上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の更新で書いたように、さっそくVittoriaの延長バルブを買いに行って来ました。

vittoria_removable_valves.jpg

これが目的の品です    Vittoria リムーバブルバルブ



ウエパ本店は定休日だったので、向かったのは梅田のほう、通称ウメパです。

品揃え的には本店も梅田も同じようだと思いますが、こういうスモールパーツはまあ、間違いなくどちらでも売っています。いざという時、こういうお店は頼りになりますね。

自宅を出発してJRに揺られること約20分。梅田にたどりついた僕は意気揚々とウメパに乗り込み、さっそく品物を探しました。
お店の一番奥のほうがタイヤコーナーで、そのすぐ横っちょに延長バルブが陳列されています。

お~、ここだここ。
シュワルベとかパナとかTUFOとか、いろいろ揃ってるじゃないですか。
このぶんだとVittoriaもすぐ見つかりそうなもんだし・・・って・・・あら? おかしいな? 天下のVittoria製品が見当たりませんよ?
タイヤコーナーにはほら、CORSA CX3とかCORSA EVO CX2も置いてるのに・・・って、CX3とか出てたのか。

仕方ないので店員さんに品物がないのか聞いてみました。

すると・・・


「CX3が出ちゃったので、CX2用の赤いバルブはもう置いてないんです
・・・だって!



なんだよそんなの聞いてないよっ。
CX2が製造中止とか、そんなの知らないよっ。
これだから情弱ってやつは・・・これだから、これだから・・・(´;ω;`)ブワッ



メーカー在庫があれば取り寄せも可能らしいですが、そこまでしてもらうもんでもありません。

ならばどうするのか?
こうなったら仕方ない。困った時のamazon様頼みです。
スマホを取り出して検索検索っと!

・・・ほら、あった。
通販ならまだまだ購入可能です。
皆さんも安心してCORSA EVO CX2を購入してくださいネ!(間違ってもそんな事しないでください

しかしCX2のリムーバブルバルブシステムが一代限りで終わってしまったということは、よっぽど評判が悪かったんですね。たしかに従来の延長コアが使用できないのは痛いですが、構造が単純になるぶんの重量的なアドバンテージとかはぜんぜん無かったんかいな?とか思います。


梅田までわざわざ電車賃払って出てきたのに収穫なしとは切ないですが仕方ありません。罰として梅田で食べる予定だったお昼ご飯は自宅で即席麺です。ああ、切ないなぁ。

時代の趨勢とともに工業製品なんてあっけなく製造中止になってしまうのです。
工業製品どころかこの梅田の街並みにしたって・・・。

0003
煌びやかなグランフロントからほんの数百メートル離れただけなのに、このうらぶれた路地。
コンクリ塀のむこうに見えるのは閉鎖された小学校です。


20130716001
大阪市立大阪北小学校ですって。
同じ敷地内に曽根崎幼稚園っていうのもあったらしいですが、両方とも児童数の激減によって2007年に閉鎖されたらしいです。


0002
その後、でももう5年以上も放置されているのか。立派な建物だけど、何か有効活用できんのかな。



というわけで中華カーボン&チューブラータイヤの復活はまたしばらく先になりました。
あ~あ、もうちょっとWH-R500のお世話になるしかないか。


・・・それにしてもCX3は新製品なのに1本7,000円程度だから意外と安かったな。
CX2を2本とリムーバブルバルブで結局11,000円以上の出費になったわけだし、こんな事なら最初からCX3を買っといたほうがよかったんじゃ・・・(´;ω;`)ブワッ



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。