上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ神様ッ! どうか迷える子羊をお導きくださいッ!
風を切り裂く闇の車輪、50mmディープが僕を誘惑するのです。
でもその対極では万有引力を跳ね返すATフィールド20mmリムが微笑むのです。
そして次元の狭間でホイールオブフォーチュン38mmが(ry

それに加えて問題なのが前後で同じ高さのリムにするのか?
それとも前38mm後50mm的な組み合わせで性能とルックスをギリギリの局面ですり合わせるのか?
このへんがもう、まったくぜんぜん結論が出ないのです。

あ、「ホイール組の達人」は無事手元に届きまして、中身も一度通して見てみました。
工程的にはスポークのあや取りがちょっとややこしそうですが、やってみれば何とかなるだろうと思います。
なのでいよいよ材料を発注する段階に至ったわけなんですが、このままじゃいつまでたっても発注できんがな(;´Д`)

要するに問題は次期ホイール導入にあたって、実用性を重視するかルックスを重視するかなのです。
トプローの普段よく走るコースを考慮すると、やっぱり峠や坂道が中心となりそうです。ならばホイールの軽さを重視して、自然とリム高は低くなります。

けれどディープリムのほうがかっこいいの!

これはもうどうしようもなくリムは深くなればなるほどかっこいいわけです。20mmよりも24mm、24mmよりも38mm、38mmよりも50mmなのです。
極論すれば80mmあたりが超かっこいいわけですが、さすがにそれは実用できなさそうなのでパスするしかなさそうですが。

あとスポークもそうです。
ルックス優先ならe-Bayの謎業者から赤いエアロスポークを調達することになりますが、性能を追求するならZIPP様にも採用されているというウワサのCX-RAYに決まりです。
ニップルも軽さ優先でアルミにするのか? 無難さ優先でブラスにするのか?
このへんがもう思考の迷宮に迷い込んで僕はもう迷宮のアンドローラです。
まったくもういい加減に弾けろシナプスってなもんですよッ!

おっと、このへんで出勤時間がきてしまいました。
ローラー練日記はまた次回です。

あ~、今回の更新はまったく内容がないな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. Mya_013 | SFo5/nok

    夢なの?夢じゃない!とか口ずさんでいたら、シナプス弾撃で頭バーン!!になってs

    ホイールは永遠に解けることの無いパズルのようなものなのですねー
    軽さと強度、相容れない要素が互いにせめぎ合って、軋むイメージ

    そして中華カーボンという名の禁断の黒い果実を手にするという
    これは、もはや運命なのかもしれません

    理想の一組にめぐり合えるのでしょうか。

    ( 10:21 [Edit] )

  2. Re:Mya_013さん

    理想の一組なんですが、この期に及んでまだ決まらないんですよ。
    あれやこれやと雑事が溜まってたりしてて、
    ゆっくり検討する時間がないのが一番の問題です。

    あわよくば年内に組み上げて、
    今年最後のアタックに投入とか思ってたのにぃ。

    ( 11:13 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。