上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中は4月になりましてヒルクライムシーズン到来なわけなんですが、ここはトプローもいっぱつ富士ヒルにエントリーを!
・・・なんて連休もないしできるわけないので、ここはいっちょ関東ヒルクライマーの聖地ヤビツ峠で初ヤビってきたぜ!
・・・なんてできればいいのですが交通費も出ませんし自走する根性もないし連休もないナイナイ尽くしなので、いつものように十三峠先生にお世話になってきました。

繁忙期明けの初の休日ということで本当ならばロングに出たかったのですが、残念ながら天気予報は曇りのち雨。
雨が降るまでの時間限定なら十三峠しかありません。
せめて大正池か金剛ロープウェイとも考えたんですが、中華カーボンで雨中ダウンヒルとかそんな根性ありませんのです。

0002_20130402144035.jpg
今回の撮影は雨の心配があったのでぜんぶスマホで。ポンコツGPS内臓のアローズZです。GPS機能はポンコツですが防水なので雨でも安心です。GPS機能的にAKBの島崎さんみたいに化けてくれればいいのですが、そんな気配は金輪際ありません。


さて、3月は繁忙期でろくにトレーニングもできていませんし、ここは体のなまり具合を確かめる感じでタイムトライアルといきましょう。
目標は現実的なラインで20分切り。2月から現状維持で推移できていれば御の字です。

というわけで気合の乗りもほどほどに大竹七丁目を颯爽とスタート。ですがやっぱり体に切れがありません。
経法大前での心拍数は158bpmと、やっぱり心臓のフケもイマイチな感じ。絶好調ならば同じ地点で168bpmに達しているはずなんですが先が思いやられます。
しかしここは最近強化に努めているダンシングとハイケイデンスでのシッティングを交互に繰り出すヒット&アウェイ戦法でなんとかしのぐのです。

中間地点のヘアピン通過タイムは10分30秒とまずまずな感じ。ここで10分を切れればいいんですが、もうちょっと戦略的にダンシングを投入する区間を検討したほうがいいのかもしれません。

十三峠で一番辛い区間っていうのが個人的にありまして、中間地点のヘアピンをすぎてちょっと斜度が緩んだあとに登場にする短い2本のストレートの後半部分。
0003_20130402144034.jpg
ここね。桜満開ですがそんなの見てる余裕ないし。

後半のつづれ折りに突入する直前なんですが、ここが一番の難敵です。調子の悪い時はシッティングだとギアが足りなくなるし、ダンシングだと腰(というか腎臓?)が痛くなるしという魔の区間なんですが、今回はなんとか無難にクリアーできました。
ただし無難にクリアーしただけで決して早くはないのがミソ。
ここをダンシングで華麗に突破できれば相当調子いいので「記録更新だぜ~!」とか期待できるのですが。

そのわりに水呑み地蔵前ヘアピンの通過タイムが14分56秒と過去最速。

0001_20130402144033.jpg
水呑み地蔵はこの撮影場所の背後にある山道を奥に行くとあります。

どうなってんだこれ?とか思いつつも余力がほとんどないので記録更新はあまり期待できません。
期待はできませんが、でも可能性が全くないわけじゃないのでがんばります。

がんばってがんばって最後は半死半生のまま下ハンダンシングを放出!
満開の桜が見守る中、死にかけのカエルのような加速でゴールラインを今、駆け抜け・・・
湧上る歓声。轟く大地。世界は真っ白な光りに包まれ、そして
やったよ! 僕はやったんだ! カエルが王子に(ry



とか大ウソですので。
ほら、エイプリルフ(違

結果は19分38秒ということで自己ベストに10秒届きませんでした。
まあでもサボってたわりには上出来じゃないですか。とりあえず2月からは現状維持できていたようですし。

で、2本目は例によってダンシング縛り。
休むダンシングで休みまくって記録は25分18秒。
遅いけどちゃんと休んだのでOKです。

そして3本目。ダンシング縛りTT。
TTといっても休むダンシングに毛が生えたほどの強度で。
ラストは下ハンダンシングで17km/hまで加速。
17km/hって(;´Д`)
結果は23分16秒。ダンシング縛りでの記録更新です。
タイムとしては早くないですが、なんか上達してるようで嬉しいですね。この調子でダンシングをさらに強化しよう。

3本目を終えた頂上駐車場でポツリと雨がきたので撤収しました。

本日の走行記録
走行距離 41.16km
獲得標高 1172m



あ、それと前回の走行で予備チューブラータイヤ落としちゃった!
落としちゃった!とか書いてる場合じゃないんですが、どうすんだよおい。
サドルの下にしっかり括りつけてたつもりだったんですが、どうやら固定が甘かったようです。
やっぱりトゥークリップ用の革紐を使えということなのか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。