上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限の宇宙の中で迷える子羊よ、お聞きなさい。世界は常に破壊と再生から成っているのです。
今日もまた数多の銀河が、そして分子が、その一生を終えてまた新たな命がはじまりの時を迎えています。
そしてまた私の体の中の小宇宙でもそれは繰り返され、その結果重大なる事態がここに発生しています。
その危機を脱するためには14万8千光年の(ry



いや、宇宙の生成の秘密なんかどうでもいいんですが、そんなことよりも筋肉痛で肩が回らないんです。
ハムストリングスもじわじわと痛いんです。

超回復というやつでして、筋トレによって破壊された筋肉細胞が今まさにモリモリと成長しているのですね。
なんんでまた筋トレなのかというと、まだ風邪の咳が続いているので心肺にくるようなトレーニング以外で何かすることはないかと思いまして。
それならとりあえず筋トレだろうと。普段は物置の隅っこに転がっている10kgダンベルを持ち出してきたのです。

で、ハムストリングスは皆さんご存知のフロントランジで鍛えたわけですが、なんでまたそれ以外に肩に痛みがきているのか。いや、正確には肩から背中にかけてなんですが。
ワンハンドローイングという方法で筋トレを実行した結果なんですが、これは主に背筋に対してのトレーニングとなります。
背筋を鍛えることによって上半身の力を効率的にペダルに伝えることが可能になり、カヴェンディッシュも真っ青のゴールスプリントを決めることが可能に!
・・・なんてことを考えたわけではありません。いや、まぁ、そうなったらいいなとは思いますが。

それよりもやはり背筋といえばケンシロウですよケンシロウ。
あの闘気をまとったもっこり背筋に憧れずして何に憧れるというのか。
ぶっとい腕とか分厚い胸とかもその構成要因ですが、背筋に鬼の面が浮かばずして何が世界最強のオスでありますか(それちょっと違う

あ、筋肉がつくと体重は増加してしまいますが、僕の場合そこまでストイックなわけじゃないのでOKです。
なにぶん削るべき脂肪のほうがまだまだ大量にありますし、筋肉量が増加すると基礎代謝が向上するので、そっちのほうに期待したいと思います。



昨日のトレーニング

ワンハンドローイング(10kgダンベル使用) 左右それぞれ10回×3セット
フロントランジ(自重) 左右それぞれ10回×3セット

自重フロントランジも予想外に筋肉に効きました。もっと楽々なイメージだったんですが、体を下に持っていった状態で腕を振ったりするとガッツリ効きます。


それにしてもこの咳、いつになったら完治するんだ(;´Д`)


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。