上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは前回のつづきです。


0009_20121104225828.jpg
十三峠から京都八幡木津自転車道を通り、いよいよやってきました大正池TTのスタート地点です。
ここまで強風と戦いながら70km弱を走行しているのでアップは十分。
大正池の平均くんを軽く懲らしめてやりましょう。
もし返り討ちにあったとしても、アップをしすぎたという事にして言い訳もバッチリです。

0010.jpg
けれど油断は禁物。空模様も嵐を予感させて風雲急を呼んじゃう?



コースプロフィールは関西ヒルクライムTT様より拝借しましてこんな感じで。

コース名    大正池
標高差     330m
距離      7.7km
平均斜度    4.3%
最大斜度    10.0%

距離も斜度もわりと初心者向きっぽいですね。
実際に走ってみても序盤から中盤は緩斜面がつづき、終盤でだけ斜度が上がる感じでした。
ここでポイントなのは「緩斜面がつづき」というところ。
そうです、ここは清滝峠と並んで重量級クライマー(スプリンターともいうのか?)であるトプローむきのTTコースだということです。

実際、コースの半分をすぎたあたりで平均くん打倒を確信しました。
なにしろ34TX25Tのギアを使い切ることがまったくありません。
路面状況もいいし、交通量も少ない。
清滝峠みたいに信号に邪魔されることもないし、これはいいコースです。
このコースなら鉄ゲタR500でもいけるッ!

ただし悩ましいのが、その使い切らないギアの選択なのです。
23~24km/hでの走行が続くコースなのですが、この速度領域はアウターとインナーのちょうど境目です。
今回はインナーに入れっぱなしだったのですが、禁断のインナートップを頻繁に使用することになってしまいました。

インナートップにギアが入っているとチェーンがFDに接触するチャリチャリ音が聞こえ、走行抵抗が増えているのが如実にわかります。
WH-R500使用でこの状態ですので、Racing3オンリーでのTT時ならアウター使用のほうがいいのかもしれません。

0011_20121104225827.jpg
そしてゴール地点。「山岳賞」の落書きがどこかにあるはずですが見つけられませんでした。
タイムは23分34秒ということで無事に平均くん(24分04秒)の首をゲット。
予想ではもうちょっとタイムを削れそうな気がしたんですが、やっぱりR500が重かったのかなぁ。
ちなみに終盤の急斜面は嫌いです。
緩斜面で回しまくった上でのあの斜度は、危うく心が折れるかと思いましたよ。

0012_20121104225827.jpg
裏大正池をちょっと下ると絶景ポイント発見。

0013_20121104225827.jpg

0014_20121104225826.jpg
このあたりは茶葉の名産地です。宇治茶ですね。

そして和束のローソンプラスにて、この日二回目の補給タイム。
このローソンには狭いながらもイートインスペースがあるのですね。これからの寒い季節には重宝しそうです。

0015_20121104225936.jpg
購入したのはカレーヌードルとエナジーコーラです。エナジーコーラは流行ものですから一度は試してみないとですよ。
味のほうはコーラとモンスターをブレンドした感じでした。あまりにも予想どおりだったのでちょっと肩透かし。

そしてこの後が問題なのです。
R163をずず~っと西進しておりますと、清滝峠の手前でなんと後輪がパンクしてしまいました。
走行中のパンクは何を隠そうこれがはじめてです。


0016_20121104225935.jpg
見事にぺしゃんこ。
先日のスポーク破断につづいてパンクとはついていませんが、パンクならまだ対処のしようもあるというものです。

とりあえず道端の駐車場らしきところで緊急オペ開始。

0017_20121104225935.jpg
こいつが病巣か!
タイヤをよく見るとサイドカットしていました。大きなガラス片なんかは落ちてなかったと思うのですが、路肩に細かいゴミが満載だったので何かで切ったのでしょう。

帰り道でのパンクって焦りますね。暗くなる前に帰りたいので急いでチューブ交換で対処しました。
パッチを貼ってもよかったんですが、せっかくなので虎の子のR-Airに交換です。
サイドカットしたタイヤの処理ですが、タイヤの内側からセロテープを何重にも貼って応急処置しておきました。セロテープは先日のゴミ袋輪行の残りですが、やっぱりガムテあたりも携行したほうがいいのかな。

交換作業自体は特に問題もなく終了。
小学生の頃からママチャリのパンク修理で鍛えていますから!(自慢するとこじゃないよ
でも携帯ポンプでの空気入れは無駄に体力を消耗しちゃいますね(;´Д`)

この時点でかなり疲れちゃったのでフラワーロード経由十三峠とか、暗峠(奈良側)経由の帰宅コースは却下です。
ここは安全策をとって清滝峠を抜けることにします。

清滝峠を下ると分厚い雲の隙間から黄金の光りが差し込んできました。疲れた心にじんわり染み入る光です。

0018_20121104225935.jpg
・・・連れていってくれるんだねパトラッシュ・・・

そして中央環状線で道路のゴミに気をつけながら35~40km/h巡航。
僕ちん早くお家に帰りたいんだよッ!

とか思ってると東大阪で二度目のパンク!
これがウワサのパンク祭りですか。

パンク大王とかパンク神とか言いますが、どっちでもいいけどニフラム! ニフラムぅぅぅ!

0019_20121104225935.jpg
涙目でチューブを外すと、R-Airが凸凹にッ!
もう交換用のチューブは売り切れなんですが。

0020.jpg
仕方なくさっき交換した古チューブを引っ張り出してパッチで修理。
こんな事なら最初からそうしていればよかったです。・゚・(ノД`)・゚・。
あたりは暗くなってくるし、気は焦るし、なかなかチューブの穴がみつからなくて疲れ果てました。

ひたすら疲れたよ。
僕やっぱりなんだか眠いんだ。

帰宅すると5時半でした。
走行距離のわりに疲れきったのは間違いなく二度のパンクのせいです。
こないだのスポーク破断につづいてトラブル連発ですが、何かあるのでしょうか。

何にしろホイールにつづいてタイヤもお亡くなりになられたということは、ここはひとつ行っちゃうしかないのかもしれません。

禁断のカーボンホイール&チューブラータイヤの道へ!
え~~~!? マジでぇぇぇ???
書いてて自分でびっくりしたよ、もう。

もしかしたらチューブレス対応ホイール&チューブレスタイヤかもしれませんけど(これはちょっと弱いな


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. takesan | aYDccP8M

    お疲れ様~

    パンクの神降臨しましたか
    以前スクアの練習会でパンクを
    一人で5回もした人がいましたよ
    走ってるメンバーのチューブ使いまくって
    事なきを得ましたがヽ(´Д`;)ノ
    ちなみに、うちのチューブレス、試しに一回使ってみます?
    乗り心地いいですよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    ( 09:27 [Edit] )

  2. Re:takesanさん

    5回っていうとリアルに御祓いをしたくなりますね(汗
    チューブレス、せっかくなのでお願いしていいですか?
    チューブラーはやはり価格的に厳しいなと思ったりするのです。
    両方持てれば一番いいのですが。

    ( 22:40 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:52 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。