上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の実家で食事をいただくと、毎度のように際限なくおかわりを求められるんですが、世のご主人方は皆さんそんなもんなのでしょうか。
歓待してもらってたいへん有難いことなんですが、言われるがままに飲み食いしていると「もうやめて! トプローの胃袋のHPはもう0よ」状態になってしまいます。
そこにもっとビール飲みなさい攻撃を追加で食らってはオーバーキルもいいところです。

というわけで昨夜の歓待の結果、今日は金剛山ロープウェイまで腹ごなしポタリングに行ってまいりました。

あまりの満腹感に午前中はピクリとも動けず、出発したのはお昼すぎ。
当然お昼ご飯は抜きですが、それでもお腹がアホみたいに重いのでLSD的な強度でゆるゆると石川サイクルラインを南下します。

0001_20120913182857.jpg
真夏の殺人的な暑さは去りましたが、やっぱりまだちょっと暑いですね。


0003_20120913182856.jpg
降りそうで降らない空模様。


順調に石川サイクルラインを走破しまして、よせばいいのに森屋交差点からはタイムトライアル開始です。
けれどスタートしてわりとすぐのところで道路工事をしていました。片側交互通行で20秒ほど停止。
遅れを取り戻すために、ちょっとペースを上げて登ります。
お腹が重いような気もしますが、そんなことは気にしな~い!

・・・とか調子に乗ってたら案の定、中盤のちょっと斜度がきつくなるあたりで脇腹あたりに鈍い痛みが来ました。

ふぬぬぬ、ここは我慢よ我慢!
我慢のガの字は蒲生のガ!とか、適当に考えて意識をお腹から逸らします。
いや、でも無理してウ×コ漏らしたら洒落にならんですね。

分別ある成人男子としてここはペースダウンです。
奇跡の回復を期待してインナーローでひぃこら登るしかありません。

そのまま鱒釣り場をすぎたところあたりまで耐えていると、ようやく奇跡光臨。
なんと腹痛から開放されました。

よしきたッ!というわけでペースアップを試みましたが、もうTTコースも残すところ1/4もなさそうです。
焼け石に水かもしれませんが、こういうのをプログレッシオーネと(ry

あ、ちなみにラストスパートはゴール手前300mで失速しました。
どこがプログレッシオーネやねーん。
毎回このコースではスパート失敗するんですが、いつになったら成長するんですか。


参考までにラスト付近の地図。

コース手前からは斜度の関係で最後の300mは確認できません。


ここはせっかくなので、次回のために金剛山ロープウェイコース攻略のヒントを残しておきましょう。

鱒釣場を過ぎて、ゴールっぽい雰囲気の駐車場を見かけたら、その先にまだ斜度のきつくなる約300mが待っているから注意だよ。
 
・・・って、そのまんまですやん(´Д`;)

TTの結果は40分42秒ということで記録更新はなりませんでした。
そんなに甘くありませんね。


0004_20120913182855.jpg
金剛山ロープウェイコースのいいところは、ゴール地点に屋根つきのベンチがあって寝転がれること。

さて、ようやく少しお腹に隙間もできてきたようですし、あとはのんびり帰ります。


0005_20120913182855.jpg
補給食がわりにモンスターを初購入してみました。
飲んでみた結果、普通に効果はあると思います。即効元気とかウィダーインエネルギーの代替品としてどうぞ。
そう言えば、なくなったと思ってた板持南交差点のヤマザキデイリーストアが大きくなって復活していました。これはかなり有難いです。金剛山方面に向かう頻度が上がるかも。


0006_20120913182854.jpg
緑の止まり木。


0008_20120913182853.jpg
いつも気になってたお洒落ブリッジ。


0009_20120913183245.jpg
撮り鉄魂を激しく揺さぶられた。
けれどダイヤはトプローの意思とは関係なく動いているわけで。


そして大阪市内に帰ってきたわけですが、ちょっと走り足らない感じがあったので、最後に中央環状線で平坦スプリントアタック敢行です。
35km/h巡航の状態から、周囲の四輪車が途切れたのを見計らって下ハンダンシングをぶっぱなしました。風は西の風1mというところなので、ほぼ無風状態。

スーパー・ダイナマイト・スプリント・スペシャル~~~!!!

略してSDSS!
いや、略す必要もないですが。気分的にですね。
やぁやぁやぁ!とクランクを回すと速度計がはね上がります。

45km/h
50km/h
55km/h突破!

そしてサイコンの数値が58km/hを示したとこで前方の信号が赤に。
そのまま行けば初の60km/h超えが実現したかもしれませんが、でもこのへんがケイデンスとギア比の関係で限界っぽいかも。
これ以上を目指すなら、リアカセットに11Tを入れるか、ノーマルクランクが欲しい感じでした。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. Mya_013 | SFo5/nok

    50x11Tを全力全開、スターライトブレイカーしたのに50kmの壁で力尽きちゃうワタクシめは、丸くなって死んでもいいですか?
    。:゜(PД`q)゜:。

    ( 22:08 [Edit] )

  2. Re:Mya_013さん

    あー、それは心配しなくて大丈夫です。
    僕も今春までは50km/hしか出せなかったんですが、
    この夏にベルカ式カートリッジを脚インストールしたら
    簡単にパワーアップしましたヨ。

    ( 07:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。