上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのところ毎日更新しているわけですが、こうなってくると更新記録中断がなんか悔しくなってきますね。
昨年の今頃の時期からは考えられない事態なわけですが、せっかくですので可能なかぎり毎日更新でいこうと思います。

さて、昨日の夜なんですが会社帰りに予定どおりウエパでスポークレンチを購入してきました。
パークツールの3.2mm用で従来の2面保持のやつと、ガッチリ4面保持するやつの両方です。
2面保持のものは他メーカーの安物でもいいかと思ってたのですが、やはり現物を比較するとパークツールのものが
品質面で飛びぬけていました。価格差も安物とパークツールで1000円以内のものですし、ここはバシっと高品質なものを大人買いしてやったわけです。
いや、二つ買っても2300円程度でしたので大きな顔ができるわけじゃありませんが。

これであとは振れ取り台さえあれば・・・と思ったんですが、そうは問屋が卸さないってなものであります。

いや、これは実に大きな問題なのですがタイヤを買わないとですね、ホイールが完成しても走れないのであります。
当たり前ですが。

そしてそのタイヤを何にするかがまた大問題。
クリンチャーなら今までの経験と知識からミシュランPRO4かコンチネンタルGP4000あたりをチョイスしておけば間違いないってのはわかるのですが、チューブラーなんて何がいいのかぜんぜんわかりません。

そこで今日一日、仕事の隙をみつけてはコソコソとチューブラータイヤについて調査した結果、ある程度の候補がみつかりました。

というわけで購入候補のチューブラータイヤの発表です(候補かよ



その1 VELOFLEX Record Tubular
こいつは凄そう。とにかく高級で日本国内価格なら1本13,000円以上します。前後で3万円弱。
3万円ってホイールの値段じゃないんですか?
いわゆる決戦用タイヤの極みで、その軽さ、グリップ力、転がり抵抗の少なさ等、レビューを読んでいるだけで鼻血が出そうな感じです。
当然パンクには超弱い。海外通販でも1本8,000円は覚悟しないといけない。
色んな意味でブルジョワ向けタイヤ。
あと、ベロフレックスはチューブラータイヤに必須のセンター出しが簡単なんですって。
これって密かにポイント高いんじゃないですか? ズブの素人的に。

その2 Vittoria Corsa Evo CX
高級チューブラーの超定番。よく走りよくグリップする・・らしいです。いや、使ったことないですし。
無難にチューブラーの良さを味わうなら、こいつになるのでしょうか?
ベロフレックスよりはお安いけれど、それでもwiggleあたりで7,000円もします。
なんかバルブエクステンションの長さが中途半端らしく面倒くさそうなのがちょっと弱点。
でも定番という言葉にズブの素人は非常に弱いわけです。

その3 Continental Competition
かのGP4000のコンチネンタル製ですよ。これは転がりが凄いらしいです。
コロコロコロコロ超絶的に転がるタイヤで、その魅力にはまると麻薬的に抜け出せないとか。
そのぶんグリップはちょっと弱め?
トプローはダウンヒルを攻めたりしないので、グリップはまぁべつに普通ならいいです。
wiggleで6,000円台後半。やっぱり高級ですが、それでも他と比べるとちょっとマシ。
僕はGP4000に絶大な信頼を置いているので、それと同じメーカーというだけで惹かれます。


他にも安い品物が多々あったりするのですが、チューブラーの良さを味わうのならやはり高級品が良いようですし、せっかくなので思い切ってこのあたりから選ぼうと思います。
あと、パンクに備えて予備タイヤも購入しなきゃいけないのですが、これはこれで何にするか迷うんですよね。
TUFOのがコンパクトで携帯するのに良いらしいのですが、こっちはまだぜんぜん調べはじめたばっかりですし、どうしたもんだか。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。