上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、信貴山に登ってきたのでレポートするぞ。
葡萄坂でもおなじみの信貴山は大阪と奈良にまたがる生駒山地の南端に位置し、標高437mを誇るのだ。
すぐ近所に1000m超の金剛山もあるわけだし、ぶっちゃけ信貴山は登山コースとしてたいした事はない。

では何故に信貴山なのか。
まあ、あれです。ちょっと風邪ひいちゃったので(;´Д`)

IMG_7048.jpg

というわけで今回は近所の低山で、しかも自走しないゆるふわ登山やでっ。
ヤマノススメ、つづきの放映はないんかなぁ。

 



それでは出発である。
今回はいきなり車で現地まで乗りつけた。
ゆるふわ登山なので無理はまったくせんのだ。

そもそも風邪で登山とは何事かという話でもあるが、風邪ウィルスは高温に弱い!
ならば体を動かすことによって高温状態を強制的に生成し(ry



IMG_6994.jpg

寅茶屋である。
行きがけの駄賃にここで食事をしていってやってもいいのであるが、そんな時間はないのでスルーだ。
ちなみに懐石コースが5,000円とか7,000円ほど。
やっぱり時間がないのでスルーする。お金の問題とちゃうんやでっ。



IMG_7003.jpg
石灯籠の並ぶ参道を進む。
なかなかよろしい光線状態ではありませんか。
これでこそ光画部の腕の見せどころ。
いつから光画部に入ったねん?とも思うが、幽霊部員なので問題はない。



IMG_7005.jpg
信貴山名物の大寅! の口ですな。
見事な歯であるが、これは歯磨きの神様として奉られておる。
ウソやけど。



IMG_7008.jpg
イチョウの小道を激写していたら上から葉っぱが落ちてきた。
何事やっ?!



IMG_7013.jpg
ぬおおっ! 黄葉が舞っておる!
これが神風というやつか。
そしてその傍らには、業務用送風機を持ったおっちゃんが。
落ち葉の掃除をしておられるのですな。ご苦労様です。



IMG_7015.jpg
えらそうに乗馬して横笛ですか。
何様のつもりやねん?と思ったら聖徳太子様でした。

信貴山は聖徳太子が毘沙門天に出会った聖域である。
毘沙門天の加護のもと、太子はトラトラトラの暗号を合図に、物部氏の隠れ家を奇襲し。

まあ、そういうわけで信貴山は開山されたわけである。
大部分ウソなので信用しないでください。



IMG_7018.jpg
しかし至る所に寅がおわしますな。



IMG_7019.jpg
寅だけと違うでっ!
鯉もおるんやでっ!


小ネタのくせにつづきます。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。