場合に備え、パワーメーターは無理でも心拍計は用意する。

それと、今さらだがダイエット。現状、67~68kgある体重をなんとかあと2kg落としてみよう。もちろんこれはパワーを落とさずにであるから、無理な食事制限なんかはなしで。
間食と缶コーヒーをなくし、食事を腹八分目にする。あとは消費カロリーを増やす。

とにかくこれで残り期間やってみよう。
ちなみに仕事峠には目処がつきました。これは目出度い!

ライドレポートはまたこんど(;´д`)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



昨日は降るのか降らんのかよくわからん天気でしたな。
O.H.C.走行会も天気に振り回されたようで、朝から連絡事項がとびかって慌しい感じ。

僕は平常どおり出勤でしたけどな!(´;ω;`)ブワッ


平常どおりに練習日記


18日 土曜日 休脚日

19日 日曜日
朝 固定ローラー練 25分
負荷よりも回転を重視でいく。低負荷なのでWUとか考慮せずに70rpmから入って、5分経過で90rpmになるくらい。あとは徐々に上げていって最終100rpmくらいまで。
「例の紐」で話題騒然なダンまちを見ながらだが、ヘスティアさまはヒロインというよりもお母さん的な立ち位置なんですな。タイトルで損をしているという意見には全面的に賛成。例の紐という話題がなければ、僕もタイトルでスルー確定だった。


例の紐(間違い)



夜 固定ローラー練 25分
「例の紐」にうつつを抜かしている場合ではなかった。Fate/stay night UBWの3話がきておるのだ。
というわけでドキドキしながらローラーを回し始めると、死亡フラグのたったまま一週間放置されていたイリヤさんが予想どおり呆気なく逝ってしまった。なんという救いのなさ。
メニューはやはり負荷より回転重視。最後の3分ほどは110rpmから130rpmまで上げていった。徐々に休憩の必要がなくなっている感じ。

やはり調子は間違いなく上がってきている。




これも間違い




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。