上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様は熱いお風呂と温めのお風呂、どちらが好きですか?
トプローは圧倒的に熱いお風呂のほうが好きです。
湯温で言えば、42度以上がいいですね。45度はちょっとやりすぎですが、44度くらいまでなら肩までずっぽり湯につかって快適に過ごすことができます。
ことお風呂に限って言えば、トプローは江戸っ子の端くれに名を連ねてもいいんじゃないかと思うくらいなのです。

しかしですよ。
世の中にはぬるま湯で半身浴というものがありまして、これが疲労回復に効果絶大というのも周知の事実なわけです。

疲労回復。
それは目下のところ、トプロー最大の優先解決事項です。

「38度なんてぬるま湯、お湯のうちに入るかい、べらんめぇ!」というのが従来の見解だったのですが、日々の疲労の蓄積に耐えかねた僕は、昨日の夜ついに半身浴を試してみたのでした。
告白しなくて後悔するよりは、した結果あっけなく断られてする後悔のほういい、みたいな。
いや、まあ、そんな解説いらないですね。
ともかくも「う~ん、お風呂に入った気がしない」とは思いましたが、入念なストレッチもあわせて実行し、不安と期待がないまぜになった複雑な感情で昨夜は眠りに落ちたのでした。

で、今朝なんですが、これがあなた、起きたら脚が軽かったんですよ!
いつもなら大腿四頭筋が鉛のようなんですが、今朝はもういきなりスカイラブハケーンを繰り出せちゃいそうな感触で、それはもう劇的に回復していました。

ぬるま湯半身浴ってすごい。

本日をもってトプローはぬるま湯で半身浴推進委員長に就任いたします。勝手に。

それで結局、何だっけ?
そうそう、今朝のトレーニング日記ですよ。


2012年6月26日火曜日 曇り時々晴れ

脚は軽かったのですが、今日もトプローは寝坊しちゃいました。テヘペロッ(誤用、というかトプローが使うな
時間はないものの脚は軽かったので、今日はついにあのメニューに挑戦しましたよ。

そう、それはVO2Maxインターバルトレーニング。
またの名をソリアとも言います。

FTPパワーの110~130%、心拍で言えば最大心拍の90%で実行されるそれは、ほんの10分足らずの時間で大の大人をノックダウンさせるというウワサなのです。
今まで怖れをなして避けてきたトレーニング方法なのですが、しかし今日を逃せばいつ実行するのよ?というくらいの千載一遇のチャンスが巡ってきたからには仕方がありません。

逃げちゃいけない。逃げちゃいけない。逃げちゃいけない。
今日の僕はもう逃げないッ!

というわけで、大げさに盛り上げたところで固定ローラー練スタートです。

まずはいつものように3分ほどゆるりとアップ。

次に高回転練。息を止めて一気にペダルをぶん回します。
こないだの記録140rpmは軽く突破し、150rpmに到達。お尻がガクガク暴れますが、今日はそれも無視してとにかく最高回転を目指しました。
結果、160rpmをなんとか達成。
でもこれが三本ローラーなら間違いなく落車していたでしょう。ペダリングスキルがぜんぜんなってません。

そこから4分レスト。
いったん息を落ち着けて、いよいよ本番です。

ちなみに今日の動画は「マジカルナース小麦ちゃん」
今さら感たっぷりすぎますが、この際、動画の内容は何でもいいのです。
しかしこれ、萌えアニメだと思ってたけど、実は単なるギャグアニメだったのね。

さあ、最低目標は280W110rpmで2分インターバルスタート!
「うぉし、いくぜ!」
まずは最初の2分。確かにきついですが、これはさすがにクリア。最初こそ280Wでしたが、後半は300W120rpmほど出てました。
そして2分レスト。2分だとすぐに次の回がまわってきます。

い、息が、ま、まだ・・・か、回復し
2セット目スタート。
「うぬっ! まだまだ!」
ガツンを気合を入れて300W到達。そのまま2分間維持。
オーケー、クリアしました。
そして2分レスト。

2分じゃ、足りませ・・・3セット目スタート。
「ふぬぬぅぅぅ、やらせるか~っ!」
魔空空間スタート。1秒が3秒ほどに感じらる魔の時間です。
それでも、僕は、負けないッ!
もはや動画とか何の関係もありません。とにかく根性で回すしかない。
3セット目はちょっと垂れて280W110rpm。
そして2分レスト。

こんなのレストじゃねぇ・・・4セット目スタート。
ぐふっ! ぬ、が、ぐご~~~~!
15秒ほどで死亡しました。

もう脚がどうにもなりません。
あとはもうレストなんだかメディアなんだか、わけのわからない強度で15分ほど回して終了。なんかもう冷静な判断力ごと根こそぎ奪われてしまいました。
ソリアか。ウワサに違わぬ強敵だったぜ。

動画の内容も結局よくわかりませんでしたが、逆に言えばわからなくても問題がないのがVO2Maxトレーニングなんだということがわかりました。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。