上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は約半月ぶりのチェントウノ出動日です!
ヒャッハァァァッ!!! 行くぜウノ子さん!!!
などと浮かれてみても、天気は朝から思わしくありません。

夜中に降った雨が早朝に上がったところなので路面はウェット。しかも昼過ぎからまた雨らしいとの事です。はっきり言って自転車に乗るにはまったくぜんぜん適さない天候です。

しかしながら、今日乗らなければ次乗れるのがいつになるのか、わかったものじゃありません(;・∀・)
幸いにも普段どおり6時過ぎには起床したため、数時間の猶予はあります。チェントウノが濡れてしまうのは残念ですが、ロードバイクは乗ってなんぼなのであります!

というわけで、なるべく路面の濡れ方の少なそうなコースを考えてみます。
いつものコースだと覆いかぶさる木々のせいで葡萄坂が水びたしに決まっているのでパス。南河内サイクルラインもドロドロの水溜りだらけでしょう。

ヒルクライム好きとしては、やはり路面のいい稜線沿いのコースをチョイスしたいところ。
10分少々考えて、神通温泉から紀泉高原スカイライン経由で和泉葛城へのコースがベストだろうということになりました。関西ヒルクライムTT(現在はCycle Time Trial)にも登録されているので挑戦のしがいのあるのもいいとろこ。

このコース、自転車で登ったことはありませんが、車やバイクでは何度も来ています。
和泉葛城へ登るルートの中では一番路面状態もいいはずですし、葡萄坂のように覆いかぶさる木々もあまりなかったように思います。坂を半分も上れば稜線に出ますし、そのあたりまで行けば路面も乾いているかもしれません。

行く先が決まったので早速準備して出発です。
残された時間を考えると、自宅からの自走は難しいので自家用車にチェントウノを積み込みます。

我が家の車は軽乗用車のホンダライフで、しかも後部座席にはチャイルドシートが設置されています。ぜんぜん余裕の無い車内ですが、前輪を取り外してなんとかチェントウノを押し込みました。取り外した前輪は助手席の足元です。
この状態で事故ったら、後頭部にチェントウノが突き刺さりますね(;・∀・)
もう少し大きなトランスポーターが欲しいところですが、子供もこれからお金がかかりますし悩ましいところです。

001_20101203160827.jpg


自宅付近の長吉ICから近畿道に乗り、阪和道上之郷ICを下りてタッタカタッタ~と神通温泉へ。
ヒルクライムのスタート地点はここ、神通温泉です。温泉の営業は午前11時から。帰りに時間的余裕があれば入浴もできるのでロケーションはばっちり。
それにしても路面はここまで来たのに完全にウェットですね(;´Д`)

とにかく久しぶりのチェントウノですし、早く乗りたくて仕方が無い!
ウォーミングアップもなんもなしで、そそくさとスタートします。

006_20101203160826.jpg

勢いよくスタートしたはいいものの、ほぼ半月ぶりのヒルクライムでウォーミングアップもなしでは体がま~ったくついてきません。゚(゚´Д`゚)゚。
12%オーバーの勾配を全行程の半分ほど登ったところで、あえなく足つきです。
今日は思いのほか気温が高く、ナリーニのウィンドブレイクジャケットの中は汗がだらだら、鼻汁もじゅるじゅるです。路肩に5分ほど座り込んで、せっかくなので記念写真をパチリ。
ヒルクライムにデジ一を持っていくのはどうかと毎回思い悩むとぷろうですが、そのぶん体重を絞ればいいかと前向きに考えましょう。
ここでウィンドブレークジャケットは脱いで背中のザックに押し込み、モンベルのアンダーだけで再度出発しました。ちなみにグローブも指きりです。今日午前の大阪の気温は10月上旬並みだったみたいですね。

008_20101203160825.jpg

写真の場所を越えると坂の傾斜も緩くなり、ところどころ下り坂も現れます。左右には大阪と和歌山の町並みを見下ろし気分爽快。チェントウノは迫り来るカーブを寸分の狂いも無くスパッスパッとクリアします。FP2が弱アンダーなステアリング特性だったのに対し、完全なニュートラルステアなのでしょう。
うへへへへへ、やっぱチェントウノ最高( ^ω^ )

てな感じで一度足をついてしまったものの、なんとか登頂成功です。休憩時間を除いた走行時間は50分45秒ですが、足をついてしまっているだけに参考記録にもなりません。
とりあえず修行がまだまだ足りない事だけは確か(;´Д`)

今日は平日なうえ、天気が天気だったのもあり山頂の売店エリアにはローディどころか人っ子一人見当たりません。自転車から下りるとさすがに寒いのでさくっとUターンして来た道を帰ります。

012_20101203160825.jpg

展望台付近から和歌山方面を見下ろすと、雲の隙間から陽光が降り注いでいました。

017_20101203160824.jpg

やっぱりロードバイクで山を走るのは楽しいですね!
すっごい苦しいのもありますが。。。

ちなみに自宅に帰り着く直前にどしゃ降りの雨がきました。
タイミングがいいのか悪いのか、とにかく久しぶりに走れたので良かったです( ^ω^ )

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

  1. すず虫  | TOmz3iPU

    オツカレサマです。

    葛城山お疲れさまでした。
    大阪側からしから登ったことはないですが
    聞くところによると路面も良くて登りやすいとかで。
    冬場は凍結でヤバめみたいなので
    登れるときに登っとかないとですね。

    ( 23:44 [Edit] )

  2. ドM | xPBLUWGI

    良いですね~~

    ヒルクライムをしっかり楽しんだみたいですね。
    こちらはちょっとしたトラブルに巻き込まれ納車が遅れそう・・・
    それにしてもとぷろうさんのチェントウノはピラーが出ててかっこいいですね。
    サイズは一緒なんですがこんなにピラーが出なさそう!?
    ステムは僕のほうが長いのに~~~(笑)
    参考までにBB中心からサドルトップで何センチなんですか?

    ( 19:32 [Edit] )

  3. とぷろう | .8F7RpF2

    >すず虫さん
    神通ルートは途中にハイランドパーク粉川の売店とか、いい休憩ポイントもあっておすすめですヨ!
    真冬で山が凍結しちゃったらどこ走るか悩みどころですね。去年まではある程度の時間もとれたので平地ロングでしのげたんですが、今年は0歳児がいるので峠追い込みが一番いいのですが(;^ω^)

    >ドMさん
    トラブルとは心配ですね。無事に納車されると良いのですが。。。
    BB中心からサドルトップまでは69.5cmです。ステムはもう1cm長くても良かったかなぁ?と最近思います。ちなみにコラムスペーサーは2枚しか入ってなかったんですが、BikeBuserでコラムカットしてから出荷されたのかもしれません。

    ( 11:31 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。