上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のお話はこちら


秋晴れの予感に、自走大普賢岳ヒルクライム&ピークハントを決行することにしたトプロー。
しかし単なるロングライドではなく、ピークハントには大量の荷物が必要となるのであった。

いつも以上の荷物を背負い旅立つ若輩者トプローであったが、果たしてその運命やいかに!?

P1010623.jpg



それでは「俺チャレ2013秋」いざ開幕である。

11月8日 午前3時10分、いよいよ出発だ。
目指す目的地は紀伊半島のど真ん中。修験道の聖地、大普賢岳の山頂である。

まずはいつものようにR25で奈良県へ突入し、R169を南下して行くのだ。
颯爽と自宅を飛び出したトプローは時速40kmで闇夜を切り裂いて・・・

行かなかった!




いやー、なんか調子悪いというと何というか。

それにしても眠い。
あまりにも眠いのでペダルをこぐ脚に力がどうにも入らない。
前夜のことであるが、どうも遠足の前日の子供状態で興奮しすぎたらしい。
出発早々前途多難である。



P1010552.jpg
ひぃはぁ言いながら真っ暗闇の奈良県にパイルーダーオン。
まだ1時間ほどしか走っていないのに、巡航速度は30km/hを割り込んでいる。
どうやらトプローの体は完全に昼行性らしい。



P1010555.jpg
見よ、香芝の街の煌く明かりを。
昼間のパパががんばって灯した、これがベッドタウンの底力やで。
摩天楼の夜景が100万ドルならば、香芝の夜景はプライスレス。
決してタダやとか言ってるわけやないんやで。



P1010556.jpg
5時10分、ファミリーマート大淀下渕店到着。
国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。
トンネルなんかなかったけどなー。

雪ではなく濃霧である。
急激な気温の低下のせいで霧が大発生したのか。
20m先が見えない。
見えないものは仕方がないので、ここでホットコーヒー休憩。
ファミマコーヒーは150円とお高いので、缶コーヒーで節約。ファミマはぜひともセブンイレブンのコーヒー価格を見習ってくださいやがれ。



P1010561.jpg
R169が吉野川に突き当たる、ここは土田の交差点。
早くも始発電車が動き出していた。
始発ってドラマティックやなぁ。これから一日が始まるんやで。



P1010562.jpg
吉野川沿いのR169をしばらく進むと近鉄六田車庫である。
これはトプローの微鉄成分がたまらんがな!!!
しばしの鉄っちゃんタイムを満喫しまくろう。


P1010565.jpg
トラロープと自転車。
だからどうやねん。




P1010570.jpg
5時45分、津風呂湖手前のサンクスに到着した。
煌びやかなクリスマスツリーが疲弊した僕を歓迎するかのようだ。
じんぐるべーるじんぐるべーる。
いや待て。いくらなんでも早すぎるわい!

ここがR169の奈良側最終補給基地である。
この先、熊野に抜けるまでコンビニの類は一切存在しない。



P1010568.jpg
本日のお昼ごはんと、道中の補給食を確保。
格安ながら高カロリーな、のり弁当は僕らの強い味方である。
しかしこいつを食べるのは大普賢岳の山頂と決めている。
「暖めますか?」の誘惑を、ここは断固として断るしかないのだ。
断腸の想いである。



P1010572.jpg
サンクスを出ると、ほのかに夜が明けてきた。
そして山のむこうに見えたのは濃霧であった。
大丈夫なんかこの天気。



P1010579.jpg
心配しても仕方がない。濃霧の中をいざ、ヒルクライムである。
春の俺チャレでこのコースはアウター縛りを達成している。
ならば今回も当然、男のアウター縛りで行ってやるわい。
眠いし寒いし脚も回らないけれど、インナーなんか使ってやるものか。
リアのスプロケは女の子ギアやけどなー。
まあ、なんと言うか、男の娘ギア?


濃霧のヒルクライムをつづけ、しかし大滝ダムを過ぎてしばらく進むと・・・




P1010582.jpg
ぬは! 霧が!



P1010588.jpg
晴れてきた!!



P1010594.jpg
夜明けだ!!!
しょぼくれた体に精気が流れ込む。
美しきかな。ああ美しきかな美しきかな。
これが日本の夜明けである。



P1010595.jpg
R169沿いの渓谷は大荒れであった。
ここに落ちたらパンパカパーンってやつやな。



P1010599.jpg
夜は明けたがまだ寒い。
気温は8度。ちょっとレイヤリングをミスったかもしれん。
ここで早くも即効元気とスニッカーズをチャージした。
物を食えば体が暖まる。
願わくばここに彩華ラーメンがあったら最高やったのに。
自然の景観ガン無視な意見である。



P1010602.jpg
それにしても青い空に紅葉が映えまくって素晴らしい。
このあたりは今が紅葉の最盛期やな。
どうやら天気予報のとおり、今日は天晴れな秋晴れのようだ。



P1010603.jpg
霞のむこうにR169のハイライト、ループ橋が見えた。
今日は脚が重くてなかなかあの橋が近づいてこない。
こんなんで難所の和佐又山林道を登りきれるんやろうか。



P1010604.jpg
ふぅ~、ようやくループ橋まで辿り着いたぞ。
とりあえずお約束の写真を一枚撮っておこう。



P1010607.jpg
ひぃこら言いながら、なんとか男の娘ギアーのアウター縛りを達成し、大台ケ原ドライブウェイとの分岐を通過。
しかしあいかわらず、この先のR169は通行止めなんか。全線開通するのはいつの事になるのやら。

さて、ここから新伯母峰トンネルを抜ければ、そこが和佐又山林道の入り口である。
そして和佐又山林道を終点まで登れば、いよいよ大普賢岳が待っているのだ。

いざ行くぞ、待っておれ大普賢岳!



今回はここまで。
以下は次回につづきます。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。