上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、いよいよゴールデンウィークであります!
なんでしたっけ?
今年は7連休でしたっけ?
皆様、思いっきり走り回る準備はできていますか?( ^ω^)







僕はねぇ、申し訳ないですが7ではないんです。

大きな声では言えませんが9

あ、言ってしもたw


まあ、ええか。
ではあらためて。









9連勤じゃボケぇぇぇ!( ; ゜Д゜)









というわけで、ゴールデンウィークは全出勤ですよ。
みなさん存分にグループライドを楽しんでくださいね!( ゚д゚)、ペッ




でも9連勤すると言うことはですよ?
ゴールデンウィーク明けが僕にとっての真のゴールデンウィークなわけであります!

いや、べつに7連休なんかありませんが。

それでも貴重な2連休が発生しそうです。普段は僕って連休のない人ですから。





そこで、です!
このたいへん貴重な真のゴールデンウィーク、いや、むしろプラチナウィークをどうするべきか?が大問題なのであります。

乗鞍遠征できるよな?とかw


乗鞍スカイライン、自家用車は通れないけど自転車は通れます。すげぇ!



スバルライン試走も行けちゃうよな?とかw




富士山カレーとか、あるんでしたっけ?(^q^)



いや、乗鞍も富士ヒルもエントリーしとりませんが。

いやいや、待てよ。
車載を駆使したら渋峠も行けるんちゃうの?


くねくねw



そう思って今Googleマップで場所を確認したら無理だということがわかりました。
渋峠遠すぎるわ(´・ω・`)




いや、待てよ・・・




遺恨のヤビツリベンジ、か。





うん、それもある。



あとは七葛とか、十四信生とか。
淡々と東京を目指してもいいかも知れんし。

久しぶりの登山の可能性も考えたら、西穂とか白山も行きたいな。5月の3,000m級って無理なんか。


とりあえず、いろいろ候補を上げて悩んでみようと思います。
連休が嫁様とかぶったら家族サービスですけどね(´・ω・`)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



スポンサーサイト



昨日は高野山へ行ってきました。
ちょっと前まで伊吹山ヒルクライム対策で盛り上がっていたコースですし、僕もそれに乗っかってみるかと。
いや、伊吹山は出ませんでしたし、もう終わっちゃってますが。

高野山ヒルクライムTTは約1年半ぶりで、先に結果からいくと自己ベスト更新でした。

2014/09/27 00:53:23
2016/04/26 00:51:32(ラストの下りで若干の渋滞あり)

前回と比べると111秒の短縮ですが、終盤の道路工事が完成したというコースの違いがあるので、実際はそこまで速くなっていません。ちなみに渋滞がなくても51分は切れていないと思います。

一年半かかってこんなもんか。
くそ~、ぜんぜんあかんな(;´Д`)


速くなる人はこれくらいの短縮を三か月程度でやってしまいます。
そこを僕は一年半。
いや、元々成長はめっちゃ遅いですが。
平均くん突破に3年ほどもかかっていますが。

こんなことやからDJTPとか、平均くんの次の目標にされるんやなぁ。
のろのろ成長するタイムが、ターゲットにちょうどいいんですな。
なんかさいきんは勝尾寺でもきゃべつKさんに狙われているようですし、




クッソ~、てめえらみんな






オレの屍を越えて行きやがれ!(((( ;゚Д゚)))







これでも必死こいて逃げてまんねん。
簡単に追い越せると思うなよ( ゚д゚)、ペッ

そもそも周囲のみんなの速くなり方がおかしいのです。
つるみんさん、やまじゅんさんの高野山47分15秒って、僕の中でレジェンド級のヒルクライマーである河合さん、凡天さんより速いやないですか。
masabowさんの49分台もいかつい!ちょしさんカメさん(去年の記録やけど)より速いしなぁ。masabowさん、ほんまにルーラーなん?
いや、ルーラーは痩せればヒルクライムもいけるという見本なん?

そのmasabowさんを伊吹山で余裕で引き千切ったちょしさんもやばいわ。今走ったらどんな記録を出すことか( ; ゜Д゜)

やばいと言えば、今一番やばいのがスシエボREDに乗り換えたザク家の嫁であるきゃのんさん(富士ヒル表彰台ゲッター)ですな。いよいよ僕も「きゃーん」と言わされそうです。



アルミのくそ重いシナプスで出された記録と比べても、たったの2分くらいしか差がないんですがw




ところで昨日は前後レーシングゼロナイトでのライドだったのですが、セカンドインプレ的なことを書いておきます。



レーシングゼロナイトでも、やはり無茶な踏み方をしなければ脚は売り切れません。
十三峠でガチ踏みすると10分で売り切れますが、一時間弱もかかる高野山ではそもそもそんな踏み方は絶対にしないのでレーゼロナイトが牙をむくこともありませんでした。下りの超絶安心感と相まって、やはりいいホイールです。

