上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の葛城山に味をしめて、今回は八経ヶ岳を登ってきました。
八経ヶ岳は近畿最高峰。大峯奥駈道の一翼を担います。

0109.jpg
大峯奥駈道は修験道の大本山でありまして、ならば僕も修行するしかないかと、10kgのザックを背負ってアタックしてまいりました。
八経ヶ岳がどのへんかというと、このへん。

11111111.jpg
紀伊山地のど真ん中あたり。
なんだまた今回も紀伊山地ですか、とは自分でもちょっと思います。

でもさすがに今回は自転車では行きませんでした。車で大阪市内から3時間弱です。
ほぼズブの素人が近畿最高峰にアタックするので、あまりにも無茶なことはできないのです。山をなめてはいけません。

2222222.jpg
登山のスタート地点は酷道で有名なR309は行者環トンネルの西側。

2221.jpg
標高1094mのここからいざ、近畿最高峰へアタックします。

0100.jpg
スタートしてすぐに足場の悪い急斜面となります。
さすがは近畿最高峰。葛城やら金剛とは足場の悪さのレベルが違います。ここはさすがに登山靴かトレッキングシューズじゃないと厳しい。運動靴とか、トレランシューズでもベアフット系のじゃ死ねると思います。

0101.jpg

それにしても皆さん大きなザックを担いでいらっしゃいます。僕も40リットル10kgのザックを担いで行きましたが、ぜんぜん普通でした。60リットル20kg級のザックを担いで登っている方もチラホラと見かけましたが、ああいう変態さんはテント泊の方ですね。僕も見習いたいと思います。

0102.jpg

天気はおおむね曇りでしたが、たまに青空が見えました。
せっかくの近畿最高峰なのでスコーンと晴れてほしかったのですが、なかなか思い通りにはいきません。

111112.jpg
登山道の途中には役行者さんが鎮座しておられました。修験道の始祖であり、日本の登山の始祖でもあります。
その姿を拝見するに高下駄で登山してらっしゃったようで変態もいいところですが、そういえばこの方は山から山へ飛び移るような方ですから高下駄でもまったく問題なかったのでしょう。

ちなみに八経ヶ岳の北隣あたりに大峰山(山上ヶ岳)があるんですが、そっちが修験道の大本山です。

0103.jpg

行者環(ぎょうじゃかえり)トンネルから2時間半ほどで第一目標の弥山(みせん)に到着。荒涼とした景色がひろがります。
弥山は須弥山のことで役行者が弁天様とうんちゃらかんちゃら。その昔に宇宙皇子とかを読んだことがある人だと胸熱かもしれません。

弥山からは30分ほどで目的地の八経ヶ岳でした。

0107.jpg
1914.9メートルですってよ!
2000メートルまであとちょっと足らないですが残念とか言わない。

あいにくの曇天で、周囲にはうっすらとガスがかかっていました。

0106.jpg
山頂から南方面の景色。ここが近畿の最高峰なんですよ。
周囲の山々はすべてが僕の足の下です。
すべての人々も僕の足の下

11111.jpg
頂上からさらにジャンプしてみたけど、中途半端な写真になってしまって切ないです。

0108.jpg
北方面はこんな感じ。さっき登ってきた弥山がすぐそこです。

0105.jpg
今回同行してくれた、これまた僕に輪をかけて登山素人のH氏。
昨日、人生ではじめてトレッキングシューズを購入してきました。

0104.jpg
山頂でお湯をわかし、カップヌードルとコーヒーで疲れを癒します。
天候はもう一つですが、近畿最高峰で飲むコーヒーのうまいことよ。

10kgの荷物の内わけは撮影機材と炊事道具、食料、水、雨具あたり。これにテントとか一泊分の水食料を加えるとやっぱり20kgです。

0111_20130522045516.jpg
このあたりでキャンプするとなればここ。弥山のテント場です。
山のてっぺんでシチュエーションは最高。近いうちにぜひここでテントをはりたいのですが、20kgのザックをここまで担いで上がるのか(;´Д`)

0110.jpg
テント場にはこんなかわいい高山植物も。


帰りも行きと同じルートで行者環トンネルまで。
下まで降りてくるとまたもや足がガクガクでした。ロードバイク的にもたぶんいいトレーニング。
やっぱりもっと鍛えるしかないか。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

  1. Mya_013 | SFo5/nok

    「ヤマノススメ」かとおもいきや
    「山で変体紳士のススメ」だったなんて

    トレーニングという名の登山も楽しそうです

    ところで八経ヶ岳における、山ガールや、萌え烏天狗などの
    生息状況はいかがなものでしょうか、すぐさま調査をおn(ry

    ( 11:47 [Edit] )

  2. Re:Mya_013さん

    おおっ!そういえばヤマノススメの原作買ってこなきゃ(笑)

    平日にもかかわらず八経ヶ岳にも山ガールがいっぱいいましたよ。
    アラフォーとかアラ還とかの。
    圧巻だったのはソロでテント泊の大荷物を背負って登ってきた
    アラフィフ山ガールでしょうか。すごく細い人だったんですが、
    どこからあんなパワーが出てくるのか。

    ( 06:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。