上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の信貴山行であらためて思ったのだが、日本には様々な神様がいるわけだ。
脳天大神とかわけのわからんのもあるが、八百万の神というやつである。

そこで仮に、清滝峠に峠の神様がいたとする。



kiyotaki.png
清滝峠の神様
愛称 キヨタキン
特技 頭のロウソクがあるから暗闇でもへっちゃら


さて、このキヨタキンであるが、間違いなくデレツンやよなッ!
※デレツン ツンデレの逆のこと
 




さて、キヨタキンの話である。

実は昨日、トプローは清滝峠TTに行ってきたのだ。
目標は当然、11分切りである。

思い起こせば今年の6月のこと。
清滝峠でタイムトライアルを敢行したトプローは、あわや10分30秒か?!という好記録をゴール直前のチェーン落ちで逃してしまったわけだ。

次こそは必ず11分切りを!
むしろ10分30秒切りを!!
・・・と思いながらもズルズル年末まで来てしまったわけだが、ここらでいい加減に目標を達成しておこうではないかと。
6月から比べれば筋力は相当アップしているはずだし、まあ余裕なんではないかと。
そんな甘ちゃん的な考えで、のこのこ清滝峠に出かけて行ったわけだ。

なにしろ清滝峠との相性はバツグンであるから、今回も目標達成は間違いなし。
TTをはじめた頃から清滝峠は鬼の十三峠と違ってトプローに非常に優しいのだ。

例えるならば、キヨタキンのデレデレ状態である。


ouen.png
デレるキヨタキン
行くたびに記録は向上し、とてもやる気が出る。

それが今回、あんな結果になろうとは。



天候はくもり。上空では強い西風が吹いている。
体調はまあまあ良い感じだが、寒波のせいで鼻水がじゅるじゅるしている。
けれどまあ、いつも鼻炎気味なとぷろーにとって、そんなに大きな問題ではない。

アウターで行くか、インナーで行くか少し迷ったが、結局インナーの回転重視で攻めることに。
平均斜度自体は緩めな清滝峠だが、バイパスをくぐる部分をアウターで行くのは厳しい。

えいやっとスタートし、快調に回転を上げていく。
一つ目の信号。ストップウォッチを見ると計測が止まっている。
くそっ! やってしもた!

やり直しで再スタート。
二回目もやはり回転重視。こんどこそストップウォッチが正しく動作していることを確認し、バイパスの下へ。
急坂はダンシングでこなし、あとは基本シッティング。
一つ目の信号は無事クリアし、二つ目の信号が赤。
スピードを緩め、停車することなく青になったタイミングで再度ケイデンスを上げていく。

中間地点のホテル前。
通過タイムは・・・6分05秒?!

おかしい。たしか6月には5分30秒ほどだったはず(帰宅後の確認で5分25秒。40秒遅れだった)。
前半、手を抜いたつもりはなかったが、東西南北から吹き付ける強風のせいか?
とにかくペースを上げろ。
このままでは終われんやろッ!

しかしこの遅れが結局最後まで響き、ゴールタイムは11分07秒。
最低限の目標と思われた11分切りの達成を逃してしまった。


DSC_0212.jpg
ゴールの先の歩道でへたりこむ。
防寒着を着込んだおばあちゃんが、「今日は寒いけど自転車乗ってたら暑いのぉ」と笑いながら通り過ぎていく。
返事をする余裕もなく、ひきつった笑顔でうなづいた。

口の中は血の味がするほど追い込んだ。なのにこの結果とは。
清滝峠とは相性がいいと思っていたが、舐めすぎたということか。

キヨタキンがツンになった瞬間である。



aho.png
キヨタキン こんな寒い日にTTとかアホちゃう?

うっさいわ、ほっとけ。


う~ん、反省点としては、やはりスタートダッシュが足りなかったんやろうなぁ。
6月のアタックは後先考えずに全力でスタートしたわけだが、今回はケイデンスがとか無駄なことを考えながらスタートしてしまった。
やはり10分そこそこのコースなわけだから、最初から最後までずっと全力で挑むのが一番なのかもしれん。
全力と言えば語弊になるかもしれんが、90%ではなく95%くらいの力で行くべきだろう。



そこそこの斜度で初心者も優しく受け入れてくれる清滝峠だが、どうやら一定以上の領域に踏み込むのは戦略が必要なようである。
デレツンキヨタキンめ、今度こそ攻略してやるわッ。



では次行くか。

反省の意味もこめて、暗峠(奈良側)へ向かうトプローであった。
ちなみに暗峠はツンツンである。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。