ここまで1,000km近く乗りましたが、専用ブレーキシューの減りがアホほど早いというのは本当です。ブレーキシュー代はバカになりません。しかしそれを補って余りあるストッピングパワー。ブレーキシュー代で命が買えるなら安いもんです。

平地性能もほどほどにいい感じです。
BORAONE35に比べるとさすがに劣る感じはしますが、そんな大きな差ではなさそうです。
巡航速度で1km/h変わるか変わらんかくらいかな?
でも平地で気持ちいいのは間違いなくBORAONE35のほう。あれはひゅんひゅん回って気持ちいいのです。
下りでいいのはレーゼロナイトが圧倒的ですが。

登りはどうなんでしょうなぁ。
BORAONE35もレーゼロナイトもそんなに違いがないような気がします。

アップダウンのあるレースで使用する場合にどっちがいいかと言うと、下りの差でレーゼロナイトかもしれません。
高野山ダウンヒルは気持ちよすぎて脳汁あふれそうでしたよ。



暑くなってきたら金剛山周回より高野山往復練のほうがいいかもしれませんな。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





昨日は雨上がりのFRAT練でした。
奈良側では濃霧と雨でかなりの悪天候でしたが、参加者は予想どおりに多かったですね。
参加していただいた皆様、お疲れさまでした。

悪天候にもかかわらず、何故に参加者が多かったかと言うと・・・






裸族れすとまんさんvs鳥人トリカイさん






このO.H.C.頂上対決を十三峠で見物するために決まっております!

足つきなしで登りきれば初心者卒業、25分を切れば一人前、23分切りでなかなかの速さ、坂バカの平均タイムである平均くんが20分30秒とか。

巷で言われる十三峠の難易度は上記のようになっていますが、この二人であれば14分、いや、事と次第によれば13分台の戦いになるはずです。

このスーパーハイレベルな戦いを生で見物できるのなら、万難を排してでも現地に馳せ参ずるべき!

そう思った坂バカどもが大集合したのです。









二人ともDNSやったけどな!\(^o^)/










トリカイさんはスタート地点である和歌山の雨が上がらず、れすとまんさんも仕事の段取りがつかなかったとのこと。
残念すぎますが、これは仕方ありません。


見物に集まったメンバーもこれには大落胆・・・




してませんがな!( ; ゜Д゜)





いや、もうバレバレですが、実際のところはなんでこうなったのかよくわかりませんが、「おやじ転車さん、ザク豆腐さん、僕」のガチ対決があるということで、それを見物しに朝も早くから小雨降るなか大人数が集まったのです。



ほんまにもう、野次馬根性もたいがいにしときや!( ; ゜Д゜)





おかげでこの日の写真はなしです。
ガチ登りにミラーレスとか背負って行けませんし。

だいたい煽りに煽った張本人のれすとまんさんが来んとは、どういうことやねん!
これは近いうちに必ず頂上対決を実現してもらわんといけませんな。





さて、実際の対決については、ザクさん、おやじ転車さんが詳しく書かれると思います。

いや、つーか、今回は対決らしい対決にならんかったな、というのが正直なところです。
おやじ転車さんが強すぎたのと、ザクさんにはコンディションが悪すぎました。
スタート直後からおやじ転車さんが「ほうるあぁぁぁぁ!」と、かっ飛んで行き、僕もあかんあかんと思いながらも釣られて若干のオーバーペースで前半戦へ突入、ザクさんはマイペースと、序盤からして3人が3人とも一人旅になってしまったので、なんか結局いつもどおりのヒルクライムTTでした。

唯一、違ったのは終盤の大声援です。
水呑を過ぎてへたれた僕を、暗峠マスターの安々さんが並走して励ましてくれました。
府民の森ゲートでもmasabowさんと、FRAT練初参加のつるナイナー(どこが初参加w)さんが。
もちろん頂上駐車場からもたくさんの声援をいただきました。

ほんにもう、野次馬様様です!(´;ω;`)ブワッ

結果については18分19秒と凡記録でしたが、朝一という時間帯を考慮すれば、僕としては悪くありません。
あと一歩で16分台というところまで詰めたおやじ転車さんが強かったのです。

できることならもっと競り合って、17分切り達成の助けとなれればよかったのですが、今回に関しては地力が違いすぎたというのが正直なところです。

金剛山や和泉葛城では記録が逆転していますが、あちらは僕の好きなアップダウンのあるコースです。これは少々登りの実力が低くても誤魔化せてしまうコースなのですね。

逆に十三峠のように純粋なヒルクライムコースでは、登りの力の差がそのまま出てしまいます。

つまり、





トプローよ、お前は弱いッ!( ; ゜Д゜)









(|| ゜Д゜)ガーン









いや、そんなん知ってるけどさ。

でも、あらためて思い知らされました。
この登りの弱さを克服するには、もっと練習するしかないのです。


で、masabowさんが地味に17分切りを達成していたので、練習のコツを聞いてみたんですが、





秘密なんですと!(|| ゜Д゜)ガーン






むきぃぃぃ!
この半年で急激に速くなった、その秘密が知りたいッ!

