上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はニューレンズであるSIGMA 18-50mmF2.8EX DC MACROの試し撮りライドに行ってきました。

20130625_10
f4.5 1/200 ISO200

焦点距離24mm/f4.5でこのボケなのか。やっぱりすごいな。買ってよかった。

今回flickrにアップロードしたファイルはすべて3888×2592ピクセルのオリジナルサイズです。
誰得?な巨大画像ですが、もし興味のある方がいらっしゃったら画像をクリックしてflickrの画面を表示させた後、右クリックでオリジナルサイズを選択すれば等倍画像を確認していただけます。
う~ん、写真ブログみたいだ。

さて、昨日の朝の時点では行き先に迷っていたわけですが、結局は六甲山に向かうこととなりました。
せっかくの初撮りなので三脚も持って行きたいし、ならば重量的にTTはできない。けれど、のんびり走ってもそれなりのトレーニングになりそうな場所、かつ、よさげな被写体がありそうな場所というと六甲しかなかったのです。

結果的にほぼトレーニングにはならんかったわけですが、きつかったのだけは確かです。
ルートはこんな感じ。


走行距離113.3km
獲得標高1101m
自宅からR2、武庫川CR経由で逆瀬川を登り、六甲を縦走して再度山から帰ってくるコース。

距離も獲得標高もそんなもんか、という感じですが、皆様もぜひお気をつけください。
この時季の給水作業を舐めていると死にます。
というか僕はほぼ死にました。逆瀬川コースで足つき休憩しちゃいましたし、帰宅してからも夜半すぎまでグッタリして病人のようでした。

で、まず一枚。

20130625_01
f2.8 1/4000 ISO200 焦点距離18mm

芦原橋駅の前で。
なんて事もない汚い風景なんですが、あえてそこを撮ってみようと。絞り開放でどんなもんかと。
ボケはそこそこ、でも合焦している部分のシャープネスは半端ない感じ。
いいんじゃないですか。


で、給水失敗の一番の理由ですが、ドリンクボトルを自宅に忘れました。この場所で気づいたんですが、取りに帰るのがめんどくさかったのです。
まあ真夏でもないし大丈夫かとそのまま走行をつづけ、武庫川CRを出たとこのセブンイレブンで喉が渇いたのでポカリ購入。その場で半分ほど飲んで逆瀬川へむかったのですが、そもそも喉が渇いたと感じる時点で給水作業は失敗しているようです。

給水作業の基本:喉が渇く前にこまめな給水を

そして追い討ちをかけるようにミスを重ねるアホ。
荷物は重かったのですが、逆瀬川も甲寿橋までの緩斜面区間ならTTできるだろうと区間タイムトライアル決行。
腹の中がポカリでタプタプなのに大アホです。

途中まではそれなりのペースで走れましたが、ゴルフ場を抜けるアップダウンあたりで悶絶状態に。区間タイムトライアルなので12分切りを目標にしたんですが、結果13分30秒ほどもかかってしまいました。この時点でほぼ死亡確定。
そこからの激坂区間はのんびり走って回復しようという目論見だったのですが、どうにもなりませんでした。

激坂区間に入ってからはインナーローでノロノロと登りますが、汗の出方が滝のようで異常です。

こいつはダメだ。

もはやTTとか無理無理な状態だったので足つきしてポカリ補給。けれど一軒茶屋まで補給ポイントはないわけですし、残りすべてを飲みきるわけにはいきません。
後から考えると脱水症状一歩手前なわけですが、2口ほどポカリを飲んでよろよろとヒルクライムをつづけます。

ですがやはり前に進まない。
仕方ないので、涼しげなポイントで撮影休憩へ。

20130625_05
f4.0 1/200 ISO200
ぬはぁ。どうよこの解像感。等倍まで拡大しても、それなりに見れちゃう凄まじさ。

もうちょっと寄って絞り開放してみる。

20130625_02
f2.8 1/500 ISO200

開放でもやっぱりシャープ。こいつがシグマってやつなのか。

それにしてもなかなか体調は回復しないし、せっかく重い三脚を背負ってきたので自分撮りしてみました。

20130625_03
10秒タイマーを押してからクリートはめてスタートなので、走行ラインとかはグチャグチャです。
下ハンはかっこつけです。カッコマンなのです。

20130625_04
でもこの角度じゃフォームがどうとかわかりません。
わかるのはクライマーの体型じゃないなということくらい(;´Д`)

20130625_06
f2.8 1/800 焦点距離50mm

開放だと被写界深度が・・・

で、ヨロヨロになりながらも一軒茶屋到着。ろくな写真が撮れていないので、そのまま六甲を縦走することに。
再度山から下りて三ノ宮に出れば、何かいい被写体もありそうじゃない?と思ったのでした。
六甲最高峰には到達しているわけだし、縦走とは言ってもあとは下りだけだろうからヨロヨロでも問題ないと。

ええ、問題大アリでしたが。

何が「下りだけだろう」ですか。
再度山ドライブウェイとか、思いっきりアップダウンあるんですが。

というわけでも再度山ドライブウェイでも休憩しまくり。

20130625_09
逆瀬川もきついけど、このルートも相当なもんですね。特に下のほうがきつい。

そういえばこのレンズ、エセマクロなんだった。
ちょいとマクロ撮影してみよう。

20130625_07
f3.2 1/600 焦点距離50mm

う~ん、十分じゃないですか。

20130625_08
f5.0 1/400 焦点距離50mm

寄って撮るとf5.0でも相当綺麗にボケる。
これ一本あればたいていのものは撮れちゃうなぁ。

20130625_11
再度山ルートはこのヘアピンを境に、山の中と市街地がくっきりと分かれます。
そんでこの下の市街地が一番の激坂区間とか。
さすが神戸。ちょっと街の作りがおかしいw

三ノ宮まで下ればいっぱい被写体があるだろうと思っていたのですが、もはやこの時点で体力的精神的に復活不能な状態でした。

20130625_12
言い訳程度に一枚だけ撮影して撤収!撤収!

三ノ宮の町外れのローソンでカレーヌードルとマーガリンあんサンド、アクエリアスを補給。R2をひたすら走って帰ったわけですが、西宮あたりで腹痛発生。泣きっ面に蜂です。
たぶん空きっ腹に冷たい飲み物を流し込んだからだと思うんですが、流し込まざるを得ない状態に追い込んだのもまた自分。反省するしかありません。

帰宅して即トイレに駆け込み、ぜんぶ放出して体重計に乗ったら64.0kgでした。
うは! 出たよ65kg切り! やべぇ、20年ぶりじゃないか!とか喜んでいる場合じゃありません。脱水症状もいいとこで、その後は息子を保育園に向かえに行くのもフラフラでした。

6月といえども給水にはくれぐれも注意というお話。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. すず虫  | TOmz3iPU

    自転車に乗った姿をセルフポートレートとは
    なかなか器用ですねぇ。
    て、カメラクラスタの皆さんは器用な人が多い。
    創意工夫とDIY精神に溢れてます。
    私もカメラ映えするモデルになれるように頑張りまっす。

    ( 22:16 [Edit] )

  2. Re:すず虫さん

    セルフポートレートは器用というか、手間がかかって困ります。
    ちょうどいい位置で取れるまで、実は何回も撮り直してるんです。
    リモートスイッチがあれば連射モードでずばばばばと、できるんですが・・・
    >カメラ映え
    細身のかっこいい体は無理なので、いっそのことムキムキマッチョを
    目指そうかと思ったりw

    ( 22:49 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。