上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のお話はこちら


奥の院前でQooも飲んだことですし、あとは高野山をぶらぶらして帰りましょう。銀ブラならぬ高ブラですな。
いやいやいやいや、銀のブラジャーとか高級ブラジャーではなく!

あー、そうだ。
ブラジャーと言えばツール走ってる選手の人でも、心拍計を装着してない人がけっこういるんですね。山岳コースでジャージの前をはだけてるの見ればわかります。
何がブラジャーと言えば、という話ですが。

2013070908
高野山の街から奥の院にかけてのこの道路はちょっと好きです。
たいてい誰もいなくて、森に囲まれた静寂な感じがいかにも聖域に向かってるような・・・。
奥の院前は参拝客でごった返してるんですが。



ではまず金剛峰寺へ行きましょう。
高野山と言えば金剛峰寺です。比叡山と言えば延暦寺みたいなもんですね。

2013070909
どうよこの門構え!
なんかすごい偉そうです。
さすがは真言宗の大本山なわけですが、いや、まあ、それでも京都の知恩院やら本願寺みたいなお寺と比べれば質素なもんか。

修験道の大峯山寺のボロさ おっと、もとい簡素さも、あれはあれで一種独特の魅力があったと思うのね。

ちなみに足元がクリートですし、チェーンロックも持参してきてないので中に入ってのお参りはスルーです。

しかし困ったな。高野山観光と言っても今回のネタはこれしかないんですが。
お昼ごはんは帰宅してから食べるつもりの貧相ツーリングだしどうしたもんだか。

2013070910
途方に暮れて街をぶらついていると、道端でやる気のない小坊主発見。
木魚で寝るとは不届き千万ですな。


2013070915
そして道端の苔を激写。
被写体のチョイスを激しく間違っています。

そんなことをしていると、あっというまに大門まで戻ってきました。
まあ、実際のところ金剛峰寺前で写真撮っただけですから(;´Д`)

2013070912
紫陽花ですよ紫陽花。そしてその奥に新緑と紅葉。なんかもう季節がよくわかりません。
これで紫陽花の上に雪が積もってれば完璧だった(何が


2013070906
大門を内側から外に抜けます。
そんじゃそろそろ帰りますわ。仁王さんも元気でね。


2013070914
大門前電光掲示板の温度表示は27.4度。たしか午後1時半くらいです。
下界はたぶん35度くらいだったので7~8度も低い。さすが高野山。

本当の避暑サイクリングなら高野龍神スカイラインがオススメです。
なにしろ27.4度スタートで、あとは気温が下がる一方ですから。
でもそんな時間ないんだわ。

あと、もし高野龍神スカイラインに挑むのならば、けっこうな長丁場なので水分とか補給食をきっちり段取りしておきましょう。

2013070913
サラバ高野山、また会う日まで。

次に会う時はTTで1時間切り・・・じゃなくて55分切りしてやるよッ。

平均くん、1時間切ってたのか。てっきり1時間くらいのもんだと思ってた(;´Д`)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。