上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かねてよりの懸案事項だった固定ローラー練の暑さ対策ですが、ようやくトプローも扇風機を購入しました。
家庭用扇風機の静音性をとるか、工場扇のパワーをとるか迷ったのですが、結局は当初の目的を果たすために工場扇を選択しました。
寝室にまで騒音が響くんじゃないか?という問題は、廊下への扉を閉めてローラーを回せば何とかなるだろうと。
今までは扉を閉めてローラーなんて暑すぎて考えられなかったのですが、工場扇の馬鹿パワーならおそらく大丈夫なんじゃないかと思います。

ええ、おそらく。

金曜日の夕方に購入したものの、今日現在まで実はまだ一度も実稼動しておりません。
家族サービスで雨の生駒山上遊園地に行って疲れきったとか、工場扇の置き場所確保のために部屋を大掃除して疲労困憊したとか、まぁいろいろありまして。
「何だ結局疲れただけやんか」というツッコミは残念ながら甘んじて受けるしかなさそうです。

01_20120708214103.jpg
さて、導入した工場扇はこの床置きモデル。

近所のホームセンターコーナンにて4,980円です。黒光りするアルミ羽根が意外とオシャレな感じ。
オレンジ羽根の三脚つきモデルが3,980円で安さ一番だったのですが、設置場所の確保の問題でコンパクトなものを選びました。
工場扇ってアマゾンや楽天よりもホームセンターのほうが安いんですね。
海外通販も探してみたんですが見つけられませんでした。サムソン製の工場扇とか、もしあれば安そうなんですが。

試運転はしてみたのですが、風量はもう凄いの一言です。
弱中強と三段階の切り替えスイッチがついているのですが、たぶん一生弱しか使いません。
弱でも家庭用扇風機の最強よりずっとパワフルです。やりすぎなくらい。
騒音もかなりのもので、洗濯機をすぐ横で回しているのと同じくらいはウルサイです。
うちのマンション、隣の洗濯機やテレビの音、赤ちゃんの泣声なんかも聞こえたことがないのでたぶん大丈夫ですが、木造や軽量鉄骨のアパートは危険だと思います。

家庭用扇風機がバギなら工場扇はバギクロス。エアロならエアロガという感じ。
な、何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった。
頭がどうにかなりそうだった。バギマだとかエアロラだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ(無駄に長いネタだな

と、上記のような経緯もあって、金曜土曜は休脚日でした。
そして今朝の練習日記です。




2012年7月8日 日曜日 曇り

DSC_0001.jpg
自然と5時前に目が覚めたので十三峠へ。
工場扇を試してみたいというのもあったのですが、時間的な余裕がある時はやっぱり実走でしょう。

日曜日といえば、一週間の中で一番十三峠が賑わう日です。
平日の早朝は一人旅でも、日曜なら大阪中から集うクライマーがウヨウヨと!
やっぱり多くの人ががんばっている姿を見るのはモチベーションアップに直結するのです。
今朝みたいにバカっ早い人がいたりするのも面白いですね(直前の記事を参照)。
十三峠のゴール直前なんてトプローは毎回へろへろで、一生懸命もがいたとしても20km/hがいいところです。
他の多くの方々もたぶん25km/hくらいまでしか速度は出せないと思うのですが、そこを30km/hオーバーとは恐るべし。

ちなみに今日のトプローの記録は21分27秒でした。
いやあはは、てんでダメ男くんでした。けっこうトレーニングしたつもりだったのに。

いや、前半は調子良かったんです。
大竹七丁目で待機中のローディ達と「オハヨウゴザイマス!」の挨拶をかわし颯爽とスタート。前半の急坂部分は、こないだ試してみた下ハンダンシングでぐいぐい登りました。
ですが、登っているうちにですね、お腹の底からですね、ぐぐぐぅ~っと、こみ上げるものが。

「うぅ・・・う、ウボッ!」

ゲップでした。汚くてすいません。
なんだかお腹が気色悪いんです。
前日の夕食を食べすぎたせいでしょうか。慣れない下ハンダンシングで重い胃腸を追い込んだものだから、体に拒否反応が出たようです。
次から次へとあふれてくるゲップ。
霞む視界と遠のく意識。
最後のダンシングを終え、駐車場の端に座り込んだトプローはしばらく動くことができませんでした。
なんか変な汗も出てきてるし、体調管理をミスったとしか言いようがありません。
いつもの十三峠とは言え油断は禁物ということですね。ここは深く反省し、次回の成果につなげたいと思います。

DSC_0002.jpg
頭がクラクラする状態で撮ったら、ろくなものにならんかった。




にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。