上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は信貴山三郷ルートで初TTをしてきた。
わりと近場なコースなわりに、今までTTをしたことがなかったのだが、満を侍しての挑戦である。

いつもより少し遅め、自宅を5時30分頃に出て、まずは十三峠でウォーミングアップ。
前半はじわりと入り、後半でMaxHRを170まで上げていく計画だ。

が、なかなか思うように調子が上がらない。
通常、前半でも九十九折れに入るとMaxHRは168bpmあたりに上昇するのだが、これが160bpmあたりで止まってしまっている。
もしかして調子が悪いのか?と思いつつ、まだ前半なので淡々と登っていく。
中間ヘアピンあたりで4人ほどのグループをパス。毎週日曜の朝に見かける人達だ。

パスしてしばらくすると背後に追走の気配。
追走されると逃げたくなるので、ここからペースを上げる。
水呑ヘアピンで後方を確認すると振り切ったようだったが、せっかくなのでそのままのペースで頂上までいってみる。
ゴール直前でMTBの人がいたのできっちりラストスパートまで入れたがパスしきれず。
タイムは18分55秒。
MaxHRは176bpmまで上昇したから調子が悪いわけではないが、TT前にこれはやりすぎた感じがする。
脚も削れてるし、僕の体はデリケートやねん。

MTBの方はこのブログを見てくれているようで有難い。
もうけっこうな期間、十三峠に通っているが、こうやって声をかけられることはまずない。普段、平日の6時前にしか出没せんからやなぁ。

さて、2本目が本番TTの予定であったが、ウォーミングアップでデリケートな体にダメージが出てしまったので、ここは別の方法を検討する。
この日は日曜だが珍しく仕事が休みで、家族サービスはあるが午前9時までに帰宅すればよろしい。

ならばあそこに行くか。
信貴山三郷ルート。
今までなぜかTTをしたことがないルートだが、そろそろ結果を出しておかねばならんだろう。
10分少々のコースだから十三峠を登るより楽なはずだし、さいきん信貴山系全ルート平均くん撃破というのが流行っているようなので、その流れに乗っておかねばなるまい。
ちなみに青谷ルートも平均くんに負けているが、あそこは激坂なのでサラ脚でないと返り討ちにあう。

裏十三峠からフラワーロードを信貴山方面へ、TT前なので回復がてらたらたら下っていく。
すると途中で猛烈な勢いで十三峠方面へむかうローディとスライド。
大柄、というわけではないのに、一目見てそれとわかるいかつい体躯。
つるみんさんやな!
と、思ったが、Uターンして追走なんかしたらTT前に死亡してしまうのが目に見えているので、ここは残念ながら見送り。
SタマなのかSルーべなのか、乗っておられるバイクを穴のあくほど見物したかったが、ここは次回の楽しみということで。

ではいよいよ三郷ルートである。

コース名  信貴山(三郷ルート)
標高差   223m
距離    3.3km
平均斜度 6.8%
最大斜度 14.0%
スタート位置 三郷駅西交差点
ゴール位置 竹林寺看板前

以上のようなスペックで、12%を越える激坂から、テクニカルな平坦下り部分まで、その距離のわりには変化に富んだルートだ。
交通量は少なく走りやすい。スタート地点が三郷ということでそこまでのルートが面倒であるが、コース自体の魅力は信貴山系でも随一なんではないかと思う。

スタートしてまずは直線の登り。斜度は6~8%あたりか。短いコースなので抑えすぎないように極力上げていく。
ややわかりにくい交差点を左右へクランクし、奈良学園大学前へむかってゆるいコーナーを抜ける。
ここから斜度アップ。最大で12%を越える区間。
大学前は2分46秒。
ギアをインナーローに落とし、回転を維持していこう。
コースの中盤は木々に囲まれた狭い連続コーナー。斜度はぐっと落ち着き、平坦や短い下りも現れる。
スピードの稼ぎどころだが、コーナーのRが短いし、路面も荒れ気味なのでほどほどのペースで。ほどほどにしかスピードを出せないので、いっそのことここは割り切って回復区間としてもいいかもしれない。

青谷からの二車線ルートと合流すれば終盤だ。
路面状況が一気によくなり、ラストスパートの準備をするべきである。
合流地点からは短い下り。スパートにむけてスピードを一気に上げるべき。
フロントをアウターにチェンジし、ダンシングを

・・・とか思ったらチェーン落ちしたw

くっそw
こんな短いコースでチェーン落ちとかあり得んわw

気合がごっそり抜け落ちて、ゴールタイムは12分11秒。
あれ?
でも、チェーン落ちしたわりにそこまで悪くないんか。

これは、やりなおしやな!

