上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は4時起床でした。
早起きできたので朝練がんばりますッ・・・とか言っている場合ではありません。
昨日ですね、仕事から帰ると郵便局の不在配達票がががッ。

ついに来たか、というわけで再配達を依頼・・・なんてまどろっこしい!
昨夜のうちに郵便局まで行って引き取ってきましたよ。

けれど残念ながら夜は子供を寝かしつけなきゃいけないので作業できません。悶々としながら眠りにつき、辛抱たまらず起きたのが4時というわけです。

引き取ってきたのは先日からwiggleに注文していたこの品々。

0001_20130215092519.jpg
ようやくその姿を拝むことができました。愛しの Veloflex Criterium 様。
イタリア国旗のワンポイントが泣かせます。
昨夜は息子のフラフープと化していましたが、いよいよその真の姿を見せてもらいましょうか。

0002_20130215092520.jpg
麗しの Schwaibe Milano さんとバルブ延長コア君も。


で、さっそく中華カーボンホイールに組み付けました。

0007_20130215092920.jpg
装着にはかねてから準備していたチューブラーリムテープ、ミヤタTTP1を使用します。
リムセメントはタイヤを接着してから一晩寝かせる必要がありますが、こいつなら間髪入れずに走り出すことが可能なのです。


組み付け方法はググってくださいね。
他にいっぱい詳細を解説したサイトがありますので。


0004_20130215092518.jpg
評判どおりVeloflexの装着は素手でも楽々でした。クリンチャータイヤの交換に比べても全然楽チン。
センター出しについても全く問題なしで、普通に装着したらほぼセンターは出ています。


0003_20130215092520.jpg
試しに Schwaibe Milano のほうもリムテープは使用せずに仮装着してみました。
Veloflex Criteriumよりは固かったですが、それでも素手で楽々レベル。
これなら出先でパンクしても安心して交換できます。

さらに前後のブレーキパッドをカーボン用に交換し、リアホイールに新品のリアカセット”アルテグラCS6700 11-28T”をセットして準備OKです!

0005_20130215092518.jpg
レトロな飴色ラインタイヤですが、これが白黒赤のウノ子さんに意外と似合ってる?

0006_20130215092537.jpg
そして控えの切り札となった Schwaibe Milano さんはサドルの下へ。
元が折りたたんで梱包されているタイヤですので、このように折りたたむのも楽々です。
吊り下げにはトウ・ストラップを使用するのが玄人っぽいのですが、残念ながらトプロー家にはそんな物ありません。
ちょっとかっこ悪いですが、とりあえず100均のベルクロと荷造り用のビニール紐で吊り下げました。
これはあとで何かいい方法を考えます。


さあ! あとは夜が明けたら息子を保育園に送り届けてシェイクダウンだぜッ。
窓の外も白みはじめたことだし、ちょっと朝の空気を吸い込んでリフレッシュでもしようか。

ガラガラッと勢い良く窓を開けて・・・



そして雨でした。・゚・(ノД`)・゚・。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。