上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばい! 力が出ないッ!
このままでは、あ、脚が止まるぅッ!

その時、脳裏をよぎったのは去年の個人的俺チャレで挑んだ大台ケ原での悪夢でした。
距離28km、標高差1240mという冗談のような難コースで経験したハンガーノック。
まさかあの瞬間をこんな近場で味わうこととなるとは。



昨日、SAIに飽きた僕は軽い気持ちで十三峠へむかったのです。
堕落しきった生活態度を十三峠先生に鍛え直してもらおうと。

そしていつものようにタイムトライアル開始です。

1本目 20分55秒
最高心拍数175bpm
けっこう調子は良くて、まだまだベストタイムよりは遅いけれど先日よりも1分短縮です。
調子のいい時ほどゴール前の追い込みは辛いわけですが。
息も絶え絶えで頂上駐車場にへたりこんだ後、サクソバンクのジャージを着たローディとちょっと話して下山。
大竹七丁目到着後、ウィンドブレーカーを脱いですぐに二本目へ。

2本目 23分09秒
メディオ域で淡々と登坂。160bpmを割らないように気をつけて。
このペースだと頂上到着時も死にそうな感じにはなりません。
これは、もしかして三本目もいけちゃう!?という勘違い発動。
下山してまたすぐに折り返し、死の三本目へ。

3本目 24分24秒
これは辛い。
序盤のヘアピンカーブを曲がったあたりから脚の動きが変な感じに。
心肺能力的にはまだ大丈夫で、あいかわらず160bpm以上をキープできてるんですが明らかに脚がついてこない。
それまではシッティングでクリアできていた数箇所の急勾配がダンシングでないと登れません。
それでもなんとかかんとか進んでいたんですが、中間地点のヘアピンを過ぎたあたりで真剣に力が出なくなりました。
それまで気合の入っていた下っ腹周辺が空っぽになっちゃう感じ。
これは、まさか、ハンガーノックの前兆か?!
そういえば十三峠3本は大台ケ原1本相当の獲得標高になるはずです。
ここで負けては大台ケ原大先生へのリベンジなどあるはずもないので、力の抜けたフニャ脚でなんとか頂上まで。
よしッ! 脚つきなしで登りきった!
これで大台ケ原大先生も怖くないッ!(そんなわけありません

結局、いつものように葡萄坂方面へ向かう余力などあるはずもなく、昨日は十三峠三本のみで自宅へ逃げ帰りました。

昨日の走行記録
走行距離  41.39km
獲得標高  1215m
平均心拍数 143bpm
最高心拍数 175bpm

これ以上の本数をこなすなら、やはり補給のことを考慮せねばならんようです。
無補給かつドリンクボトルの中身も水道水のみという状況での4本目は非常に危険な匂いが漂っていました。
走行距離的にはポタリングなわけですが楽観は禁物です。
体力も精神力も尽き果てての十三峠下山は死に直結します。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。