上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさいX10様。私が悪うございました。
X10様の機能をよく調べもせずにボケ味が云々などと、この腹かっさばいてッ!!

いや、かっさばくのは痛いし死んじゃうので勘弁願いますが、ちょっと反省しております。
やっぱり説明書くらいは読もうよ自分。

子供の頃は説明書を読むのも苦にならなかったんですがねぇ。むしろ説明書を読むのが楽しかったくらい。ドラクエの説明書なんかスミからスミまで読みつくしてました。
それがなんでこうなった。

さて、Fujifilmの素敵カメラ様であるX10の説明書を読むとアドヴァンスドモードという機能があると書かれています。
そういえばモードダイヤルにもそんなマークがあったっけ。
で、このアドヴァンスドモードなんですが、360度パノラマ撮影ができたり、フィルムの銘柄を選んだりできるけっこうな目玉モードなんですが、今まで僕はその存在を無視しておりました。
だって360度パノラマとかフィルム銘柄とかには興味ありませんし。

しかしこのモードにはもう一つ、ボケ味選択モードという機能があったのです。

これはですね、同じシーンを2~3回連写して合成することにより一眼レフなみのボケ味を生成するモードなのです。
すげぇ。
そんな未来チックな機能があったのかよ。こんな機能があるんなら無駄にミラーレス機なんか購入しなくていいじゃないですか。
さすがはX10様。高級コンデジの雄ですわ。

実際にこの機能を使って撮影してみたんですが、確かによくボケています。3段階にボケを調整できるんですが、普通は最弱の設定でも十分きれいにボケてる。最強ならボケボケです。
ただこれはカメラ本体の液晶で確認しただけなので、PC画面で再確認したらまた違った印象になるかもしれません。
残念ながらそこまで確認する時間が今日はありませんでしたが期待値マックスであります。

ともあれミラーレス機の購入はいったんなしにして、それよりもやはり夜間走行用のヘッドライトとリアライトを購入せねば。
昨日あたりは小春日和もいいところで、いよいよサイクリングシーズン本番といった感じです。
こうなると夜間走行も気温的に苦にならないので、早急に明るいライトを準備せねばならんのです。

ミラーレス機の購入費用をライトに補填するならば、中華ライトなんてしみったれた事を言ってないで信頼性十分のキャットアイ製品なんかを手に入れることも十分に可能なはず。
ここはさっさと明るいライトを手に入れてロングライドに出かけましょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。