上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のことなんですが、ようやくチューブラータイヤの張り替えが終わりました。
張り替えに取り掛かったのはいつだったっけ?と思って調べてみたら7月16日のブログ記事になってたりして、1ヵ月半放置とは我ながらなかなかやるもんです(何が

20130828
静かに出番を待つVittoria CORSA EVO CX2と中華カーボンホイール

でもここからまだ例のバランス取り作業が必要だったりしますし、実走はもうちょい先になりそうです。
ホイールデザインも変更しようかな?などと思っていますし。

あ、チューブラータイヤの張り替え作業ですが、前回コメントで教えていただいたように、タイヤレバーでうにうにとチューブラーテープを剥がすようにしたら楽にできました。やはり「力仕事はオレにまかせろウリャーッ!」で一気に剥がすのはいかんようです。

さて、ここ数日でめっきり涼しくなってきました。スポーツの秋もすぐそこといった雰囲気ですが、僕は風邪で死んでいます。季節の変わり目というやつですね。皆さんもお気をつけください。

そんなわけでここ一週間、峠にも登らずタイヤの張り替えなんぞをしていたわけですが、もちろんタイヤ張り替えだけで一週間が過ぎたわけでもありません。X10後継機種選定会議のつづきとか、FF14新生エオルゼアのつづきとか、激動の一週間だったわけです。日本って平和ですね。


つづきは下を開いてね



ではまず、X10後継機種選定会議のつづきから。


パナソニック LUMIX DMC-G5 vs オリンパス ペンE-P3


前回、ここまで機種を絞り込んだわけですが、最後にもう一度実機を見て決めるかということでお店に行ってきました。
実のところ、心の中ではスペック的な面でリードしているDMC-G5に決まりかけていました。なにしろファインダーがついてるし動画にも強い。デザインは我慢できるレベルだから、あとは操作性に難がなかったら決定だな、と。

ミラーレス機は小さい分ダイヤルやボタン類が省略されていて、APS-C一眼に対して操作性の劣ることがほとんどなのです。この劣化具合が納得できるレベルだったらいっちゃおうと、その最終確認でした。

しかして実機を触ってみると、やはり問題が!


DMC-G5.jpg
この背面ダイヤルがうまく回らない。
なんか重いというか、かと思うとカラ回り気味だったりとか、とにかく気持ち悪い感じ。
まさしくこれは100円ライターの点火ダイヤルレベル。

001_20130828142013d8a.png
イラっとしたので放火してみたというレベル


こいつはイカン。
店頭に展示されている品だけの問題ならいいのですが、気になってググってみたら、けっこうこの背面ダイヤルは評判が悪かったりします。

で、E-P3のほうも触ってみたんですが、既に二番手の気持ちになっていましたから、これはこれで行っちゃう気になれない。肝心のデザインがどうにもE-PM2のほうがシンプルでいい感じ。でもE-PM2には内蔵フラッシュがない。
そして新製品のE-P5がカッコイイ&高すぎる。
1世代新しいだけで10万オーバーとか出せるわけないやろー。そんなに出すならOM-Dでも買うわッ!

というわけで、ここまで来て再選定です。
初心に帰ってもう一度、考えましょう。

今回、何を求めているのか?
 コンデジでは無理だった一眼クオリティの画質。

では、それを実現するのに必要な物は何なのか?
 最低限のセンサー性能と、何を置いても第一なのは高性能なレンズ。

答えは出ました。
安価なマイクロフォーサーズのボディに、銘玉的なレンズが必要なのであります。

つまり・・・ワイが狙うのはコイツやッ!!

パナソニック LUMIX DMC-GF5
DMC-GF6が発売された今、底値で投売り状態のこいつを選ばずしてどうする。妙なダイヤルがないぶん、操作性は諦められる。いや、むしろ諦めて背面タッチパネルに全てを懸けろッ。

そしてレンズに選ぶのは

パナソニック LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
この神レンズを選ばずしてマイクロフォーサーズを手に取る理由なしッ。他にもマイクロフォーサーズには安価で小型軽量な銘玉が目白押しなんやで。

と、以上のような結果となりました。
あとは両者をヤフオクで落札するという作業が残っています。
でもレンズのせいでちょっと予算オーバー。あと一ヶ月、極貧生活をつづけて来月落札するか・・・。


それと、β4テストに参加していたFF14新生エオルゼアですが、ダウンロード版を購入して正式サービスに突入しております。
ちょうど正式サービス開始日が仕事休みで、しかも風邪で外出できないとなれば、これはもう買っちゃうしかないかなと(そんなことしてるからカメラ一つすら買われへんのやで


003_20130828142020969.png
正式サービスにはララフェル男子の幻術士で参加です。幻術士は白魔道士の見習いみたいなもんです。


で、丸一日ほど遊んだ感想ですが、こいつは相当面白いです。
MMORPGなのに、ちゃんとファイナルファンタジーになってるところがすごい。しかも雰囲気が初期のファイナルファンタジー。
一介の冒険者がクリスタルの導きによって、やがて世界を救う戦いに・・・みたいな、これぞFF的ストーリーと世界観。

002_201308281420173b7.png
国家のお偉いさん(しかも美女)がワタクシに使命を託すというのですカッ!?

初期のFFって飛空挺に乗るだけでも感動だったわけですが、今回は久々にその感動が甦りました。
うぉ~、世界は広いぜ! これからが冒険の本番だッ! みたいな。

でも、こんな生活を送っていたおかげで復活しかけていたヒルクライム能力はまたもやどん底に。
どうすんねん、またデブってきたで!






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。