というわけで2本目である。
走り方自体は1本目とまったく同じ。
大学前2分48秒。さすがに少し垂れているが決定的ではない。
ここからしかし心拍がまったく上がらない。TT中なのに140bpmとか、おいおい、もうちょっとがんばらんかい。
合流地点のタイムは1本目があれだったので取っていない。
心拍は上がらんが、気合いだけはMaxに上げてラストスパート。
最終11分36秒。

関西ヒルクライムTTの結果はこのように。

sangou.jpg



うーん、定位置(;´д`)

周囲が知ったメンツばかりなので、出走前にある程度の結果予測はできてしまうのだが、今回もまったくそのとおり。

さいきんのみんなの実力からして、コンソメさん、ヨシさん、しんいちさん、このあたりの中に飛び込むことになるかと思ったら、そのままやった。
※サボりヒガシさんは参考になりませんw

これがしんいちさん、novさんの記録を越えてたら嬉しいんやけどなぁ。
1本目でそのままゴールできてたら?
それでも10分台はさすがに難しいか。カメさんはさいきんホイール換えたし、もう手がつけられん速さやな(;´д`)

ザク家の記録はまだ富士ヒル後に本気出してないんかな?
ホームコースやし、二人とも10分台にきそうな雰囲気がプンプンしてるけど。

まあ、しかし5月の風邪以後の調整としては順調である。この調子でどんどん上げていこう。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





スポンサーサイト

前回、多武峰ヒルクライムの報告をしたわけであるが、ちょっとあんさん待ちなはれ。
メインディッシュは高取城戦国ヒルクライムの試走のほうではなかったのか?

高取試走の結果はどうやったねん?
公開もできんほど惨憺たる結果やったんか。
憐れやのうw
かわいそうやのうw

・・・とか、ほっていてくれwww






まあ、とにかく結果報告といきます。


takatori.jpg

stravaの結果が23分01秒。
昨年度の本番の公式リザルトと照らし合わせるに、stravaの高取城戦国ヒルクライム(2012)セグメントが本番の競技区間とほぼ一致するようですな。

strava結果の10位と11位のあいだの妙な空白が嫌がらせのように見えるが、なんとあの強豪イケメンnovさんに8秒差まで迫ってるで!
ヤッターヽ(・∀・)ノ

・・・とか思ったら、novさんの計測についてはスタート地点で1分ほどうろうろしてるロスタイムがあるらしい。
確かに他の競技者はstravaと公式リザルトの差がほぼ数秒なのに、novさんだけ1分ほど差異が出ている。

ということは




ぬかよろこびやないか(´;ω;`)ブワッ




ちなみに2014年の出走者は115人で、23分01秒といえば、115人中の33位である。
なんともまあ、微妙な位置よのう。

ちなみにこのstrava記録についてさらに言及すれば、9位がぜんぜん本気出してないサイクリングペースのK野プロ。8位は知らん人で、7位がついこないだヒルクライムをはじめたスーパートレーニングマシーン近江屋さん。

ムキーッ!
僕の立場というものがあらへんやないか!(そんなものはもともとないw


しかしこれに悲観してはいかんのやで。

僕もまだまだ実は調整中やもんねー。
目標体重の62kgに対して、まだ66kgまでにしか絞れてないもんねー。
9月になったら、9月になったらなー、あと1分くらいちょちょいのちょいで・・・

おのれ、このままで済むと思うなよ(´;ω;`)ブワッ





※ 高取城戦国ヒルクライムの本番は8月で、僕の出走はありません。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


昨日、O.H.C.平日走行会で高取試走に行ってきた。

そしてそのお昼過ぎ。
多武峰ヒルクライムにて、同行のヤス吉会長と計測区間の確認。


strava区間は関西ヒルクライムTTの計測区間とちょっとずれてるっぽいで。
スタートはいいとして、ゴールは50mほど追加でスパートしとくかw


では出発!
しんどいしんどい!
そしてゴール!

うはw ザク家に負けてるw

でもまだここからや!
追加スパート発動!
OK!



では結果発表!


tounomine.jpg


ヤッター!
KOMやんかー!
ヒルクライム区間でKOM初ゲットや!!


