上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0007_20120726055046.jpg


2012年7月25日 水曜日 曇り

トプローはこの日、下界の狂ったような暑さを脱出し、地上の楽園、龍神スカイラインを走ってきました。
龍神スカイラインといえば紀伊半島のど真ん中。標高約1000mの尾根伝いを走る、まさにキングオブスカイラインと呼んでも差し支えない雲上の道なのです。

ルートラボのMAPはこんな感じ。



高野山を起点とし、ごまさんスカイタワーで折り返す往復約56km、獲得標高1432mの山岳コースです。

あ~、走ってる途中やたらきついと思ったら1400mもあったのか。
涼しさは楽園ですが、コースプロフィール自体は地獄っぽいです。
それにしても楽園と地獄を一度に楽しめちゃうなんてステキですね!

しかも山奥もいいとこなので、道中に自販機なんかはほぼ皆無。そして携帯の電波もほぼ届きません。人間界のしがらみから逃避するにはもってこいのコースですヨ。

ともかくそういうコースですので「ちょっと走ってこようかな?」と思ってしまった方は事前準備を怠りなくでお願いします。
トプローはドリンクボトルを忘れちゃいましたけど!

では、ツーリングレポートということでいきましょう。ドリンクボトルを忘れた時点で、タイムトライアルの線は消えました。

いつものように息子を保育園まで送り届けた後、現地まで車載輪行でゴー。自走で行くと日帰りできるかどうか非常に怪しいものです・・・というか、今の僕じゃたぶん無理無理。走行距離200km超・獲得標高3000m超とか勘弁してください。20時間くらいかけてTTなしならなんとか・・・なるのか?!
中央環状線の渋滞やらなんやらで高野山着が11時30分くらい。奥の院前の無料駐車場があるので、安心して車は停めておけます。

時間がないので大慌てでアクエリアス500mlを2本買い込み、バックパックにぶち込んで出発します。なにぶん道中の補給場所が限られるので、念のためなら3本買っておいてもいいくらいです。
バックパックには一眼レフと結構頑丈な三脚が入っていてアホみたいに重いですが、まぁなんとかなるでしょう。
モンベルのフロントバッグもデビュー戦です。中身は補給食とウィンドブレーカーとタオル、交換レンズ。
補給食はドラ焼き1個、おにぎり1個、1本満足バー1個。
TTはあきらめたので、重量級の荷物を背負ってトレーニングのつもりで。

0000_20120726055029.jpg

まずは鶴姫公園の展望台へ。ここは見晴らしが最高なのです。
この日はどんよりとした曇り空でしたが、晴れた日の夕焼けとか星空なんかは涙ものです。

0001_20120726055029.jpg

360度全方位すべての山々を見下ろす場所なんてなかなかありません。水平線でも地平線でもなく、山平線がぐるっと一周つづいてる感じ。
でも展望台前の坂道の斜度が凶悪で、早くも脚が売り切れ状態なんですが。
で、よろよろと出発しようとしたらアイウェアのつるがボキッと!
どうやらプラスチックの劣化みたいです。う~ん、またお金が飛んでいくなぁ。

0003_20120726055027.jpg

数少ない補給地点の花園村あじさい園にて。数少ないと言うか、補給地点はここと目的地のごまさんスカイタワーしかありません。鶴姫公園の自販機は影も形もなくなっていました。
下界ではあじさいの季節は終わってますが、ここはまだ満開。

0004_20120726055027.jpg


一応、関西ヒルクライムTTからコースプロフィールを引用しておきましょう。

コース名 護摩壇山(北側)
標高差 556m
距離 28.2km
平均斜度 1.7%
最大斜度 9.0%

龍神スカイラインの斜度は平均1.7%となっていて楽そうに見えますが、それはあくまでそう見えるだけで賢明な皆様はだまされてはいけません。
道中のたいていの坂道は10%程度の急坂です。実際10%超の道路標識が設置されているのですが、最大斜度9%ってどういう事よー。

ちみなみ登りがきついということは、下りも相当なものだということです。
けっこうな斜度の下りがかなりの距離続いたりするので、普通に60km/hオーバーになります。
ちょっといいマシンなら70km/hオーバーもノーペダリングで出てしまいます。とても路面状態がいいので、ついつい飛ばしてしまいますがオーバースピードに気をつけてください。70km/hでふっ飛んだら死にます。間違いなく。

ごまさんスカイタワーまで残り5kmくらいのところで、よせばいいのに先行するローディを追いかけてTT状態に。
どうやら大学の自転車部の子だったのかな? 3人チームだったのですが普通にちぎられました。たまたま休憩していたところに僕が追いついちゃっただけなのね。
日焼けした脚がバンバンで、それを見ただけで戦意喪失的な。いや、実際ぜんぜん歯が立たなかったのですが。

0005_20120726055026.jpg

ごまさんスカイタワー駐車場で記念写真をパチリ。
このためだけに三脚持参です。
でもそのわりにはイマイチな感じが残念。もうちょっとポーズに気を使えばよかった。こういう時のためになんかいいポーズはないですかね。
フュージョン!とか。一人じゃさすがに恥ずかしい、と言うかできません。

0006_20120726055046.jpg

帰り道も登って下ってを繰り返し、全長56kmのコースにしては予想外にズタボロな状態でデポ地に到着しました。
時間もかなりかかってしまったので、高野山土産を買う暇もなく急いでゴーホーム。
保育園のお迎え時間が迫っていたので、帰りは贅沢に高速道路利用です。それでも帰宅は結局18時半ごろでした。

日帰りで行くにはやはりちょっと無理がある場所ですね。
すごくいいコースで、皆様にもオススメしたいのですが。





にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。