上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になって生活に余裕が出てくると、それにつれてニョキニョキと筍のように湧いて出てくるのが物欲です。
そもそもこれは去年のうちからひそかに思っていたことなのですが、わがチェントウノ子さんのポジションはまだまだ完全ではないなり!なのであります。

ポジションといえばステムの長さやら角度やらサドルの相性やら色々と要素はあるかと思いますが、明らかに今一番の問題はデフォルトでついていたドロップハンドルにありそうなのです。

030.jpg
ITMの101 ネーミング的にはチェントウノにジャストフィット(´;ω;`)

身長171cmのトプローは純日本人的な体型なので、リーチ&ドロップの大きいハンドルは持て余してしまいます。
ピナレロFP2のデフォルトハンドルも大きすぎたので、これは購入後一月くらいでディズナのJ-Fitに交換した結果、今ではジャストポジションになっています。

じゃあ今回も日本人向けに作られたJ-Fitに交換で一件落着かと言えば、そうは問屋がおろしません。なにぶんチェントウノに元から装着されているハンドルはカーボン製なので、これを今さらアルミのJ-Fitに交換というのでは暴れん坊の我が物欲がだまっていないのです。

そこで夜な夜なネットサーフィンをして頭を悩ませているのですが、果たしてどのハンドルバーを購入すればいいのか。。。
基本はショートリーチでかつ、見た目がかっこいいこと(これが重要)。

今のところ候補はこのへん。


3T ErgoNova Team

OnebyESU ジェイカーボン モンロー

FSA K-Wing Compact

FP2で実証済みの安心感でならジェイカーボンモンローなのですが、いかんせん物欲満足度がいまひとつ。
3T ErgoNovaなら物欲的には大満足の逸品ですが、Wiggle価格をもってしてもちょと高い。
その点、K-WingはCRCの特価品なら激安かつ物欲もある程度満足させられそうです。ピナレロのMostクランクのダメダメイメージのせいでFSAっていうと「もうちょっと」なのかなぁ?とか思ったりしてしまいますが、たぶん気のせいです。

じゃあ「さっさとK-Wingにすればいいんでね?」ということになるかというと、そう簡単に決断できないのがしがないサラリーマンの切なさです。
この悩んで楽しむ瞬間を大事にしたいとか、あーもう貧乏くさくて嫌になっちゃいますわ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。