上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ Wilier CentoUno(ウィリエール チェントウノ)のシェイクダウンです。
ちなみに車重はペダル込みで7.6kgでした。サドルバッグ、サイコン等を装備したFP2が9.8kgなので2.2kgも軽くなっています。

今朝は雨模様でしたが、昼頃から陽が射しはじめ、夕方には快晴になっていました。
目的地は自宅から10kmほどの大和川の河川敷です。南大阪サイクルラインという快適なサイクリングロードがあるので、試走にはちょうどいいでしょう。

さて、何から何もが新しいマシンです。
実は自転車以外にもシューズも新しくなっています。今まではシマノのSPDシューズだったのですが、Look Keo2MaxにあわせてSidi Genius5PRO Megaを投入致しました。これもなかなか素晴らしいシューズなのですが、インプレはまたの機会に。


自宅前でチェントウノにまたがり、そろりと発進します。
Keo2Maxはステップイン・アウトともに問題なし。

まず感じたのが、乗り心地の良さです。一級のレーシングフレームですからFP2より硬いんだろうと勝手に予想していたのですが、これは良い方に裏切られました。
アスファルトの継ぎ目を越える時なんかの振動が明らかにマイルドです。FP2よりもむしろ、クロモリのブルーノに近い感じ。これはロングライドにも効果大か(`・ω・´)

自宅周辺の路地から中央環状線に出たところで、えいやっとペダルを踏み込みます。

「!」

軽い!!!

引き足も使って、さらに回します。
加速する車体。

速い!!!

車体が軽いのか、レーシング3が軽いのか、もちろんその両方なのでしょうが、とにかく進む! すんごい進む!

サイコンは未装着なので実際の速度は不明ですが、前後ギアの段数から判断すると明らかにFP2よりもスピードが出ています。
タイヤはミシュランのリチオンが装着されているので、これをPro3Raceなんかにしたらもっと速いのでしょう。ちなみにFP2のタイヤはコンチネンタルGP4000です。

南大阪サイクルラインも快調に10kmほど走行し、あっと言う間に目的地に到着。
少しの距離でしたが、うっすらと汗が背中ににじんでいました。

乗り心地はとても良いですが、これは間違いなく「速く走るため」のバイクです。
速く走らせることが楽しくて仕方ないのです。

うむむむ、こいつは無茶してポチって良かったかも。
などと感慨に耽りながら、今日のところは記念撮影して撤収しました。

022.jpg

なんかこのバイク、コンパクトクランクとは言え、がんばれば平地でアウタートップ使えてしまえそうなんですが(;・∀・)

いや、もちろん十三峠じゃインナーローになるんでしょうけどね(;´Д`)

バイクの細かいスペックなんかはまた次回。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。