上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~、どっか行きたい。
どっか行きたいよ~。

夏休みの子供じゃないんですが、どっか行きたいです。
具体的には涼しくて、ちょっと難度の高そうなお山に行きたい。

じゃあ暗峠(大阪側)でも登って絶望してきなさいよ、というんじゃなくてですね、山は山でも一座二座って数えるほうの山。大普賢岳とか、八経ヶ岳・弥山の双門の滝コースとか、鎖場とか、断崖絶壁とかそういうの。
体感的にも精神的にも涼しそうじゃないですか。

でも世間様の三連休はいつものように三連勤ですし、仕方ないので今朝もグダグダ十三峠朝練でした。

朝5時起床したのはいいものの眠気マックス。二度寝しようかという気配だったんですが、せっかく起きたんだし、まあ一本だけでもいいから登ってこようと。ラン&筋トレは昨日しちゃったし、朝からネットでだらだらというのも勿体無いし、二度寝こそ勿体無さすぎるし、じゃあ仕方ないからヒルクライムでもするかと。

なんという消極的選択。これでは先が思いやられます。

2013071501
こんな気分なのはたぶん、お空が今にも泣きそうだったから。
この悲しみの雲の盾をロンギヌスの大つくしで突き破って空の境界線

・・・とか、中途半端にポエトってんじゃないッ。

さあ気を取り直し、酷暑の中の貴重な曇天を楽しもうじゃないか。

と、以上のようにグダグダ気分もいいところで家を出たわけですが、十三峠の麓までやって来たら、なんか山頂付近の天気が怪しいんですが。

2013071502
やべぇ。この雨雲はロンギヌスの槍でも貫けねぇ・・・。

雨とか嫌だし、もう帰ろっか?(^ω^)

一瞬そう思ったんですが、せっかくドリーミングな二度寝を反故にしてやって来たのです。
ここは予定どおり、せめて一本は登りましょう。

一本だけですし今日も下ハンダンシング縛りで。
曇天ということで気温的にはTTむきだったんですが、どうにもこうにもWH-R500でTTなんかする気になれません。

それにしても今朝は眠すぎたのか、いざヒルクライムをはじめてみても調子がまったく上がりませんでした。
中間地点で12分台。後半も追い込めずに結局フィニッシュタイムは22分30秒でした。
ラストのスプリントで22km/nまで加速したんですが、いつもよりそこだけ早かったのは、要するに道中でまったく追い込めなかったからに他ありません。

2013071503
だいたいいつも、このへんからラストスパートするんですが、早い人はもっと前のポイントである府民の森ゲートあたりから加速しているように思います。

でも僕がそれを真似すると、ちょうどこの場所あたりでゴートゥーヘヴンですよ(;´Д`)
ここでペースダウンしちゃうと駐車場から見下ろしてる人達の手前、とても恥ずかしいので気をつけましょう。
まあ今日は誰一人として僕のゴールを見てた人はいませんでしたが。

そしてダウンヒルすると大竹七丁目付近でポツリと雨粒が。
さすがに本物の雨はまずいので、予定どおり今日は一本だけで帰宅しました。

しょぼしょぼの小雨だって、雨は雨なんだからねッ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。