上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手組み中華カーボンホイール導入へむけて、ようやくある程度の方針がまとまってきました。

まずリム高ですが、ここは無難に38mmで行こうと思います。20mmは強度的に怖いものがあるし、50mmを活用できるほど平地は走らないので。

ハブはノバテックの赤いやつ。型番でいうとA271SB/F372SBもしくはA291SB/F482Sあたり。二つの違いは値段と軽さ、あとスポーク穴の取り方。お金に余裕があるならA291SB/F482Sでいったほうが良さそうな感じ?
どちらにしても前20H後24Hのリム&ハブということになりますが、中華ではどうやらこれが一番一般的な仕様のようです。

スポークはこれらの部品が手元に到着してから現物の寸法を計測して発注する予定です。
CX-RAYにするかどうかはまだ悩み中。CX-RAYはエアロスポークですが、どうやらノバテックのハブ穴には問題なく通るみたいですね。けれどやっぱり強度的な不安がつきまとうなぁ。組み手がズブの素人だけに悩みどころです。

組み方は前ラジアル、後フリー側はクロス、反フリー側はラジアルという感じで中華人柱な方達はこの方法が多いみたい。
ニップルはラジアル部分アルミ、クロスでテンションの上がる部分をブラスの混成でいってみようかと思います。ホイールの外周部で重量の影響が出やすい箇所ですから、こだわるのもいいかもしれません。


さて、ここからは毎度の朝練固定ローラー日記です。
今日も4時50分起床でしたが、なんだか脚に疲れが出ているようだったので軽く回復走のみでした。昨日もそんなに強度は上げなかったはずなんですが、寒い時期ですし故障には注意です。
内容的にはガルパン7話を見ながら130~170Wくらいで24分間のみ。
この強度だとうっすら汗をかくだけで、全身ビショ濡れになったりしません。なんか物足りないけど回復走とはそんなもの。

お話のほうも一休みの回でした。後世には西住殿の入浴シーンの回として伝えられそうですが、僕的にはあざとすぎるサービスシーンはいらんのです。

で、練習時間が短かったぶんホイール導入についての考察がちょっと進んだというわけです。
ホイール完成までの道のりはまだまだ長そうですが、この時間も楽しみのうちということで。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。