僕の予想では確かな理論に裏付けられたポジショニングとパワトレがそのベースにあるのは間違いないと思うのですが。

やっぱりキノフィットとパワーメーターかのう?
ペダリングモニターの進化もあるし、そろそろパイコンとセットで導入するべきか?
それかやっぱりシマノの新型を待つべきか悩みどころですなぁ。

もうすぐko460さんにも追い越されそうやし、hiro@臨時漕会さんにも突き放されそうやし、ほんまになんとかせんとあきませんな( ; ゜Д゜)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







明日のFRAT練についてです。
参加者が非常に多くなりそうですので、いつも以上に周囲への配慮をお願いします。

集合は八尾市、水越東のセブンイレブン。
6時スタートです。6時集合ではありませんので気をつけてください。

セブンイレブン~大竹七丁目までは住宅街ですから時間帯を考慮し、静かに移動してください。

十三峠スタートはいつもどおり大竹七丁目でストップしません。すみやかに住宅街はスルーし、TT区間に入ります。
先に上のほうで待ちたい人は先行スタートが必要かと思います。

日曜早朝とは言え、十三峠を通勤自家用車が通過する可能性も十分です。安全には十分注意してください。

明日は僕もフラワーロード練まで参加可能ですので、しっかり遊びましょう。
十三峠一本で脱け殻になってると思いますが(・ω・)ノ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。





このご褒美がなかったら十三峠なんか絶対に登らんわ( ゚д゚)、ペッ



関西の自転車乗りのあいだでよく聞く言葉があります。
「暗峠で練習しても、暗峠でしか速くならんよ」
なるほど、平均20%の斜度の登りが速いからと言って10%の登りや、ましては平地が速くなったりはしないのでしょう。
筋肉の使い方や、そもそものポジションが違うので当然です。

上記の例は極端な話ですが、しかしこれはわりと普遍的な話でもあるのではないでしょうか。

つまり、




10%の登りが速くなりたければ、10%の登りを練習せんかい!





と言うことで、これを7%やら15%の登りで練習しても効率が悪いという話です。
雲ヶ畑には雲ヶ畑の、金剛RWには金剛RWの、高野山には高野山の踏み方というものがあり、これは当然十三峠にも当てはまります。

もちろん、ベーストレーニングがしっかりしていれば、どんな峠もある程度速く走ることは可能です。
ですがこれはその先の話。
現状精一杯の自己ベストから、あと10秒をなんとかしたいと言うような、切羽詰まった状態での話です。

例えば40分かかる和泉葛城蕎原ルートで練習を繰り返して1分速くなった場合、半分程度、20分で上りきることのできる十三峠で30秒の短縮が可能かと言うとさにあらず。
せいぜい20秒ほどしか速く走れんので、残りの10秒は十三峠で練習せんといかんのよ、と言うことです。

なかなかもっともらしい話ですね。
わかったのなら早速、実行に移しましょう。







んなこと言うても、十三峠恐いんじゃぁぁぁ!(´;ω;`)ブワッ









出ました!
これがホームコース恐怖症です。
何度も走り込みすぎた結果、十三峠でタイムを詰める苦しさがリアルに想像できてしまうので、ガチTTから逃げ出したくなってしまうのです。

逆瀬川でも蕎原でも大台ヶ原でもあんなに苦しくないのにッ!
暗峠大阪側でも足つきはするけど、あんなに苦しくないのにッ!

こう感じるようでは重症です。
重症ですが、いつまでも逃げているわけにはいかんのです。

心当たりのある方は、今一度ホームコースと向き合ってみましょう。
何か新しい発見があるかもしれません。

ちなみに僕は昨日、向き合ってみた結果。




やっぱり逆瀬川よりも蕎原よりも大台ヶ原よりもきっついわ!(´;ω;`)ブワッ





という結論に落ち着きました。
十三峠先生の、ほんに鬼より厳しいことよ(;´д`)



自己ベスト1秒短縮したけどなッ!( ; ゜Д゜)






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。







最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。