上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは昨夜のことだった。

ふぬぅッ! ま、ま、ま、回らんッ!!!

悲痛な叫びが闇夜を切り裂き、行き場を失ったパワーがチェントウノを薙ぎ倒した。
つられるようにPCモニターが盛大な音と共に倒れ、驚いたトプローJrがけたたましい泣き声を上げた。

終わった。
チェントウノの傍らにはヘキサゴンレンチと、破壊されたトルクレンチ(約5千円相当)が切なげに横たわっていた。

作業を邪魔しまくっていたJrは妻の元へ逃げ去り、妻が呆れた声で抗議した。
「も~う、何やってんのよ?」
憔悴しきった声で男はこう言った。
「ペダルが・・・固すぎて外れんかったのです」
300kmへの夢がついえた瞬間だった。

今日一日、トプローは丸一日自由行動日でした。
丸一日自由行動日ということは、かねてから目論んでいた300kmロングライド決行の絶好のチャンスだったということです。

しかし、その前にペダルを交換する必要があったのですね。
長距離走行時の足の痛み対策のためだったのですが、それがあっけなく失敗しちゃったわけです。逆ネジの左側は外れたんですが、正ネジの右側がどうにもこうにも回らんかったのです。
おかげで300kmへの挑戦は次回へ持ち越しとなりました。

そして一夜明けて今朝のことです。
300kmがダメになってやる気も超減退していたのですが、そのわりに朝5時に目が覚めてしまいました。
とりあえずトイレにでも行くかと便器に座ると、どんどん目が冴えてきます。

う~ん、うんこもしたし眠くもないし、他にこれといってすることもないし、これは・・・とりあえず出発するしかないか。

というわけで300kmは無理でも、とにかくロングライドには出ることにしたトプロー。
目的地は300kmロングライドの折り返し予定地点であった名古屋にしました。
ロングライド的においしい目的地ではありませんが、いずれチャレンジするであろうキャノボの試走もかねてみようという作戦ですね。

ルートはR163~R25~R23という感じで。
1号線を外したのは単に渋滞が嫌いだからです。

ルートラボだとこんな感じ。


目的地は名古屋駅として
走行距離170km
獲得標高1020m

う~ん、距離も獲得標高も普通だ。

ここはあれですね。
普通に走っても面白くないので、やっぱりタイムトライアルで行きましょう。
設定時間は6時間として、どこまで行けるか勝負です。

スタートは午前6時。
TTなのでろくな写真はありません。
あまりにも気になったところだけ写真に撮ってあります。

まずは一枚目。
000.jpg
清滝峠は峠越えじゃなくトンネルを抜けるのですが、清滝トンネルの出口は衝撃の通行止めでした。
かつぎが入るとか、キャノボってシクロクロスだったのね。

0000_20121020222137.jpg
木津川にもうもうとたちこめる水蒸気。
水温よりも気温のほうが低かったのです。
この日のウェアーはモンベル・ジオラインLW長袖アンダーに半袖サイクルジャージ、ウィンドブレーカーだったのですが、それでも午前9時くらいまでは肌寒かったです。奈良から三重にかけての県境周辺は気温も10度前後しかありませんでした。

0001_20121020222137.jpg
これは伊賀周辺かな?
今までと装備的に違うのはTOPEAKのトップチューブバッグ。この中に財布とスマホを入れてます。
ジャージの背中ポケットに入れるより取り出しやすくて便利。
あと、輪行バッグをトップチューブ下に吊り下げました。
これによりヒップバッグを装備から外すことに成功。ペダリングの邪魔にもなりませんし、かなりいい感じです。
なんかヒルクライムマシンというよりもブルベマシンぽくなってきたんですが。

0002_20121020222136.jpg
R25の核心部分。恐怖のダート区間。
ここってトプローが18歳の時に原付ツーリングで通った時もダートだったんですが、まだそのままなんですか。

