上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みですが今日も雨なのでローラーです。
前回のローラー練から中一日ですが、筋肉疲労が少し残っている感じ。
おそらくまだ筋肉が回復中なので、今日は心肺機能のほうに負荷をかけていく方針で。


まずはウォームアップ。
前回と同じく150Wからのスタートでしたが、前回よりはかなりスムーズに脚が回り始めました。
約12分ほどで110rpm/280Wまで。グラフにすればほぼ一直線に出力が向上したところで1分のレスト。
12分で一区切りになるのは視聴している動画が「あの花」のつづきだからです。
レストをはさんで100~110rpm/270~280Wで10分持続。
この10分間の前半5分はきつかったけれど後半5分が意外なほど順調に回せました。
辛さがすぅっと消えていって動画に集中できる感じ。で、ふとワット数を確認するとあいかわらず280Wが表示されてる。
でも全身汗でぐしょぐしょ。油断すれば顔も涙でぐしょぐしょになりますが。
う~ん、やはり「あの花」は絶対にローラーには向かんな。

7話から8話への切り替わり時間を利用して3分ほどレスト。
後半も270~280Wでいきましょう。
けれど最近FTPの計測なんかまったくしてないので、この強度が果たして心肺に効いているのかどうか。
近々MAPテストでもしてみるか。
でもいややなぁ。MAPテストしんどいし。
ヒルクライムのしんどいのは許せるけどMAPテストのしんどいのは嫌。
そういうわがままが通るのは可愛いお姉ちゃんだけなんやで。

さて後半ですが、レストを挟むとどうも気合が乗りません。
270まで上げてすぐ220まで下げて、280まで上げてすぐ200まで下げてとか、後半開始から2分ほどウダウダを繰り返し、その後ようやくまた270~280Wで安定。でもこれが9分ほどしか持続できない。
気合が足りないのに間違いないのですが、いかんせん動画が「あの花」の8話ですから。気合というより涙腺が緩んで練習になりませんがな。
しかたないので残りは200~220Wくらいで流しながら鼻水をすすって終了。

そっから軽く筋トレしてシャワーあびて、一気に9話~最終話まで鑑賞して涙腺崩壊。
あ~、おもしろかった。

くれぐれも皆様にはローラーしながら「あの花」を見ないことをオススメします。泣けすぎて練習にならんので。



以下はカメラ写真ネタです。







さて、今日はミラーレス機 LUMIX DMC-GX1と現像ソフト LightRoom5について。
まずは作例をいくつか。


P1010152.jpg
トレッキングシューズで山道を行く。
ありがちな写真ですが、こいつをどうにかできないもんか。




そこで LightRoomさんにちょっとお願い!





P1010152.jpg

うは! なにこれFlickrのTOPページに出てきそう!

いやまあ、出てきませんが。
FlickrのTOPは「お金払わなくていいんですか?」と思うレベルですし。


さて、上のほうが現像前、下のほうが現像後です。
この作業が簡単にできてしまう LightRoom5ってどうなってんの。
あんまり現像作業が楽しいもんだから、雨の日はこれで一日中遊べちゃうレベル。





P1010252.jpg
朝焼けに染まる大台ケ原

これも元の絵はシャドー部分が真っ黒だったんです。手前の草むらのとことか。
それが現像作業で簡単にディテールを復活させられる。
LightRoom5の前に、もはやデジタル写真の死は過去のものとなったのか。




P1010252.jpg
こっちが修正なしでの画像。まっくろくろすけ。




P1010173.jpg
和佐又山から弥山、八経ヶ岳を望む

これも逆光で、元はもっと遠景に霞がかかったような絵なんですが。
コンデジなら白トビして見れたもんじゃない景色。




P1010232.jpg
ISO3200 f3.5/14秒露光

前にも出しましたが、テントの中から撮った星空です。
元画像はもっとノイジーですが、LightRoom5のノイズ除去能力をもってすればISO3200も恐るるに足らず。
DMC-GX1は決して高感度に強い機種じゃないはずなんですが。

じゃあ、あれですか?
もしかして最近発表されたDMC-GM1とかもっと高感度に強いカメラなら、ISO12800とかが常用感度になったりするんですか。
ISO12800で何撮るのよ?っていう話ですが。

しかしこれが全部キットレンズで撮れちゃった写真とは驚きです。
この上レンズを評価の高い LUMIX 20mm/f1.7とかに交換したらどうなってしまうのか。

EOS40Dを持ち出す頻度が激減しそうですわ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。