上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

た・・・縦振れが取れねぇ・・・。

いろいろあったんですが、まだホイールは組み上がっておりません。
現時点で前ホイールの方がかろうじてできあがったか?というところ。
それでも最終、縦振れが1mmほど出ています。

トプローのホイール組みテクニックの問題なのか、カーボン中華リムの元々の精度の問題なのか。
もうどっちでもいいわッ! と、ちゃぶ台返し状態ですよ。
僕の心とニップルの黒メッキはもうズタボロです。そろそろ楽にしてください(;´Д`)



では、いきましょう。
ホイール組の前にまずは振れ取り台の自作からですね。

材料は近所のホームセンターコーナンで仕入れました。

001_20130205055301.jpg
60cmのアングル材 4本
45cmの平板材   4本
6Mのボルトナットワッシャセット 1袋
6M×75の全ネジボルト 2本

ぜんぶで2300円くらい。
工夫次第ではもっと材料を減らしてコストダウンできるかもしれません。

注意点はですね、水道管資材コーナーを探すこと。
建築金物コーナーにも似たような部材は置いてありますが、ごつくて重くて高価です。

組み立て方は・・・って解説するほど大層な代物ではありません。
要するにホイールを回転させリムの振れをチェックできればいいのです。
自転車を上下裏返して、前ブレーキで振れ取りをする人もいるくらいです。
さすがにそれは作業姿勢的に辛そうですが、構造的には簡単なものなのです。

002_20130205055301.jpg
これで完成状態。

逆側から見るとこう。
003_20130205055302.jpg


横振れは左右両側から全ネジボルトをリムへむけて締めていってチェックします。
縦振れは全ネジボルトをホイールの外縁でいっぱいに締めこみます。
右のボルトで横振れ、左のボルトで縦振れを同時にチェックすることも可能。
素晴らしい。

さあ、では早速ホイールを組んでいきますかッ!
・・・というところですが、きりがいいので一旦ここで終わります。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。