上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朝から修理の上がったレーシング3を引き取ってきました。
破断したスポークの取り寄せ交換と振れ取り作業という修理内容だったんですが、修理費用は安居酒屋で軽く飲むより安いくらい。大物の購入が控えている時期だけに大助かりです。
5千円オーバーは覚悟してたんですがスクアドラさんありがとう!(^ω^)

で、たまに自転車屋さんに行くと、目に毒な品物がいっぱいあって困ります。
スペシャのベンジとかターマックとか。
マドンもいっぱいあったし、ドマーニのシートステーの細さにはびびりました。
そしてマットブラックのパリ。これがもう速そうでかっこよすぎて泣ける。

そんな感じで物欲にクラクラしながらお店の2Fに上がると、そこに鎮座していたのはこれまたマットブラックのドグマ65.1ですよ。パリでも泣けるくらいかっこよかったけど、フレームの細かい造形がやっぱりパリよりドグマのほうがかっこいい。思わず「これください」と言いたくなる危険な存在感でした。
いや、言えませんけどね(´Д⊂ヽ
あと整備中だったスーパーシックスもかっこよかったなぁ。それに、やっぱりカーボンむき出しのTCRアドバンスとか。戦闘マシンって雰囲気がばりばりでGIANTもバカにできない。



家に戻るとさっそくレーシング3にタイヤを装着します。
パンクしたリチオンはサイドカットした部分を裏からパッチを貼って修理してありますが、さすがにそのまま使うのは危険な感じです。
交換用の新品タイヤは準備していないので、ここはローラーマシンのFP2から前輪のグランプリGP4000を流用しましょう。リチオンはFP2に装着しますが、ローラーマシンなので大丈夫。今は無駄な出費は極力抑えて次期ホイール導入の資金を蓄えなければなりません。

0002_20121124143802.jpg


交換作業終了後、ちょっと葡萄坂まで試走しに行ってきました。
TTの結果は16分57秒ということで、先日のレーシングZERO構成の時に比べて19秒落ちです。
こないだは十三峠でヘロヘロになった後でしたから記録更新できるかもと思っていたのですが、そんなに甘くありませんでした。
やっぱり28Tの効果が大きかったのかなぁ?
あの時の最大心拍は驚愕の184bpmまで行ったのですが、今日はたったの170bpm。この結果を読み解くと、心肺能力よりも先に脚が終わってしまった現実が浮かび上がります。

新ホイールにはぜひとも28T入りのスプロケをセットしよう。

0001_20121124143802.jpg


さて、この後は野暮用で実家へ行かなければなりません。
なかなか一日通しで自転車に乗る時間が取れないなぁ。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。