そして関西ヒルクライムTTは。

tounomine2.jpg


あ、なんか速い人が増えてるw



とりあえず引き続きダイエットがんばります。


しかしstravaのセグメントってよくわからんなぁ。
多武峰はこのセグメント以外にも幾つかあるけど、表示されたり表示されんかったりで困るわ。
ちなみにこの多武峰のKOMセグメントはたまにしか表示されんので、たぶん大多数にスルーされてますんやで。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



リアルアスリートの皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。
体調は万全ですか?
栄養はしっかり摂取しておられますか?
運動のあとにプロテインを飲んで安心しておられませんか?



BCAAもプロテインも飲んでるのに、体調の回復がいまいちやねん。
オーバートレーニングなんかなぁ?


・・・などと、たいしたトレーニングもしてないのに悩んでおられませんでしょうか。






もし悩んでおられるのでしたら、



あんさん、それはスポーツ貧血というやつかもしれませんで!





筋肉痛でもないのに全身がどうもだるい。
力がみなぎらん。
すぐに心肺機能がアップアップになる。
これは全身に酸素を運搬するべき血液に問題が生じている可能性を疑うべきであります。
プロフェッショナルの世界では自己輸血などという手段もあり得るわけですし、血液をあなどってはならんのです。



で、僕は実際ひたすら調子が上がらんかったので、さいきん血液重視の食生活に改善を試みてみたわけですな。


結果





絶好調(ドヤァ






体重は落ちるわ、パワーは上がるわ、力もみなぎってくるわ、ええことだらけ。
昨日なんか十三峠で初の50T×19T縛りに成功。
さらにその直後、裏十三峠で自己ベストを更新しとります。
このぶんやと十三峠で17分を切るのももはや必然



さて、血液を構成する栄養素で重要なものは、皆さんご存知の鉄分というやつですな。
ドラッグストアに行くと、鉄サプリコーナーがあったりします。
ヘム鉄やの葉酸やのいろいろありますが、僕が片手間に調べた上でおすすめするのはそんなものよりもですな、



煮干!
煮干最高!
煮干おいしいよ!


あと、レーズンも!
食パンにスライスチーズとレーズンをはさんでもぐもぐすると朝食に最適!
たんぱく質も取れるし、エネルギー燃焼に必要不可欠な炭水化物もとれてしまう。
ザ・パーフェクト・ブレックファースト!


というわけで毎朝、煮干をぼりぼりかじりながら、レーズンサンドをもぐもぐしております。
どうも体調が優れん、という方には一度試してみることをおススメします。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





タバタプロトコル。

20秒の高強度練と10秒のレストを8回繰り返すだけの短時間メニューであるが、その効果の高さとあまりの厳しさで一躍有名となったトレーニングメニューである。

このプロトコルを週に2回でも継続することができれば、無酸素、有酸素能力の両方が飛躍的に向上するのだ。

が、常人では継続できない。
なんでかというと、やはり厳しいメニューだからだ。

高強度というのはフルパワーの90%が目安と言われるが、90%という調整は難しいので「どうせ調整できんのだから、8セットぜんぶフルパワーでやったらええねん」ということになり、8セットぜんぶを100%でやってしまうこととなる。

その結果、のたうちまわるような苦しさを味わうこととなり、「もうしばらくタバタはええわw」という結果を引き起こすのだ。

しかしトレーニングは継続できてこそなんぼのもの。

ポイントはやはり「全力の90%」というところにある。
わからんから全力で、というのは危険だ。
難しいなりにも90%を目指すことにより、若干の余裕が生まれ、トレーニングを継続することが可能になる。

あえて言おう。
僕はタバタのコツをつかんだね(ドヤァ


それはつまり






ちょっと手を抜いたらええねん!







いやほら、物を投げたらアカンと思うよ?




というわけで、今朝のローラー



見事に8セット完走させたった!

そしてポイントとなるのは後半、高強度域でも速度が35km/hを割っている。
これは少し手を抜いた結果である。
これは正直楽だ。
むっちゃ楽とは言わんが、またやってもええかな?と思うくらいの余裕が生まれる。

35km/hといえばミノウラのパワー換算表の負荷Hで363Wである。
8セットぜんぶ400W上を目指すで!という当初の目標からすればもの足りんが、継続できん高い目標よりも、現実的に継続可能な限界パワーを目指すべきではないか。


いや違うってw
ヘタレた言い訳をしてるんやなくて、計画的にヘタレてるんやてw



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。