上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26日の日曜日も25日土曜日に引き続き十三峠朝練に行ってきました。
この日は沖縄あたりに超大型の台風が接近しているとかで、生駒山系周辺にも朝5時半頃は強い風が吹いていました。

大竹七丁目の交差点を出発すると、のっけからかなりの向かい風。ヒルクライムなんて大したスピードは出ないので少々の向かい風なら気にもしないのですが、今朝のはちょっと辛かったです。
そこをあえて全身で風を受けるダンシングで挑むのが益荒男の心意気!
「この負荷こそ望むところなんじゃ~!」とか調子に乗ってたら中間地点のヘアピン前で事切れました。ヘアピンを折り返しても風が巻き込んでて結局向かい風でしたし(泣)

この季節、向かい風は涼しくて気持ちいいのですが、強すぎるのはやっぱり何かと色々問題があるんじゃないかと。
気持ちはいつも「初めてだから優しくしてね」なんですよ。
あ、わけがわかりませんか。そうですか。すいません。

で、風が強かったのもあるのですが、26日の十三峠はいつもと少し雰囲気が違いました。普段の日曜朝と比べるとどうにも人が少なかったのです。
やっぱり台風だからみんな自粛してるんだろうな、とか思ったのですが、いやいやそれはやっぱり違いますよ。ぜんぜん違います。今朝の十三峠メンバーを思い出してみるとよくわるのですが・・・

まずは一人目。トプローのヒルクライム中にすれ違ったのはビアンキのクロモリレーサー。地味な黒っぽいジャージのお兄さんで淡々と下っている感じ。朝練というより早朝ツーリングかな?

二人目からはヘロヘロのTTを終えてダウンヒル中です。

二人目 銀色のランドナー。フロントバッグを装備したおっちゃんでした。自転車も重いんだろうけど必死の形相でがんばってた。
三人目 青いカーボンロード(機種メーカーはわかんなかった)。50代くらいのお父さん。挨拶したら辛そうだけど楽しそうな感じでした。
四人目 トレックのマドンかな? たぶんさっきのお父さんの仲間。この人も相当しんどそう。苦笑まじりで蛇行していました。
五人目 明らかに初心者っぽいメタボお父さん。序盤のつづら折れに入ったとこあたりでした。
六人目 細身のお母さん。たぶんさっきのお父さんの連れ。この人達はたぶん先週もいました。でも先週は経法大前の坂あたりでギブアップしてたはず。
七人目 ジャージの前ジッパー全開のお父さん。TTコーススタート直後だけど顔真っ赤です。

と、以上のような感じで全員が全員どうやらヒルクライム初心者です。
毎週必ず大勢見かける派手派手チームジャージの皆さんや、日焼けした脚が明らかに本気な面々が今週は影も形も見えません。
みんなこの向かい風に恐れをなして家で寝てるのね。

そうです。今週はいつもと違うのでした。
本気の方々はみんな乗鞍か鈴鹿へ行っちゃってるのです。
というわけで26日の十三峠は初心者クライマー天国でした。この日だけは例えTTで30分かかっても40分かかっても、誰かに抜かされる恐れは非常に少なかったでしょう。
誰にも抜かされずに到達した十三峠頂上駐車場の景色はさぞや絶景だったことでしょう。爽快この上なかった事でしょう。
これを機に関西ヒルクライムTTに登録される方々が増えればいいな、と思いました。

002_20120827053139.jpg
ほら、爽快!(スマホ撮影)

思ったんですが実際のところぜんぜん増えてないです。
それどころか平均くんの記録が徐々に早くなっているんですが。
かんべんしてください。今さらトプローの記録を抜かさないでくだちい。ちょっとここはひとつよろしくお願いしますw

強風と戦い抜いたトプローのこの日の記録は22分54秒でした。
向かい風参考記録ということで、これもちょっとひとつよろしくお願いします(何が


001_20120827053140.jpg
帰り道の恩智川も爽やか爽やか(指が~指が~


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。