そして亀山バイパス経由でR23へ。
1号線に比べると車の流れがスムーズで距離が稼げるこのコースですが、ところどころに軽車両通行不可な区間があります。

0003_20121020222136.jpg
キャノボWikiなんかに詳細は譲るとして、四日市市内の海山道バイパス部分もその一つ。

そしてバイパス迂回ルートを探してウロウロしている時に6時間のタイムアップ。
到達地点はここ。

0004_20121020222136.jpg
愛想のないゴールですいません。

走行距離は130kmでした。
あかんやーん。
300km12時間が目標なのに、150km6時間を達成できないとは。
今回はかなり補給時間も削ったんだけどなぁ。コンビニストップは三回でしたが、どれも五分以内に出発しましたし。

いや、でもちょっと待ってください。
R163~R25コースは、R1コースに比べて距離で20kmのアドバンテージがあるはずです。
そのぶん山岳ステージになっているので、これはR1コースになぞらえれば6時間150kmということで良くないですか? 良くなくないですか?
良くなくなくなくないですか?(もういい

そのへんはまぁ、今こだわってどうなるものでもないので、気を取り直して名古屋へ向かいます。
ここからはTTなしの、のんびりロングライド気分で。

0005_20121020222226.jpg
四日市と桑名の境目にて。いい天気だなぁ。

0006_20121020222226.jpg
木曽川通過~。
普通におのぼりさんです。

R23名四国道の軽車両通行禁止区間は名古屋市内に入ってから本格化します。
でも側道に自転車通行可能な歩道橋があるので安心。
しかもR43の凶悪な階段と比べれば超親切な斜度。安心して歩けます。
0007_20121020222226.jpg

0008_20121020222226.jpg
そして名古屋駅到着。
市内の信号待ちにやたら時間をとられ、到着は午後2時ちょうどでした。
やっぱり都市部の信号は怖いなぁ。たったの15kmを進むのに1時間以上かかったりします。

名古屋からは近鉄アーバンライナーで極楽輪行帰宅。
バッチリ車両最後尾の席も確保して、輪行バッグはこのとおり。
0009_20121020222225.jpg

00091_20121020222225.jpg
ちなみにピチピチレーパン姿でも気にせず乗車します。
風紀を乱すほどのモッコシもありませんし。

それにしても何でなんでしょうね?
毎回そうなんですが、大阪以外の都市に来ると、街を歩く女の子が可愛く見えて仕方がありません。
思わずSKE劇場を探そうかと思っちゃったぜ。

それとアレだな。
壊れたトルクレンチ、買いなおさなきゃ(;´Д`)




にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. うすうす・・・

    そう、読みながら薄々は感じてたんですが
    やっぱり帰り輪行やんッ!!

    しかし、その姿で帰るところまでは想定外でした・・・
    SKE劇場をレーパンでは想像したくありませんw

    ( 19:11 [Edit] )

  2. ちむ | -

    ペダルが固くて外せん!と怒られた事を思い出しました。
    紛失したシューズのバックルが取り寄せられるかどうかも含めてショップに行くことにするのです。

    けど、電車にレーパンはイクナイ。激しくイクナイ。
    そのうち薄手のショートパンツ(折りたたむとショートホープの箱くらいになる)
    をプレゼントします…

    ( 23:16 )

  3. Re:Wilier乗り代理見習心得さん

    そうです。
    予想を軽く裏切ってこその芸達者というもの!
    いや、べつに芸達者になる必要はまったくないのですが。

    改札の中にユニクロがないのが悪いんですよ。
    あったら何かそれらしいパンツなりを買ったのに。

    ( 09:22 )

  4. Re:ちむさん

    レーパン輪行がこんなに評判悪いとは~(;´Д`)
    電車内はガラガラで、しかも特急なので他の人からは見られなかったんです
    と言い訳してみる。

    レーパン+ジャージ+ショートパンツだと、
    かえって美ジョガーとか志茂田影樹先生みたいで変じゃないですか?
    サイクリングニッカとか、そのあたりなら無難そうだと思うのです。
    ショートホープの箱くらいのニッカ、売ってないかなぁ。

    ( 09:30 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。