上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く書かないと! 書かないとネタが腐ってしまう!

僕の中に眠った物語は一秒ごとに変質し、発酵し、やがて融けていく。
濡れた角砂糖のように危うく脆い、刹那の運命なんだ。

いや、最大の危機はそこまで迫っている。
もはや書かないと、書き続けないと死んでしまうんだ。
そう、オートバイ小僧のように。排泄だって書きながらしてやるぜ!

ああ、これは失礼。
ちょっと取り乱してしまったようです。
これだから小説家ってやつは嫌ですね(誰が

いや、でもネタが腐りそうなのは本当なので、さっそく本題に行きましょう。
月曜日のことなんですが、梅雨の合間に葡萄坂へいってきました。
連日のローラー錬のせいか脚が重かったので回復走に出かけたのです。
けれど気がついたらヒルクライムコースのスタートに立っていたのは、最近オーストリアで流行の突発性ゾンコランシンドロームが発症したんです。余命半年とか(ry いつもの夢遊病みたいなものなのです。死んじゃうわけじゃないのでご安心を。

回復走とはいかないまでも、痛んだ脚をさらに痛みつけてはトレーニングも逆効果になってしまいます。なので、この日は最初からかなりペースを落としてスタートしました。
ストップウォッチは回していましたが、記録更新を狙おうなんて事は毛頭考えておりません。
軽いギアでクルクルと、頻繁に休むダンシングも織り交ぜて、けっこう本気で脚を回復させるつもりだったのです。

でも、そうやってスタートするとやっぱり中盤以降でも脚が残ってるんですね。

あれ? おかしいな?
脚が重かったはずなのに、いつもよりいけそうな感じですよ?

中盤の短いダウンヒルのあたり、明らかに全身が軽いのです。
葡萄坂みたいに短いコースでも、やっぱりペース配分が有効なのか。

ならば後半は限界まで! ・・・とは思いませんでした。
ストップウォッチは回しているものの、自己ベストも平均くんの記録も覚えてませんでしたし、目標タイムも設定していなかったので。

それからも淡々と登り続け、ラストもそんなに追い込んだりはしませんでした。
それがゴールして、スマホで関西ヒルクライムTTをチェックしてみると、ほんの11秒ですが自己ベスト更新。
記録は17分38秒で、葡萄坂もようやく平均くんの背中がチラリと見えるかな? というところまでやってきました。
次回の平均くん越えに期待がかかります。

そこからフラワーロードを抜け、十三峠を上り返す予定だったのですが、のどか村付近でボタボタと雨が降ってきました。
夕方まで曇りじゃなかったんかーい! と慌てて葡萄坂へ引き返します。

001_20120620215125.jpg
下りでスマホを取り出し一枚撮ってみた。
豆粒みたいに小さく写っている彼(わかんないか)は葡萄坂がはじめてだったようで、下りヘアピンへオーバースピードで突っ込み、思い切りセンターラインをオーバーしていました。
幸い対向車はなかったものの、無茶な突っ込みはやめてください。正面衝突でサヨウナラとか、こちらの寿命まで縮みます。


その後、平地まで降りると雨はやんでいました。
けれどいつ降りはじめるかわかりません。
ここはスピードアップのため、中央環状線に出たところで下ハンダンシングに挑戦してみました。

下ハンダンシングは今までもちょこっと試した事はあったのですが、うまく力が掛からないような感じですぐやめてしまった経験があるくらいです。
まあ、でも、久しぶりに挑戦してみたら何かがかわるかもしれません。

いくぜ、ウノ子さん!

35km/hでアウタートップにシフトして、よっこらせと腰を浮かせます。
そして背中を丸め、下ハンドルを引いて、うりゃぁっ!と回してみる。

すると、おおっ!
今回はいい勢いでスピードが上がります。

体重と腕と脚の力をかけあわせる感じで、頭は前につんのめって、トプローは御堂筋あきら君だ!
キモキモキモキモォ!(いや、本当にキモいからやめようね

今までなかなか越えられなかった50km/hの壁を余裕で突破して53km/hまで一瞬で到達。
なんだこれ下ハンダンシングとか凄すぎてアドレナリンが汁だくで、やばいアウタートップが回りきっちゃうぅぅぅ!

スピード感がやみつきになって、そのまま自宅近辺までインターバルスプリント練。
平地もちょっと楽しいかも、と思った休日でした。

以上、ここまで40分ほどネットカフェで書いたので帰宅します。
帰宅しちゃうと家事とか子供の相手とかで、なかなかブログ更新できないんですよ。



で、帰宅してきてから、寝る前にちょこっとまとめてアップロードしました。
早朝は朝錬があるので更新できないし、でもネカフェ料金も毎日だとバカにできないなぁ。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. tac-phen | 99DFA69w

    回復走をぶどう坂とは恐れ入ります。

    疲れていると思っても走りだすと調子のいいときってありますね。

    こういう時自分の調子ってなかなかつかめないなと思います。

    ブログランキング、ポチリ。

    ( 14:25 [Edit] )

  2. Re:tac-phenさん

    坂で回復走っていうのも僕もおかしいと思います。
    お前、回復走って言いたいだけちゃうんか!?と。
    でも大阪市南東部から交通量が少なくて空気の綺麗なとこを探すと、坂道しかないんですよね。
    自宅の前がオロロンラインだったらいいのに~。

    ( 09:36 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks

まとめtyaiました【葡萄坂みたいに短いコースでもペース配分は有効なのねの巻】 ( 10:29 )

早く書かないと! 書かないとネタが腐ってしまう!僕の中に眠った物語は一秒ごとに変質し、発酵し、やがて融けていく。それほどに危うく脆い、刹那の運命なんだ。いや、最大の危機はそこまで迫っている。もはや書かないと、書き続けないと死んでしまうんだ。そう、オート...



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。