上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに金剛山ロープウェイコースに行ってきました。前回行ったのが去年の9月ですからほぼ半年ぶりです。
さいきん体も絞れてきていることですし、ここらでいっちょ軽く金剛山ロープウェイの平均くんをコテンパンにのしてやろう(死語)というわけです。

現状のベストタイムは39分47秒で、この記録を出したのは一昨年の10月のことです。
ちなみに平均くんの記録は37分台後半といったところ。
そしてコースプロフィールは以下のとおり。

標高差540m
距離10.2km
平均斜度5.3%
最大斜度10.0%

この峠スペックからホームコースである十三峠の自己記録と比較検討してみるに、もはや平均くんを倒せない理由などカケラほども見当たりません。

ちなみに十三峠のスペックがこれ
標高差375m
距離4.0km
平均斜度9.2%
最大斜度14.7%

緩斜面に強い(激坂に弱いともいう)トプロー的には金剛山ロープウェイの平均くんなぞもはやカモ。むしろ鴨ネギなのでありますね。
鴨ネギ相手に本気を出すのも可哀想ですから、ここはひとつハンデとして一眼レフと交換レンズ2本を背負って挑んであげることにしました。
なにも天気が最高によくて今年一番の撮影日和だったから我慢できなかったとかじゃないんだからネッ!

0000_20130406073527.jpg
というわけでルンルン気分で石川サイクルラインへ。さっそく咲き乱れるお花撮影なんか楽しんじゃって前に進みませんがOKOK。
前日の早朝ラン10kmの疲労回復の意味もあるのでLSDペースでいきましょう。

しかしなんたる撮影日和。

0001_20130406073527.jpg

事あるごとに立ち止まっちゃって、なにがLSDペースですか。これじゃママチャリペースですよ。

この先画像だらけなので記事を折りたたんできおきますね。


0003_20130406073526.jpg
スリムなローディがのんびり桜のトンネルをくぐっていきます。
ジャージがPISSEIですよPISSEI。ハートマークがお洒落ですな。

0002_20130406073528.jpg
何気ない坂道も桜化粧でステキに。

0006_20130406073548.jpg
いつものデイリーストアでお昼を購入し、板持トンネル上部の児童公園でいただく算段。
隣の木の下では近所のおばあちゃんもお昼寝中でした。

0008_20130406073550.jpg
お日様がお日様な一日。半袖ジャージでちょうどいい。

0004_20130406073526.jpg
桜吹雪の下でランチタイムとは、日本に生まれてよかったね。

0005_20130406073546.jpg
クマンバチ? こっちはのんびり食事中なので大人しくしておくれ。

0007_20130406073548.jpg
ではそろそろ行きますか。

結局、帰宅して撮影枚数を確認すると220枚とかになってたりしたんですが、そんな事より本日の目標は金剛山ロープウェイコースなのです。

森屋の交差点がスタートですから、そこからゴールまでは写真なしですよ。

0009_20130406073546.jpg
とか言いながらスタート地点の近くで謎キャラ発見。
萌え・・・じゃないか?

ではいよいよスタートです。
久しぶりに走るコースですが、だいたいのコースレイアウトは頭の中にインプット済みなので最初からある程度飛ばし気味に入ります。後半で徐々に斜度が上がるはずですので前半の緩斜面でタイムを稼ぐ作戦なのです。

スタート早々に心拍数は167bpmをマーク。ランの疲労が残っているとはいえ、なかなかいい調子かも。
序盤の下り区間ではアウタートップまで加速完了。ベロフレックスクリテリウムはグリップ感も最高で、ダウンヒル直後の左直角カーブを気持ちよく切り取ります。
中盤のだらだら坂区間は、前半の斜度緩めのところをアウター50×25Tで。伝家の宝刀インナーローは後半まで温存成功です。

今までなら中盤くらいで脚力が垂れてきたのですが、今回はどうやらけっこうパワーが持続している感じ。シッティングとダンシングを織り交ぜて疲労を溜めない作戦が功を奏してる?

中盤から後半に差し掛かるあたりで斜度がぐっと緩む区間がありますが、今までは惰性で進んでいたその区間でもしっかり加速していきます。下ハン握ってエアロフォームゴーゴー。
そうこうしているうちに早くも鱒釣り場を過ぎてコースは終盤に。斜度がぐっときつくなりますが、ここは休むダンシングで最後のスパートに備えます。

今までの経験から金剛山ロープウェイコースのスパートポイントは、自分が思ったよりも数百メートル先だという事がわかっているのです。
過去数度のTTでは早すぎるスパートのせいで最後は死に掛けましたが、今度の今度こそは騙されないぜ!
じっくり休むダンシングで息を整え、その時を見定めるのです。

・・・って、あれ?
あそこに見えるはゴール地点の東屋じゃないですか?

おいおいおい、そりゃないわ。

あわててスパートをかけるもすぐにゴール。
やっちゃいました。完全に余力を残してのゴールとなってしまいました。

結果は36分10秒ということで、無事に平均くんは倒せましたがちょっと残念な感じ。
金剛山ロープウェイのコースプロフィールからすれば36分切りは期待できると思ったのですが。

000911.jpg
久しぶりにこのベンチで休憩ですが、追い込み切れなかったのでベンチにぶっ倒れる爽快感は味わえず。

000912.jpg
先日なくした予備タイヤの後継はこれ。元々意中の人だったビットリアのストラーダちゃん。
会社帰りにウエパで仕入れてきました。物欲が危険なのでなるべくウエパには近寄らないようにしてるんですが、いざという時には頼りになります。

そして金剛山ロープウェイ乗り場までの激坂に挑戦。
000915.jpg
けっこうきつい坂ですが28Tなら征服可能でした。

000913.jpg
登りきったらロープウェイと記念撮影。

000914.jpg
すぐ横にあった小屋の窓ガラスで一人記念撮影も。寂しくなんかないもん(震え声
ではそろそろ帰るとしますか。

000916.jpg
誰もいない鱒釣り場が涼しそう。
でもこのすぐ下流には釣り客がわんさかいました。

000917.jpg
金剛山ロープウェイコースのダウンヒルは爽快無比。
写真撮影のために停止するのが辛すぎますが、この校庭がノスタルジックで良すぎるんです。

000918.jpg
無人駐車場システムもあります。さすがは霊峰金剛山。

000919.jpg
ようやく森屋交差点付近まで下りてきました。

ここからまた石川サイクルラインです。


000922.jpg



000923.jpg
これがウワサの裸ジャージですか。

000921.jpg
平日なのにローディがいっぱいでした。

000920.jpg
桜吹雪が気持ちいいよね。

000928.jpg

000927.jpg
何釣ってるの?

000925.jpg
白ジャージが眩しくて。


走行距離75.05km
獲得標高813m

あ~、気持ちよかった。
白昼夢かと思うほどのサイクリング日和な一日でした。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。